【身体】「肩こり」に役立つ知識

【身体】
「肩こり」に役立つ知識




「肩こり」に役立つ情報をまとめています。

「指圧器」は、
手の届かない部分にも届くので、
「肩こり」をほぐすのに最適です。
1度使ったら、手放せないアイテムに。


詳しくは、
下記をご参照下さい。





背中の部分で、
手の届かない所の「肩こり」「筋肉痛」には、
背中用の「ツボ押し」が一番。
「指圧器」という名称で検索しても、
色々と出てきました。


昔からあるフォルムの「ツボ押し」ですが、
気持ち良さは、
現在でも十分通用する刺激です。


「筋肉痛」「肩こり」が多い人がいる家庭には、
1家に1台の必需品になります。


Back

「肩こり」には「温湿布」


「肩こり」の理由にもよりますが、
「筋肉痛」的な「肩こり」には、
「温湿布」が効果的。

「湿布」には、
「温湿布」「冷湿布」がありますが、
「冷湿布」でも「温湿布」でも「消炎鎮痛」の基本効果は同じ。


「肩こり」の性質上、
温めた方が良いので、
使用感が暖かい「温湿布」がおすすめ。


「温湿布」が暖かく感じるのは、 「唐辛子」の成分でもある「カプサイシン」が含まれており、
「カプサイシン」によって、
「温湿布」を張った部位が温かく感じます。

「肩こり」は、
「筋肉」の結構不良から引き起こされる症状なので、
温めることが効果的であり、
血行を促進するのが良いと言われています。


「カプサイシン」は、 温かく感じさせると同時に、
「血行」を良くする効果もあります。


「消炎鎮痛」効果ではなく、
「カプサイシン」の効果的に、
「肩こり」には、「温湿布」が良いとされています。


Back

「肩こり」とは


「肩こり」は、
「首すじ」「首のつけ根」から「肩甲骨」のちょっと下あたりまでの範囲で、
「はり」「こわばり」「硬化」「重圧感」「痛み」などを感じ、
「頭痛」「めまい」「吐き気」「集中力低下」「目の疲れ」「倦怠感」「腕や手のしびれ」
などを起こしてしまうこともあるそうです。


「肩こり」の原因は、
「首すじ」「首のつけ根」から「肩甲骨」のちょっと下あたりまでの範囲における
「筋肉痛」「血行不良」
などが原因で発生すると言われています。


「肩こり」の原因である「筋肉痛」「血行不良」は、

・長時間同一姿勢
・運動不足
・高負荷
・精神的ストレス
・筋力の低下

などによって引き起こされます。
もともと、
「肩」と「首」の筋肉は、
比較的重たい「頭」を支えています。
常に、重たいものを支えている状況なので、
無理な姿勢をすると、「肩こり」の原因になってしまうのです。


他にも、

・重い荷物
・冷房
・筋肉の緊張
・姿勢の悪さ
・歯のかみ合わせ
・目の疲れ
・内蔵疾患
・血行不良
・筋力の減少

などでも「肩こり」の原因となるそうです。


「肩こり」部分の「適度な運動」と「血行促進」が、
「肩こり」の「予防」「治療」に効果的だそうです。


Back

「肩こり」の「予防」と「治療」


「肩こり」は、
なってから「治療」をするより、
「予防」をすることがが効果的です。


「肩こり」になると、
数日間は、「違和感」「痛み」「硬化」に悩まされます。


「肩こり」になる前に、
原因となる行動や環境を「予防」した方が効率的。


「肩こり」を「予防」する行動は、

・同じ姿勢を長く続けない
・血行を良くする
・適度な運動をする
・気持ちをリラックスさせる

などがあります。

具体的には、

・蒸しタオルなどで、患部を温める
・軽く肩を動かす
・ストレッチをする
・入浴をする

などの方法で、
身体をケアすることが勧められているそうです。



その他に、治療方法として、

・マッサージ療法(筋肉の血流を改善させ、筋緊張をやわらげる)
・温熱療法(蒸しタオル、入浴などで筋緊張をやわらげる)
・運動療法(筋力強化)
・安静
・薬物療法(シップ薬、筋弛緩薬、局所注射など)

などの治療方法がある。


あまりに、ひどい「肩こり」の場合は、
「整形外科医」を受診するのが良いようです。


Back

「肩こり」と「筋肉痛」の違い


「肩こり」と「筋肉痛」の違いは、
「症状」と「原因」です。
「首」「肩」「背中」部分の「筋肉痛」は、
「肩こり」の原因になります。

「肩こり」は、
「首」「肩」「背中」部分の「血行障害」「違和感」「痛み」です。
たまった「疲労物質」「痛み物質」が
上手に排出されないことで、
神経を刺激し、「コリ」「痛み」を感じると考えられている。


「首」「肩」「背中」部分の「筋肉痛」は、
「肩こり」とも言えます。


「肩こり」の原因は、多様なので、
原因の一つですが、
「首」「肩」「背中」部分の「筋肉痛」は、
しっかりとした「肩こり」になっています。


Back