【ダイエット】「内蔵脂肪」を減らす方法

【ダイエット】
「内蔵脂肪」を減らす方法




「内蔵脂肪」を減らす方法をまとめています。



詳しくは、
下記をご参照ください。



「内蔵脂肪」とは


「内蔵脂肪」とは、
内蔵のまわりに付く脂肪で、
主に、
「腸」を支える「腸間膜」に蓄積されます。

摂取したエネルギーが余った場合、
一時的に、「内蔵脂肪」として蓄えられますが、
恒常的に摂取エネルギーが余ると、
「内臓脂肪」として、
内蔵周辺に増えていきます。


「内蔵脂肪」が過剰に蓄積された状態を
「内臓脂肪型肥満」といい、
ポッコリお腹が出る体型から
「リンゴ型肥満」と呼ばれる。


年齢が「40代」以降になると、
「内臓脂肪」の「燃焼力」「分解力」が急激に下がるため、
「内臓脂肪」が貯まりやすくなります。


Back

「内蔵脂肪」の減らすための「食生活」


「内蔵脂肪」が蓄積される原因は、
食事のエネルギー摂取量が多すぎることが原因です。
消費エネルギーより多くのエネルギ―を摂取してしまうと、
エネルギーがあまり、「内蔵脂肪」として蓄積されてしまいます。


「食生活」を見直し、
「内蔵脂肪」が蓄積されない「食事」をすることが大切です。


「内蔵脂肪」が蓄積されにくい「食事方法」もあります。
「内蔵脂肪」が蓄積されない「食事方法」には、
・良く「噛む(咀嚼)」
・「アルコール摂取」を控える
などの方法があります。



良く「噛む(咀嚼)」

良く「噛む(咀嚼)」ことで、
脳の「満腹中枢」が刺激され、
少量の食事でも「満足感」を得られることができます。
適度な「食事量」で満足できることで、
「内蔵脂肪」となる余剰エネルギーが減少させることができます。

食事をはじめて、 「満腹中枢」が刺激されるまでには、
「約15分」ほどかかると言われています。
食事をするときは、
最低でも「15分以上」かけて食べるようにするのが大切です。




「アルコール摂取」を控える

「アルコール摂取」を控えるのは、
「アルコール」自体が、なかなかの「高カロリー」でもあることと、
「アルコール摂取」をすると、
「アルコール分解」に身体の機能が優先され、
「脂肪」の分解がされにくくなる。
食欲を増進させる効果もあり、
適度な食事以上の摂取カロリーになりがちに。

「内蔵脂肪」を蓄積させない「食事」とは、
ほど遠くなってしまう。

「アルコール摂取」をする場合は、
一緒に食べる食事を「食物繊維」が豊富なものに変更したり、
「脂質」ではなく、「タンパク質」を増やすなどの対応が必要。


Back

「低カロリー」な食材でかさ増し「料理」


同じ食事の量でも、
使う食材で、
摂取カロリーがかなり異なります。

低カロリーな食材を利用して、
普通に食事をするだけで、
「内蔵脂肪」の蓄積が抑えられます。



「低カロリー」な食材は、

野菜

・レタスなどの葉野菜
・キャベツ
・小松菜
・もやし

・セロリ
・オクラ
・ブロッコリー
・モロヘイヤ

・大根
・ごぼう

・しいたけ
・えのき
・きくらげ
・しめじ
・なめこ
・まいたけ

ハーブ・スパイス

・唐辛子
・生姜

肉類

・脂肪を取り除いた肉類(赤身)
・鶏胸肉
・ささみ

魚介類

・あじ
・いわし
・さけ
・たら
・ホッケ
・マグロ赤身
・エビ
・イカ
・タコ

・わかめ
・乾燥ひじき
・乾燥わかめ
・焼きのり

卵・加工品

・豆腐
・納豆
・こんにゃく
・おからパウダー

乳製品

・ヨーグルト

フルーツ

・グレープフルーツ
・りんご
・オレンジ
・みかん
・スイカ
・パイナップル

飲み物

・水
・コーヒー
・炭酸水
・お茶類
・豆乳
などの食事があります。

比較的多いので、
あまり困らないと思います。

レシピでアレンジすれば、
「低カロリー料理」が楽しめるはず。


Back

食べ過ぎ注意な「高カロリー」食材


「内蔵脂肪」を減らすには、
摂取カロリーを少なくするのが効果的ですが、
「高カロリー」な食材を摂取していると、
どうしても「内蔵脂肪」は溜まりがちになります。


「高カロリー」な食材を把握していると、
食べるのを控えたり、
食べたら、後日調整したりと、
色々と対策ができます。


「高カロリー」は食材は、
・脂身の多い肉
・カルビ
・バラ肉
・サーロイン
・ヒレ

・米
・パン
・パスタ
・そば
・うどん
・ドーナツ

・ラード
・牛脂
・オリーブオイル
・えごま油
・サラダ油

・ショートニング

・ラー油

・カボチャ

・枝豆
・アボカド
・ナッツ
・ピスタチオ
・チアシード
・ココナッツオイル
・キヌア
・マカデミアナッツ
・落花生

・卵黄
・チーズ
・牛乳
・バター
・マヨネーズ
・ビーナッツバター

・ツナ缶
・サバ

・チョコレート
などの食材があります。


Back

「内蔵脂肪」を減らすための「有酸素運動」


「内蔵脂肪」を落とすための方法の一つに、
「有酸素運動」があります。

「有酸素運動」は、
「ウォーキング」「ジョギング」「水泳」などの
呼吸により酸素を取り入れながら、
継続する運動のことを意味しています。

「有酸素運動」は、
「糖質」「脂肪」を「エネルギー源」としており、
運動開始直後は、
「血液内に含まれる「脂肪」などのエネルギーが使用されるが、
「有酸素運動」開始後、「20分以上」経過した頃から、
「内蔵脂肪」も使用される傾向があります。


「内蔵脂肪」を減らすためには、
「有酸素運動」を開始してから「20分以降」からが、
「内蔵脂肪」のダイエット開始です。


Back

「内蔵脂肪」の蓄積予防としての「筋力トレーニング」


「筋力トレーニング」は、
「内蔵脂肪」を減らす方法でもあり、
「内蔵脂肪」の蓄積を予防する方法でもあります。


「内蔵脂肪」は、
余ったエネルギーが「内蔵」のまわりに脂肪として
付着したものです。

「筋力」を強く大きくすることで、
「基礎代謝」が高まり、
「消費エネルギー」も多くなります。

「筋肉」が付くことで、
「消費」するエネルギー量が上がることから、
余るエネルギーを少なくすることができます。


Back

「内蔵脂肪」を減らすサプリの「葛の花由来イソフラボン」とは


「内蔵脂肪」を減らす「サプリ」に良く表示されている
「葛の花由来イソフラボン」は、
「マメ科」の植物である「葛の花」から抽出できる成分。

体内で余ったエネルギーを「肝臓」で脂肪に変換されるのを「抑制」する効果を持っている。
加えて、
・「白色脂肪細胞」内での「脂肪分解」
・「褐色脂肪細胞」内での「脂肪消費」
などを促進する効果も持っている。





「葛」は、
「秋の七草」の一つでもあり、
日本にはなじみの深い植物の一つ。

「葛」の根は、
「葛根」と呼ばれ、
「漢方」にも使われる。

「桂皮」「甘草」「生姜」などを加えたものは、
「葛根湯」という「漢方薬」の一つ。
「風邪」「発熱」「頭痛」「肩こり」などの
幅広い症状に効果のある「万能薬」としても知られています。


Back

「内蔵脂肪」を減らすサプリに含まれる成分


「内蔵脂肪」を減らす「サプリ」に含まれる成分には、
色々な種類があり、
それぞれに、異なる良い効能がある。

「内蔵脂肪」の蓄積を予防してくれたり、
「内蔵脂肪」を燃焼させてくれたりと、
効果が期待できる成分が多く含まれている。



「内蔵脂肪」を減らすサプリに含まれる成分
成分説明
葛の花由来イソフラボン 「イソフラボン」は、 「葛」の花部分から抽出される成分で、

・脂肪の生成を抑える
・脂肪の分解を促進する
・脂肪の燃焼を促進する

などの効能がある優秀成分。
「体脂肪」全体に働きかけて、
「内蔵脂肪」を少なくしてくれる。
ブラックジンジャー 「ブラックジンジャー」は、
身体のエネルギー代謝を高めてくれる成分。
「ブラックジンジャー」の効能によって、日常のエネルギー消費量が増える。
ラクトフェリン 「ラクトフェリン」は、
「乳製品」などに多く含まれる
「多機能タンパク質」の一種。
「内臓脂肪」を減らすサポートをしてくれ、
「脂肪の生成」を抑制する作用がある。
「腸内環境」「免疫力」を高めてくれる健康全般に嬉しい効能がある。
L-カルニチン 「L-カルニチン」は、
「脂肪」から「エネルギー」を生成する「脂肪の代謝」に必須の栄養素。
効率よく「内蔵脂肪」を消費するのに必要で、
「筋肉」も付きやすくなるらしい。


Back

「中性脂肪」「皮下脂肪」「内蔵脂肪」の違い


「脂肪」には、
・中性脂肪
・皮下脂肪
・内蔵脂肪
などがあります。


「中性脂肪」は、
エネルギー源となる「ブドウ糖」が体内に不足した場合に、
補うための「予備燃料」となっています。
「ブドウ糖」は、
生命活動に必要なエネルギー源で、
体内に常に必要なものです。


「予備燃料」の「中性脂肪」が多くなってくると、
体内の余ったエネルギーは、
「皮下脂肪」「内蔵脂肪」へと蓄積されて行きます。


「皮下脂肪」は、
「皮膚」と「筋肉」の間に蓄えられる「脂肪」のことで、
下半身に集中して「脂肪」が付く傾向がある。
一度付いた「皮下脂肪」は、かなり落ちにくい。
見た目にも、脂肪が付いているのがわかりやすい。


「内蔵脂肪」は、
「内蔵」の周囲に付く「脂肪」で、
「腸」を支える「腸間膜」に、
主に蓄積されます。


「体脂肪」は、

・皮下脂肪
・内蔵脂肪

を合わせた総称。


Back