【身体】化膿しやすい体質の改善方法

【身体】
化膿しやすい体質の改善方法




身体のどこかで、良く「化膿」するので、 「化膿」についてまとめています。


「化膿」すると、 「抗生物質」「塗り薬」で、治療しますが、 痛みがかなり凄くなります。

何度も経験して、
日々の予防をするのが一番と気づいて、
「化膿」しやすい生活を改善し始めています。


調べてみて、
「化膿」する体質は、 「血糖値」が高いことが原因のように感じました。
「血糖値」が高いと身体に良くないことばかりなので、 「食事」「血糖値」を意識すると、 心なしか、「化膿」しにくくなり、 「化膿」しても治りが良くなった気がします。



化膿しやすい体質の原因


「化膿」というのは、
「細菌」による急性の感染症で、 長期間継続し、慢性的に続くようになると「慢性膿皮症」と呼ばれるようになるとのこと。

細菌感染で炎症がおこると、皮膚に「膿(うみ)」がたまり、
「膿(うみ)」がたまった状態を「化膿」という。



化膿しやすい体質の原因は、

・副鼻腔炎(蓄膿症)
・喫煙
・虫歯
・肥満
・糖質の過剰摂取
・不衛生

などが原因になっていることが多いらしい。
「細菌感染」が、「化膿」の根本の原因とのことですが、
炎症を起こし「化膿」が酷くなる傾向が、 上記に当てはまる人に多いとのこと。


Back

化膿を治す方法


「細菌感染」をして、炎症によって「化膿」してしまった場合、
「化膿」を治す方法は、

・抗生物質
・抗炎症鎮痛剤(ロキソニンなど)
・塗り薬
・漢方薬(体質改善)

などの方法があるそうです。


「化膿」状態になってしまった場合には、 「抗生物質」と外傷を「塗り薬」で治療する方法とのこと。
補助的に「漢方薬」を使用するスタイルが一般的な治療らしい。
個人で対応できないレベルの「化膿」になる前に、 病院を受診しないと、かなり酷いことになるそう。
「化膿」については、我慢する前に病院を受診するのが良いそうです。


「化膿」しやすい人は、
常日頃、生活しながら体質改善をすることが大切だそうです。
「漢方薬」などで、「処方箋」がなくても、 「ドラッグストア」などで入手することができるらしいので、
いつも「化膿」する人は、 「漢方薬」で体質改善をすることを考えた方が良さそう。


Back

「血糖値」を急激に上げない食べ方


「血糖値」は、食事でコントロールするのが大切で、 「食べ方」にも、「血糖値」を急激に上げない方法があるそうです。


「血糖値」を急激に上げない「食べ方」は、
「糖」の吸収を緩やかにする「食物繊維」が多く含まれる「食べ物」から摂取すると良いそうです。
「食物繊維」には、「糖」の吸収を緩やかにする働きがあるそうなので、 食事をするときには、「食物繊維」が豊富な食材から食べるのが良いとのこと。


「食物繊維」が多く含まれる食材は、
・野菜
・キノコ
・海藻類
などがあるそうです。
食事の最初に、意識して摂取すると、 「血糖値」のコントロールに役立つそうです。


Back

「血糖値」が上がりにくい食べ物


「血糖値」が上がりにくい食べ物には、
下記のような「食材」があります。
食事の最初に摂取すると、 「血糖値」の急激な上昇を抑えることができるそうです。


水溶性の食物繊維

水に溶けるとゼリー状になる「水溶性食物繊維」は、
「糖質」を包み込み、ゆっくりと「胃」「小腸」に移動し、 「糖質」の消化・吸収を緩やかにし、「血糖値」の急激な上昇を抑制する。

・海藻
・こんにゃく
・緑黄色野菜
・納豆
・大麦
・果物
・ネバネバした野菜


良質な油

「青背魚の油」「えごま油」などの「オメガ3系」や、 「オリーブ」や「アボカド」などの「オメガ9系」なども、 「糖質」の吸収を緩やかにしてくれる。


お酢

「良質な油」同様に、 「糖質」の吸収を緩やかにしてくれる。


「たんぱく質」・「脂質」

「たんぱく質」「脂質」は、消化に時間がかかるため、 「胃」での滞在時間が長く、「糖質」をゆっくり消化・吸収させる効果があり、 「血糖値」の急上昇を予防してくれる。
「炭水化物」だけでなく、「タンパク質」の「卵」一つを加えるだけで、 「血糖値」は上がりにくくなる。


ドライフルーツ

「ドライフルーツ」に含まれる「ペクチン」は、 「血糖値」を上げにくい水溶性の「食物繊維」の一つ。


Back

化膿しやすい体質の改善に良い「漢方薬」


「化膿」しやすい体質の改善に良い漢方薬には、
・十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)
などがあるそうです。



十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)

「十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)」は、 「処方箋」が不要で、ドラックストアなどで購入ができる「漢方薬」の一つで、 「皮膚炎」を起こしやすい人によく使われる漢方薬だそうです。

「十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)」の効能は、
・化膿
・おでき
・ニキビ
・湿疹
・じんましん
・水虫
などの改善に効果的を言われているそうです。

「十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)」には、 特に「副作用」はないそうですが、
・妊婦の方
・胃腸が弱い方
・他の漢方薬・薬に副作用がある方
・虚弱体質の方
・他の治療をしている方
などは、体調が悪化する可能性などがあるそうです。


Back

「血糖値」が高いと傷が治りにくい理由


「血糖値」が高いと傷が治りにくくなる理由は、
「血糖値」の高い状態が続くと、 傷を治すのに適さない環境「血流障害」「抵抗力の低下」が生まれ安くなるので、
「血流障害」「抵抗力の低下」によって、傷の治りが悪くなります。
「血糖値」は、傷が治りにくい環境を作る一つの要因。


「血糖値」とは、
血液に含まれる「ブドウ糖」の濃度。
血液中の「ブドウ糖」の濃度が上昇すると、 血液がどろどろになり流れにくくなる「血流障害」を引き起こします。


「血液」は、
身体の中で「酸素」や「栄養」を運ぶ役割をしているので、 「血流障害」が生じると、「酸素」「栄養」の供給が疎外され、 「抵抗力の低下」につながります。


「血糖値」が高い人と、「肥満」の人の、 傷が治りにくいというのは、
「血糖値」上昇による「血流障害」によって、 「酸素」「栄養」が不足することで、 「抵抗力の低下」が引き起こされることが原因。


「化膿」しやすい人や、「化膿」が治りにくい人も、
同様に「血糖値」が高い状態なのが原因という可能性もあります。



加えて、
「血液」の成分の一つ「白血球」が、「糖尿病」「血糖値が高い状態」の影響で、
機能が低下することがあるのも原因と考えられている。
「白血球」は、体内に侵入してきた「菌」などを攻撃する成分・機能を持っています。
「白血球」の機能が低下することは、 傷が治りにくく、「化膿」が悪化しやすくなることを意味します。


「化膿」は炎症作用であり、身体の正常な免疫反応の一つで、 問題のない症状ですが、 身体機能が低下し、「化膿」が悪化したり、傷の治りが遅かったりするのは、 身体的に問題が発生していることになります。

逆に、傷の治りが早い人は、 「血糖値」のコントロールができている人らしいです。
「化膿」しやすく、治りにくい人は、 普段の生活から「血糖値」を気にすると良いそうです。


ですが、
「血糖値」を低くすれば良いとも限らないそうです。
「血糖値」が不足すると、
・眠くなる
・イライラする
・精神的に不安定になる
・脳が「糖分」を摂取する命令を出す
と言った症状が出てくるので、
「糖分」は、適量を摂取することが、 人間の身体には必要となっています。


Back

傷を治すのに必要な「栄養成分」


身体が傷を治すには、
材料として色々な「栄養成分」が使われる。
身体内にある栄養素で補うため、 不足しても「傷」「化膿」などが治りにくくなる。


タンパク質

皮膚を作成するのに必要な成分で、
「肉」「卵」「魚」「大豆」などに多く含まれる。


鉄分

傷の修復に必要な「酸素」を運搬するのに必要な「鉄分」。
「カツオ」「マグロ」「レバー」などに多く含まれる。


ビタミンA

傷の粘膜を生成・強化する成分「ビタミンA」。
「にんじん」「かぼちゃ」「ほうれん草」などの「緑黄色野菜」に多く含まれる。


水分

傷口は乾燥してしまうと、治りが遅れたり、 傷口が悪化することもあるそうなので、 「水分」はこまめに補給してあげるのが良いらしい。


Back

「肥満」は「化膿」がしやすい体質になりやすい


「肥満」が「化膿」しやすい体質になりやすいのは、
「肥満」によって、「血糖値」が高くなる「糖尿病」を引き起こし、 「血糖値」「血圧」を下げる成分「アディポネクチン」の分泌量が減少する。
「血糖値」が上がることで、「血液」がドロドロとなり、 「酸素」「栄養」が運びづらくなるため、血圧を高くする成分「アンジオテンシノーゲン」が過剰分泌される。
「酸素」「栄養」が体内細胞で不足し、 「抵抗力が低下」することになり、 「怪我」「病気」になりやすくなる。


「化膿」しやすくなるのも、
些細な「細菌感染」でも、抵抗力が低下しているので、
「細菌」を退治できず、長期化・重症化してしまうから。


「肥満」は、「化膿」を悪化させる環境を構築している傾向があることがわかっているらしい。


他にも、「肥満」により、
・動脈硬化
・心筋梗塞
・脳梗塞
・糖尿病
・高血圧
など、
あらゆる病気を引き起こす可能性があるそうです。
暴飲暴食・血糖値に気を付けた方が良さそうです。


「血糖値」が急激に上昇すると、 「脂肪」をため込みやすくなるそうです。
「血糖値」が上がると、 「膵臓」から「インスリン」という「血糖値」を下げるホルモンが分泌されますが、 この「インスリン」には、血中の糖分を「脂肪」に変えて、 身体に貯め込む働きがあるそうです。
これが肥満の原因でもあります。
「血糖値」対策が、
・肥満対策
・糖尿病対策
・成人病予防対策
・化膿体質改善
につながるのがわかります。


Back

「菌」の栄養素は「糖」


「菌」の栄養素は、「糖」なので、 「糖質」が多い身体では、「菌」が繁殖しやすいと言われている。

ですが、人間の「脳」も「糖」を栄養素としているので、 「糖」が不足すると、脳機能も低下してしまう。
人にとって必要な最低限必要な量の「糖」を摂取することは必須です。


余剰の「糖」は、すべて「菌」の栄養となるわけではなく、
余分な「糖」は、保管の為、「脂肪」へと変換もされます。

「脂肪」と変換されても、「菌」の栄養素となっても、 「化膿」に影響しやすい「糖」の摂取量は、気に止めておく必要がありそうです。


Back