【身体】家庭でできる「イボ」治療

【身体】
化膿しやすい体質の改善方法




「イボ」ができやすい体質なので、
「治療法」「体質改善」方法などをまとめています。


大きくなってしまったら、
皮膚科を受診した方が良いですが、
家庭でも予防対策などはしておいた方が良い。

「イボ」は、
「肌の抵抗力」がしっかりしていれば、
取り除いてくれるらしいです。

「ウィルス性イボ」に効果的と言われている「ヨクイニン」も、
「漢方薬」の中では、「肌を能力を高めてくれる生薬」として有名な成分。

「血流」を良くし、「抵抗力」を高めておくことが、「イボ予防」に繋がるようです。



「イボ」とは


「イボ」は、
大きく分けて、

・「ウィルス性」の「イボ」
・「紫外線」「加齢」が原因の「イボ」
があるそうです。
「イボ」は、長い時間をかけて徐々に形成していくのが特徴。


「ウィルス性イボ」は、
主に、「傷口」などから「ウィルス」が侵入し、
皮膚感染を引き起こすことで発症すると言われています。
「ウィルス」感染が原因なので、
患部に触れたり、触れた手で他の場所を触ったりすると、
身体のいたるところが感染したり、
他の人に伝染したりすることがある。


「紫外線」「加齢」が原因の「イボ」は、
「ウィルス」ではなく、

・「紫外線」による「障害」
・加齢による皮膚の「老化」
・服などの摩擦による「刺激」

が原因で発生すると言われている。



「ウィルス性イボ」は、

・ヒト乳頭腫ウイルス(ヒトパピローマウイルスHPV)
・伝染性軟属腫ウイルス(水イボ)

が原因で、形状などから、

・尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい) = (ヒト乳頭腫ウイルス(ヒトパピローマウイルスHPV))
・青年性扁平疣贅(せいねんせいへんぺいゆうぜい) = (ヒト乳頭腫ウイルス(ヒトパピローマウイルスHPV))
・尖圭コンジローマ = (ヒト乳頭腫ウイルス(ヒトパピローマウイルスHPV))

・水イボ = (伝染性軟属腫ウイルス)

などに分類されます。


「ウィルス性イボ」の代表的な原因は、
「ヒト乳頭腫ウイルス(ヒトパピローマウイルスHPV)」という「ウィルス」に感染して
「イボ」が発生するそうです。

「ヒト乳頭腫ウイルス(ヒトパピローマウイルスHPV)」には、
たくさんの種類が存在していて、「種類」によって「場所」「症状」が異なるとのこと。


「伝染性軟属腫ウイルス」は、 一般的には「水イボ」と呼ばれる「イボ」の原因となっている。
「伝染性軟属腫(水イボ)」という正式名称がある。


イボの種類特徴場所ウィルス
尋常性疣贅
(じんじょうせいゆうぜい)
表面がザラザラとした「イボ」。
「~1cm」ぐらいの大きさで、盛り上がった形状。
色は、「肌色」「白色」「褐色」。
「手指」「爪」の周辺。
子供に発症しやすい。
ヒト乳頭腫ウイルス
(ヒトパピローマウイルスHPV)
ミルメシア 「水イボ」に似たドーム状の形状。
「手」「足の裏」など ヒト乳頭腫ウイルス
(ヒトパピローマウイルスHPV)
青年性扁平疣贅
(せいねんせいへんぺいゆうぜい)
「~5mm」ぐらいの大きさで、薄い褐色の平らな盛り上がり。
「顔」「手」「背中」「首」など ヒト乳頭腫ウイルス
(ヒトパピローマウイルスHPV)
尖圭コンジローマ 先端がとがっている「乳頭状」「鶏冠状」「カリフラワー状」。
「角化」はあまりしない。
「外陰部」「肛門」の周辺 ヒト乳頭腫ウイルス
(ヒトパピローマウイルスHPV)
水イボ 表面が滑らかで光沢があり、水で膨らんでいるような質感。
「~5mm」程の大きさ。
感触は柔らかい。
子供にできやすい 伝染性軟属腫ウイルス
    
    
    
「紫外線」「加齢」による「イボ」
イボの種類特徴場所原因
脂漏性角化症(老人性イボ) 盛り上がった表面が「ザラザラ」していて硬め。
「~3mm」程の大きさで、「褐色」「黒色」になることが多い。
「顔」「手」「腕」など、「紫外線」があたり易い場所にできやすい 「紫外線」が原因
軟性線維腫(スキンタッグ、首イボ、中年イボ) 「~3mm」程の大きさで、柔らかいと膨らみのある状態。
「褐色」か「肌の色と同系色」が多い。
「首回り」「まぶた」「脇の下」「鼠径部」など 「摩擦」「加齢」「紫外線」などが原因


Back

「ウイルス性イボ」の予防方法


「ウイルス性イボ」の予防方法は、

・皮膚の免疫力向上

をすることが重要。
「ウィルス性イボ」は、自然治癒をすることがあり、
皮膚の免疫力を向上させることによって、自己免疫による「ウイルス性イボ」の予防が可能。

「子供」「アトピー性皮膚炎」「慢性疲労や虚弱体質」「加齢」などの場合は、
免疫力が低下していることが多く、
「イボ」の「ウィルス」を排除することができなくなってしまいます。
そのため、「ウィルス性イボ」の発症率が高くなってしまいます。


Back

「ウイルス性イボ」には「ヨクイニン」


「ウィルス性イボ」には、
かなり前から「ヨクイニン」が「イボ」治療に効果があると言われてきました。
昔から良く利用されていて、
「漢方薬」の中でも「肌の機能を良くする生薬」として知られているそうです。
「イボ」の改善効果があり、現在でも、その有効性が注目されている。


一つ注意が必要で、
「ヨクイニン」「紅花」「サフラン」「紅麹」は、
流産の危険性があると言われています。
妊娠中は控えた方が良いでしょう。


Back

「紫外線」「加齢」による「イボ」の予防方法


「紫外線」「加齢」による「イボ」の予防方法は、

・日焼け対策
・ターンオーバーの活性化

が効果的。

「脂漏性角化症(老人性イボ)」は、「紫外線」を浴び続けることで、
「メラノサイト」が活性化することで、「シミ」の原因となる「メラニン」が生成されます。
「メラニン」が増えることによって、皮膚細胞の中に、「タンパク質」が異常増殖してしまい、
「角質」が熱くなることで、「脂漏性角化症(老人性イボ)」になると考えられています。


「脂漏性角化症(老人性イボ)」は、
「シミ」と一緒に存在することが多く、
「シミ」から発症することもあるそうです。
「シミ」の原因となる「メラニン色素」「紫外線」「摩擦」「加齢」などによって熱くなった角質を、 新しい細胞に入れ替わる期間「ターンオーバー」を活性化することで、
皮膚表面に押し上げられ、代謝させることが予防として良い流れになっている。

年齢を重ねると「脂漏性角化症(老人性イボ)」が発生するのは、
「新陳代謝」が加齢により低下することで、
「シミ」の原因となる「メラニン色素」「紫外線」「摩擦」「加齢」などが、
体内に留まってしまうのが原因。


「新陳代謝」を活性化し、細胞の入れ替え期間「ターンオーバー」を短くすることが、
「紫外線」「加齢」による「イボ」の効果的な予防方法となります。




Back

「紫外線」「加齢」による「イボ」予防には「血流改善」


「紫外線」「加齢」による「イボ」予防には、
「血流」を良くし、肌細胞を活発化させることが効果的と言われています。

「血液」の流れを良くしてくれる「食べ物」「漢方」は、
「紫外線」「加齢」による「イボ」予防に効果的です。


血流を良くしてくれる「漢方」には、

・紅花
・サフラン
・紅麹
などがあります。


一つ注意が必要で、
「ヨクイニン」「紅花」「サフラン」「紅麹」は、
流産の危険性があると言われています。
妊娠中は控えた方が良いでしょう。


Back

「ウイルス性イボ」の治療方法


「ウイルス性イボ」は、
「ヒト乳頭腫ウイルス」が、人体の皮膚や粘膜に感染してできる「良性腫瘍」。

様々な治療法があるようですが、
それぞれに「長所」「短所」があり、確実な方法は定まっていないそうです。

それぞれの「長所」「短所」を理解した上で、
状態にあった治療をするとのこと。

数ヶ月つづけて効果がみられないときは、
治療方法を変更して、最適な方法を見つけてくとのこと。

医療治療

治療方法説明
液体窒素凍結療法 「イボ」と言えば、「液体窒素」で焼くイメージがあります。
「液体窒素」を使って、「細胞」を凍らせることにより「破壊」する方法で、かなり痛みが伴います。
痛みは、1〜2日ぐらいで引きますが、根が深いと週に「1〜2回」の治療を続けることになります。

「液体窒素凍結療法」は、「根が深いイボ」だと痛みで、途中で治療をしたくなくなります。
子供には、辛い痛みだと思います。
幼いときは、何度か途中で逃げ出しましたが、最後まで続けないと、イボは再びひどくなります。
治療を受けるときは、最後までやり抜く覚悟が必要。
「電気凝固」「電気焼灼」 局所麻酔後に、「電気」による「熱」で、「イボ」を破壊する方法。
レーザー 「CO2」レーザーで、組織を蒸散する方法。



「塗り薬」による治療

治療方法説明
サリチル酸 「サリチル酸」は、角質を軟らかくする効果がある。
その後、柔らかくなった「イボ」を削りとる治療方法がある。
グルタラール(ステリハイド) 「グルタラール(ステリハイド)」は、組織蛋白を凝固させ、ウイルスを殺菌する事ができる。
「1日1~2回」ほど、「イボ」に直接塗る。
体質によって、「かぶれる」可能性もあり、茶色く変色することも。
モノ(トリ)クロロ酢酸 「モノ(トリ)クロロ酢酸」は、
「週1回」ほど「イボ」に塗る塗り薬。
「ウィルス」の「DNA」を直接破壊する効果があり、
強い「酸性」のため、「かぶれ」「痛み」が伴うこともある。
病院での塗布となるので、週1日の通院が必要。
SADBE 「SADBE」は、人工的に製造された「アレルギー」を発生させる物質。
「かぶれ」を引き起こし、「イボ」に対して「免疫」を引き起こさせる事で、
「イボ」を治療する方法。
病院での塗布となるので通院が必要。
フルオロウラシル軟膏 ブレオマイシン 「抗がん剤」の一つで、「イボ」対して効果があるらしい。
「傷」もでき、「痛み」も強いらしい。
ビタミンD3軟膏 本来は、「尋常性乾癬」の薬だそうですが、「イボ」にも効果があるとのこと。
「イボ」に塗って、密閉すると効果が出ることもあるらしい。



「飲み薬」による治療

治療方法説明
ヨクイニン 「ヨクイニン」は、家庭での「イボ」治療として、昔から知られている。
「ハトムギ」から作られる「漢方薬」で、数か月間の服用で、「ウィルス」に対する免疫力を高めると言われている。
シメチジン 「胃薬」の成分としても知られる「シメチジン」。
「イボ」の治療にも効果があるとされているとのことですが、かなり多めに服用する必要があるとのこと。
危険かもしれないので、病院でアドバイスをもらってから実行してください。
エトレチナート 「エトレチナート」は、「ビタミンA誘導体」で、「イボ」が膨らむのを抑える効果があるらしい。
「肝障害」「催奇形性」など、副作用が多いと言われているそうなので、
診断を受けてからの利用が無難そうです。
セファランチン 「セファランチン」は、「円形脱毛症」などの治療で使われるそうですが、「イボ」にも効果があるそうです。


Back