Design
Movie【動画関連】
SNS(Social Network Service)
「Instagram」へ「動画」を投稿をする方法「YouTube」へ「動画」を投稿をする方法「YouTube」で使える「ショートカットキー」【YouTube】「後で見る」リストから動画削除する方法
動画再生
「動画再生」の豆知識
動画撮影
【動画撮影】野外撮影時の「日差し」「熱」からカメラを守る方法【動画撮影】フリッカー対策
動画カメラ
【ドローン】ドローンの基礎知識【ドローン】DJI MINI 2【アクションカメラ】GoPro【ジンバルカメラ】FIMI PALM【ジンバルカメラ】DJI OSMO Pocket2
撮影機材
GoPro
「GoPro MAX」で撮影した「360度映像」の編集方法
動画編集
【動画編集】動画編集の基礎知識【動画編集】動画編集に必要な設定値【動画編集】動画を綺麗に出力する方法【動画編集】「4K動画編集」の豆知識「マイク」の豆知識
動画編集ソフト
【Adobe】Premiere Pro
「レンダリング」ができない時の豆知識複数画像の再生時間を一括変更する方法映像の「隙間(リップル)」を「削除」する方法手振を補正するエフェクト「ワープスタビライザー」部分的に「モザイク」をかける方法画像の明るさや彩度を整える画質補正エフェクト「Lumetri カラー」GoPro用の編集エフェクト「GoPro FX Reframe」単一背景色を透明にするエフェクト「クロマキー合成(Ultra key)」レンズの歪みを補正するエフェクト「レンズゆがみ補正(ディストーション)」画像の不要物を消せるエフェクト「トランスフォーム(ディストーション)」ワイプ(小窓)を作るエフェクト「トラックマット(キーイング)」動画の再生速度をコントロールする方法動画音声の「声」を変換する方法動画音声の「ノイズ」を除去する方法動画音声を「クリア」にする方法映像の「周辺光量」を調整する方法
【Adobe】Audition
音声の「ノイズ」を除去する方法
【Adobe】After Affects
砂のように消えるエフェクト「Trapcode Particular」の使い方






【動画編集】「4K動画編集」の豆知識

【動画編集】
「4K動画編集」の豆知識




「4K動画編集」に役立つ「豆知識」をまとめています。


「4K動画」は、
容量が大きいため、
通常の操作では、
「PC」に、かなりの負担がかかります。
長い動画になると、
動画後の動画を書き出すのに、
数時間のかかる可能性もあります。


編集するのにも、
そのまま「4K動画」のまま
編集をすると、
重たくて、全く編集作業が進まないこともあります。



「4K動画」の編集には高機能PCが必要


初心者の方が、
「4K動画」を始めるのは、
少々大変です。
4Kカメラを購入しても、編集ができません。

動画撮影に必要なのは、
・動画カメラ
・編集用PC
・動画編集ソフト
が最低限必要になります。

加えて、「4K動画」を編集するには、
かなりの高性能なPCでなければ、
「4K動画」を再生・編集することもできません。
所有しているのノート型PC「MacBook Pro」では、
「4K動画」の編集は、機能不足で全くできません。
なので、
編集可能な性能を持つPCがなければ、
30万円以上ぐらいのPCを購入する必要があります。
必要なのは高スペックなPCです。

加えて、
「動画編集ソフト」をPCにインストールする必要があります。
プロも使用する「Adobe premiere Pro」であれば、
毎月2500円(年間3万円)ほどで使用可能になりますが、
色々なソフトを利用するには、毎月6000円(年間8万円)ほどです。
「Adobe premiere Pro」で検索してみてください。


まとめると、
「4K動画」を始めるには、
「動画カメラ」の価格 + 40万円ぐらい
がかかる可能性があると考えた方が無難。
本格的な「4K動画」撮影の場合は、
「動画カメラ」にはオプションもあるので、
「動画カメラ」本体価格に、
プラス5万円ぐらいも予想した方が良い場合もあります。


とにかく、現時点では、容量の大きくなる「4K動画」は、
少しハードルが高いのをお忘れなく。














Back

「Adobe Premiere Pro」なら「プロキシ」を使って「4K動画編集」


「Adobe Premiere Pro 2020」で、
「4K動画編集」をするのであれば、
「プロキシ」という機能を使って、
サクサクと動画編集をすることができます。


「動画編集」における「プロキシ」というのは、
日本語では、「代理」という言葉の意味になりますが、
「動画編集」においては、
容量の大きなファイルでも、
「PC」の機能が高くなくても、
スムーズに動く、
「コピー」ファイルのことを意味しています。


「Adobe Premiere Pro」に動画を読み込んだら、
ファイル上で「右クリック」→「プロキシを作成」を選択するだけで、
「プロキシファイル」を作成することができる。
「Adobe Media Encoder」が自動起動され、
「プロキシファイル」が作成されます。

次に、
「プログラム」モニタ画面下部右側にある
「+」ボタン(機能オプションメニュー)に含まれる
「プロキシ」メニューボタンをモニター下部に加えます。

「プロキシ」メニューボタンを
「クリック」することで、
「青色(ON)」にすると、 「プロキシファイル」での編集が可能となる。

「プロキシファイル」は、
元データに紐づけられ、
編集後、動画を書き出す時に、
動画の画質が劣化することはない。



良いこと尽くめの「プロキシ」だが、
「プロキシファイル」を書き出す作業は、
ファイル容量が大きいほど、
すごい時間がかかる作業。
スムーズに編集するためには、
避けては通れない。
夜中に作業を実行させておくなどの
工夫が必要になる。


Back