Design
Movie【動画関連】
SNS(Social Network Service)
「Instagram」へ「動画」を投稿をする方法「YouTube」へ「動画」を投稿をする方法「YouTube」で使える「ショートカットキー」【YouTube】「後で見る」リストから動画削除する方法
動画再生
「動画再生」の豆知識
動画撮影
【動画撮影】野外撮影時の「日差し」「熱」からカメラを守る方法【動画撮影】フリッカー対策
動画カメラ
【ドローン】ドローンの基礎知識【ドローン】DJI MINI 2【アクションカメラ】GoPro【ジンバルカメラ】FIMI PALM【ジンバルカメラ】DJI OSMO Pocket2
撮影機材
GoPro
「GoPro MAX」で撮影した「360度映像」の編集方法
動画編集
【動画編集】動画編集の基礎知識【動画編集】動画編集に必要な設定値【動画編集】動画を綺麗に出力する方法【動画編集】「4K動画編集」の豆知識「マイク」の豆知識
動画編集ソフト
【Adobe】Premiere Pro
「レンダリング」ができない時の豆知識複数画像の再生時間を一括変更する方法映像の「隙間(リップル)」を「削除」する方法手振を補正するエフェクト「ワープスタビライザー」部分的に「モザイク」をかける方法画像の明るさや彩度を整える画質補正エフェクト「Lumetri カラー」GoPro用の編集エフェクト「GoPro FX Reframe」単一背景色を透明にするエフェクト「クロマキー合成(Ultra key)」レンズの歪みを補正するエフェクト「レンズゆがみ補正(ディストーション)」画像の不要物を消せるエフェクト「トランスフォーム(ディストーション)」ワイプ(小窓)を作るエフェクト「トラックマット(キーイング)」動画の再生速度をコントロールする方法動画音声の「声」を変換する方法動画音声の「ノイズ」を除去する方法動画音声を「クリア」にする方法映像の「周辺光量」を調整する方法
【Adobe】Audition
音声の「ノイズ」を除去する方法
【Adobe】After Affects
砂のように消えるエフェクト「Trapcode Particular」の使い方






「マイク」の豆知識

「マイク」の豆知識




「マイク」の豆知識についてまとめています。





詳しくは、
下記をご参照ください。



「マイク」の音声をリアルタイムで出力する方法


「マイク」を「PC」に接続した時には、
すぐに「スピーカー」などに「声」が出力されない。

リアルタイムで、
マイクの音声を出力するには、
設定を変更する必要がある。


「オーディオプレーヤー」などを接続して、
その音声をリアルタイムで「PCスピーカー」に流す時の設定方法と同じです。



「Windows10」での「マイク」音声をリアルタイムで出力する設定

・「Windows」メニューを開く

・「設定」を選択

・「システム」を選択

・「サウンド」を選択

・一番下の辺りにある「サウンド コントロール パネル」を開く

・「録音」タブを選択

・使用したい「マイク」を選択し、「プロパティ」を開く(右クリックメニューにもある)

・「聴く」タブを選択し、「このデバイスを聴く」にチェックを入れる

・「OK」を選択して「プロパティ」画面を閉じる

・「サウンド コントロール パネル」画面を閉じる

・完了


Back

「ピンマイク」を使うには「アダプタ」が必要な時もある


「ピンマイク」の「オーディオ端子」には、
「3.5mm ミニプラグ」が採用されています。

その「3.5mm ミニプラグ」が、
・TRS 端子
・TRRS 端子
かによって、
接続機器で使えるか別れます。



「ピンマイク」が「TRRS端子」で、 「接続機器」が「TRS端子」用だった場合には、
「ピンマイク」が使用できない。
逆のケースもある。



Amazon商品ページ

Amazon商品ページ
「3.5mm ミニプラグ」の種類が異なることで、
「マイク」が使用できない場合は、
「変換アダプター」を使用することで解決する。

「TRRS-TRS変換アダプター」
「TRS-TRRS変換アダプター」
などと検索すると、
簡単に出てきます。


他のマイクでも、
同じことが言えます。
「3.5mm ミニプラグ」の種類が異なる場合は、
「変換アダプター」が必要です。
「3.5mm ミニプラグ」の「オーディオ端子」には、

・TS(モノラル)
・TRS(ステレオ)
・TRRS(ステレオ4極 / スマホなど)

という「世界基準」があります。
「TS」は、
プラグの区分説明
tip「先端」の意味で、「+(Left)」信号を伝達。
sleeve「袖(スリーブ)」の意味。「ground(電気の帰り道)」の役割。
の頭文字を取った略称。


「TRS」は、
プラグの区分説明
tip「先端」の意味で、「Left(+)」信号を伝達。
Ring「真ん中」の部位、「Right(-)」信号を伝達。
sleeve「袖(スリーブ)」の意味。1番根本の部分。「ground(電気の帰り道)」の役割。
の頭文字を取った略称。
「ステレオ」「バランス」の信号形式でデータを送れる。
「バランス」は、「ノイズ」に強い。


「TRRS」は、
プラグの区分説明
tip「先端」の意味で、「Left(+)」信号を伝達。
Ring「先端から次」の部位、「Right(+)」信号を伝達。
Ring「袖(スリーブ)」の意味。1番根本の部分。「ground(電気の帰り道)(-)」の役割。
sleeve「mic(マイク(-)」のデータを送受信する部位。
の頭文字を取った略称。


Back

「マイク」とは


「マイク」は、
略称であり、
正式名は、「マイクロフォン(Microphone)」といい、
「音」を電気信号に変換する音響機器。



「音」は、
「空気振動」として、
「マイク」の「センサー(ダイヤフラム等)」部分にあたり、
「センサー」が「振動」を電気信号に変換する。
「マイク」は、
「音響機器」であり、
「トランスデューサー」の一種。



「マイク」の種類

「マイク」の種類は、

・使用目的
・形状
・仕組み
・使用方法

によって種類が分かれています。


「マイク」の種類説明
ダイナミックマイク カラオケなどで使用されている一般的なマイク。
コンデンサーマイク 高音質の収録に優れていて、
歌手の人などに良く利用されている。
ピンマイク 喋り声を中心に収録するための小さなマイク。





「アドレス」方法による「マイク」の分類

「マイク」を使用するときの「アドレス」方法による違いによっても、
「マイク」を分類することができる。

「アドレス」方法の違いによる「マイク」の分類
アドレス方法説明
使用方法による分類
サイドアドレス マイクの使い方による分類方法の一つ。
直に立った状態で音を受けるタイプを「サイドアドレス」といい、
多くは「箱型」で、「ダイヤフラム(センサー)」が、
筐体内で「垂直」に立った状態で位置している。

「ダイヤフラム(センサー)」が、
「マイク」の正面を向いているため、
正面から声を発すると、
綺麗に録音される。
エンドアドレス マイクの使い方による分類方法の一つ。
マイクの端部分に、「ダイヤフラム(センサー)」があり、
マイク円筒の延長線上からの声を良く集音できるタイプのマイクが、
「エンドアドレス」というタイプの「マイク」。

形状から、「ペンシルマイク」と呼ばれる事もある。


時に、「円筒形」でありながら「サイドアドレスタイプ」もあるので、
「形」だけで、「マイク」の種類を判断はできない。
「ダイヤフラム(センサー)」のタイプによって、
マイクの種類が決まっています。



「ダイヤフラム(センサー)」の種類

「マイク」の「ダイヤフラム(センサー)」は、
「大きさ」によっても、

・周波数特性
・過渡特性
・高域での指向特性

などが異なる。


「ダイヤフラム(センサー)」の種類
種類説明
ムービング・コイル型 「ムービング・コイル型」は、
「ダイナミックマイク(動電型マイク)」の一種。
「永久磁石」と「可動コイル」を組み合わせた「ダイヤフラム(センサー)」。
リボン型 「リボン型」は、
「ムービング・コイル型」と並ぶ、
ダイナミックマイクの一種。
「永久磁石」と「可動金属リボン」を利用した「ダイヤフラム(センサー)」。
コンデンサ型 コンデンサの原理を応用した「ダイヤフラム(センサー)」。
カーボンマイク 「炭素粉」の「接触抵抗」の変化を利用したマイク。
圧電マイク 「圧電効果」を利用したマイク。
レーザーマイク 「レーザー光」により、空気の振動を捕らえるマイク。


Back

「オーディオプラグ」の種類


「オーディオプラグ」は、
音響機器をつなぐ「コネクター」で、
いくつかの種類がある。


「マイク」の接続には、

・XLR
・USB Type-B
・3.5mm ミニフォン
・6.3mm (1/4インチ)(標準フォン)

などが良く利用されている。


「マイク」を接続する先には、
色々な種類のプラグがあるので、
プラグの種類は覚えておいた方が良い。

色々な音響機器を接続する
「オーディオインターフェイス」には、
ほとんどのプラグの接続先が用意されている。



「オーディオ信号」の伝送方式は、
・アナログ
・デジタル
の2種類がある。


「オーディオプラグ」は、
・「一般用(民生用)」
・「業務用」
に分類される。

業務用は、
・ノイズに強い
のが特徴。
「ノイズ」に強いため、
「業務用」として使用されている。



民生用オーディオプラグ

種類説明
USB Type-B 「USB Type-B」は、
音響機器の接続に良く利用されている接続コード。
フォン
6.3mm (1/4インチ)(標準フォン) 「フォン」の標準。
大きめなので、一般的には「3.5mm ミニ」の方が良く使用されている。
「音響機器」などの接続には、「6.3mm (1/4インチ)」が使用されていることもある。
本格的な「音響機器」の接続プラグ。


「フォン」は、
1つのコネクターで「ステレオ音声」を伝送する「アンバランス伝送」を採用している。

「6.3mm (1/4インチ)(標準)」の別名
・標準フォン
・ステレオフォン
・TRSフォン
・3Pフォン
4.4mmフォン たまに使用されているサイズ。
3.5mm ミニ よく利用されている「オーディオプラグ」の一つ。
「スマートフォン」などに「イヤホン」「ヘッドフォン」を接続するときなどにも使用されている。

「3.5mm ミニ」の別名
・3.5mmTRS
・ステレオミニ
・ミニステレオ
・ミニ
・ミニステ
2.5mmフォン たまに使用されているサイズ。
RCAピン 「RCAピン」は、

・ビデオデッキ ・DVDプレイヤー ・BDプレイヤー ・TVゲーム機 ・アンプ ・CDデッキ ・レコードプレイヤー
などにの接続に使用される接続ケーブル。
3本で一つのケーブルとして扱われることが多く、

・「黄色」が「映像信号(コンポジット映像信号)」。
・「赤・白」が「音声信号(ステレオ音声信号」)」。

という信号に分かれています。
最近は、デジタル信号「HDMI」ケーブルが使用され、
見かけることが少なくなっている。


「RCAピン」の別名 ・RCA
・ピン
・同軸
・コンポジット
・RCAコンポジット
・同軸ピン
HDMI 「RCAピン」に変わって、
使用されるようになってきた「HDMI」ケーブル。
「映像」「音声」などを1本のケーブルで接続が可能。
「デジタル伝送」で「画質」「サウンド」もクリア。
「フルHD」などの高解像度に対応しているため、画像が綺麗。
「音」は、マルチチャンネルのサラウンド対応。



業務用オーディオプラグ

種類
TRSフォン 「TRSフォン」は、
モノラル伝送用で、
ステレオ伝送にするには2本のケーブルを使用する。
一般的に使用されている「標準フォンプラグ」と形は似ているが、
まったく別もの。
「TRSフォン」は、「モノラル」の「バランス伝送」を採用している。
ロック機構がないので、抜けやすいのがデメリット。
「業務用」と「一般用」の中間に位置している感じ。
XLR 「XLR」は、 オーディオ関連の「業務用オーディオ伝送コネクター」。
プロ仕様の音響器具の接続に良く使用されている。
ロック機構があり、
「マイク」「楽器」「オーディオインターフェイス」などの接続に使用されている。
モノラル伝送用で、
ステレオ伝送にするには2本のケーブルを使用する。


「XLR」の別名 ・XLR
・キャノン
・ノイトリック
・11-12
D-sub 25 「D-sub 25」は、
「XLR」に似ている
「25個」のピンが付いているプラグ。
「8チャンネル分」の「バランス伝送」を扱える。
バンタム 「バンタム」は、
主に「レコーディング・スタジオ」の「パッチベイ」で使用されているプラグ。


Back

「3.5mm ミニプラグ」の種類


「3.5mm ミニプラグ」の「オーディオ端子」には、

・TS(モノラル)
・TRS(ステレオ)
・TRRS(ステレオ4極 / スマホなど)

という「世界基準」があります。
「TS」は、
プラグの区分説明
tip「先端」の意味で、「+(Left)」信号を伝達。
sleeve「袖(スリーブ)」の意味。「ground(電気の帰り道)」の役割。
の頭文字を取った略称。


「TRS」は、
プラグの区分説明
tip「先端」の意味で、「Left(+)」信号を伝達。
Ring「真ん中」の部位、「Right(-)」信号を伝達。
sleeve「袖(スリーブ)」の意味。1番根本の部分。「ground(電気の帰り道)」の役割。
の頭文字を取った略称。
「ステレオ」「バランス」の信号形式でデータを送れる。
「バランス」は、「ノイズ」に強い。


「TRRS」は、
プラグの区分説明
tip「先端」の意味で、「Left(+)」信号を伝達。
Ring「先端から次」の部位、「Right(+)」信号を伝達。
Ring「袖(スリーブ)」の意味。1番根本の部分。「ground(電気の帰り道)(-)」の役割。
sleeve「mic(マイク(-)」のデータを送受信する部位。
の頭文字を取った略称。


Back