Design
Movie【動画関連】
SNS(Social Network Service)
「Instagram」へ「動画」を投稿をする方法「YouTube」へ「動画」を投稿をする方法「YouTube」で使える「ショートカットキー」【YouTube】「後で見る」リストから動画削除する方法
動画再生
「動画再生」の豆知識
動画撮影
【動画撮影】野外撮影時の「日差し」「熱」からカメラを守る方法【動画撮影】フリッカー対策
動画カメラ
【ドローン】ドローンの基礎知識【ドローン】DJI MINI 2【アクションカメラ】GoPro【ジンバルカメラ】FIMI PALM【ジンバルカメラ】DJI OSMO Pocket2
撮影機材
GoPro
「GoPro MAX」で撮影した「360度映像」の編集方法
動画編集
【動画編集】動画編集の基礎知識【動画編集】動画編集に必要な設定値【動画編集】動画を綺麗に出力する方法【動画編集】「4K動画編集」の豆知識「マイク」の豆知識
動画編集ソフト
【Adobe】Premiere Pro
「レンダリング」ができない時の豆知識複数画像の再生時間を一括変更する方法映像の「隙間(リップル)」を「削除」する方法手振を補正するエフェクト「ワープスタビライザー」部分的に「モザイク」をかける方法画像の明るさや彩度を整える画質補正エフェクト「Lumetri カラー」GoPro用の編集エフェクト「GoPro FX Reframe」単一背景色を透明にするエフェクト「クロマキー合成(Ultra key)」レンズの歪みを補正するエフェクト「レンズゆがみ補正(ディストーション)」画像の不要物を消せるエフェクト「トランスフォーム(ディストーション)」ワイプ(小窓)を作るエフェクト「トラックマット(キーイング)」動画の再生速度をコントロールする方法動画音声の「声」を変換する方法動画音声の「ノイズ」を除去する方法動画音声を「クリア」にする方法映像の「周辺光量」を調整する方法
【Adobe】Audition
音声の「ノイズ」を除去する方法
【Adobe】After Affects
砂のように消えるエフェクト「Trapcode Particular」の使い方






【Premiere Pro】映像の「周辺光量」を調整する方法

【Premiere Pro】
映像の「周辺光量」を調整する方法




「Adobe」の動画編集ソフト「Premiere Pro」を使用して、
映像の「周辺光量」を調整する方法をまとめています。





詳しくは、
下記をご参照ください。



「周辺光量」とは


「周辺光量」とは、
「写真」「映像」の角部分の「光」の量のことで、
基本的に、
レンズの特性上、
「写真」「映像」の角の部分は、
暗く映りがちです。

「周辺光量」の調整は、
「写真」「映像」の編集では、
かなりの頻度で行う必要がある調整の一つ。


「写真」「映像」の4隅を調整するだけで、
「写真」「映像」の印象は、
かなり変化します。


Back

「Lumetriカラー」エフェクトを使って「周辺光量」を調整する方法


「写真」「映像」の
「周辺光量」を調整できる方法の一つには、
「カラー補正」で定番のエフェクト
「Lumetriカラー」を使用して、
「周辺光量」を調整することができます。


「Lumetriカラー」の「ビネット」で、
「周辺光量」を調整することができます。

「ビネット」の設定項目には、
項目説明
適用量「明るさ」「暗さ」を指定する項目。
拡張適用範囲の拡大縮小を指定する項目。
角丸の割合角の丸みを調整する項目
ぼかし境界線の「ぼかし」具合を設定する項目
などがあり、
簡単に設定することができる。


「Lumetriカラー」の「ビネット」は、
「Lumetriカラー」のメニューの中で、1番下にある。


Back

「シェイプ」の「マスク」機能を使って「周辺光量」を調整する方法


「Adobe」の動画編集ソフト「Premiere Pro」では、
「シェイプ」の「マスク」機能を使って「周辺光量」を調整することもできる。

「画面」を全て隠す「長方形」シェイプを作成し、
「エフェクトコントロール」画面で、
「長方形」シェイプに、「楕円形マスク」を適用します。

「角」を明るくする場合は、「長方形」シェイプを「白」にし、
「角」を暗くする場合は、「長方形」シェイプを「黒」にします。


「周辺光量」の量や範囲を調整するには、
「マスク」の設定項目にある
設定説明
マスクの境界線のぼかし 境界線のぼかし具合を設定します。
ぼかしが強いほど、滑らかな変化になります。
マスクの不透明度 透明度をつけることで、
角の明度を調整します。
10%前後ぐらいがちょうど良い気がします。
マスクの拡張 マスクの大きさを微調整できる設定項目です。
適用する範囲を広くしたり、少なくしたりするのに利用可能。


Back