Design
Movie【動画関連】
SNS(Social Network Service)
「Instagram」へ「動画」を投稿をする方法「YouTube」へ「動画」を投稿をする方法「YouTube」で使える「ショートカットキー」【YouTube】「後で見る」リストから動画削除する方法
動画再生
「動画再生」の豆知識
動画撮影
【動画撮影】野外撮影時の「日差し」「熱」からカメラを守る方法【動画撮影】フリッカー対策
動画カメラ
【ドローン】ドローンの基礎知識【ドローン】DJI MINI 2【アクションカメラ】GoPro【ジンバルカメラ】FIMI PALM【ジンバルカメラ】DJI OSMO Pocket2
撮影機材
GoPro
「GoPro MAX」で撮影した「360度映像」の編集方法
動画編集
【動画編集】動画編集の基礎知識【動画編集】動画編集に必要な設定値【動画編集】動画を綺麗に出力する方法【動画編集】「4K動画編集」の豆知識「マイク」の豆知識
動画編集ソフト
【Adobe】Premiere Pro
「レンダリング」ができない時の豆知識複数画像の再生時間を一括変更する方法映像の「隙間(リップル)」を「削除」する方法手振を補正するエフェクト「ワープスタビライザー」部分的に「モザイク」をかける方法画像の明るさや彩度を整える画質補正エフェクト「Lumetri カラー」GoPro用の編集エフェクト「GoPro FX Reframe」単一背景色を透明にするエフェクト「クロマキー合成(Ultra key)」レンズの歪みを補正するエフェクト「レンズゆがみ補正(ディストーション)」画像の不要物を消せるエフェクト「トランスフォーム(ディストーション)」ワイプ(小窓)を作るエフェクト「トラックマット(キーイング)」動画の再生速度をコントロールする方法動画音声の「声」を変換する方法動画音声の「ノイズ」を除去する方法動画音声を「クリア」にする方法映像の「周辺光量」を調整する方法
【Adobe】Audition
音声の「ノイズ」を除去する方法
【Adobe】After Affects
砂のように消えるエフェクト「Trapcode Particular」の使い方






【Premiere Pro】動画音声の「声」を変換する方法

【Premiere Pro】
動画音声の「声」を変換する方法




「Adobe Premiere Pro」での
動画音声の「声」を変換する方法をまとめています。

「Adobe Premiere Pro」では、
主に、オーディオエフェクトの

・ピッチシフター
・フランジャー

で、「声」を変換することができます。



詳しくは、
下記をご参照下さい。



「美声」に変換するには


「Adobe Premiere Pro」だけでなく、
色々な「声変換ソフト」などに言えるのですが、
「美声」に変換できるわけではありません。

「美声」に変換するには、
他にも努力や変換が必要。

「YouTube」動画では、
自分の声を裏声にしたりするトレーニングが必要という意見もありました。


実際に、
操作してみた感じでは、
いくつかの変換を行えば、
「美声」になるかもしれないと思いました。
何回か、変換を繰り返すと良いのかもしれません。


簡単に変換できる声は、
ニュースなどで目隠しされた人のような高い声や、
ロボットのような声、
凄く低い声、
などには簡単に変換できます。


声変換ソフトと相性の良い声の人であれば、
いきなり「美声」に変換できる可能性もあります。


Back

「Adobe Premiere Pro」で「声」を変換する方法


「Adobe Premiere Pro」で「声」を変換するには、
・オーディオエフェクト「ピッチシフター」を使用する
・オーディオエフェクト「フランジャー」を使用する

・オーディオエフェクト「リバーブ」を使用する
・オーディオエフェクト「エコー」を使用する
という方法があります。

主に、
「声」が変えるのに使用されるのは、
「ピッチシフター」「フランジャー」
の2つです。



オーディオエフェクト「ピッチシフター」は、
「声を変える」ことができるエフェクト。


オーディオエフェクト「フランジャー」は、
さまざまな「ショートディレイ」をほぼ同じ割合で、
ミックスすることで「声」をアレンジするエフェクト。
「エコー」がかかったような
特徴的な音声に変換することが可能。


Back

オーディオエフェクト「ピッチシフター」の使い方


オーディオエフェクト「ピッチシフター」は、
「声を変える」ことができるエフェクト。


「ピッチシフター」は、
音程を変更できる機能で、
声を高くしたり、低い声したりと
音声を調整することができる。

声の調整は、
「セミトーン」と「セント」を動かすか
「比率」を動かすか
のどちらかになります。


オーディオエフェクト「ピッチシフター」の適用方法 編集画面「エフェクト」で、
「ピッチシフター」と検索すると簡単に出てきます。

「オーディオエフェクト」→「タイムとピッチ」→「ピッチシフタ―」
に保存されています。



「ピッチシフター」の設定値
ピッチの置き換え
セミトーン 「セミトーン」は、「半音」単位でピッチを調整することができる。
「+12」で「1オクターブ高く」なり、
「-12」で「1オクターブ低く」なる。
セント 「セント」は半音より小さな単位でピッチを調整します。 -100で1半音低く、+100で1半音高くなります。 大まかな調整を「セミトーン」を動かして行い、 細かい調整を「セント」を動かしてやる感じです。
比率 「比率」は、
「元の周波数」と「変更後の周波数」の比率関係。
指定可能な値の範囲は、「0.5(1オクターブ低い)~2.0(1オクターブ高い)」。
精度 「精度」は音質を決定する値。
「高精度」は、処理に時間がかかるが、音質がよい。
「低精度」だと処理が早いが、音質が悪くノイズが出てくる。

基本的には「高精度」を使用する。
ピッチ設定 「ピッチ設定」は、
「オーディオの処理方法」を指定する値。



「ピッチシフター」のプリセット
  
ストレッチ オリジナル音声より「低い声」になる設定値。

「セミトーン」=-9
「セント」=40
怒れるネズミ 「ピッチシフター」で設定可能な一番高い声。
「女性のプライバシー保護」の音声になります。

「セミトーン」=12
「セント」=0
重病人 オリジナル音声より「少し低い」ぐらいの設定値。

「セミトーン」=-1
「セント」=0
闇の帝王 「ピッチシフター」で設定可能な「一番低い声」。
「犯人」のような声。

「セミトーン」=-12
「セント」=0


Back

オーディオエフェクト「フランジャー」の使い方


オーディオエフェクト「フランジャー」は、
「エコー」効果を使用した特徴的な「声」に変更することができる。

各値を同じ割合でミックスさせることで、音声調整ができる。

「フランジャー」のエフェクトプリセットは、「17種類」。


オーディオエフェクト「フランジャー」の適用方法 編集画面「エフェクト」で、
「フランジャー」と検索すると簡単に出てきます。

「オーディオエフェクト」→「変調」→「フランジャー」
に保存されています。



「フランジャー」の設定値
特性
初期ディレイタイム
最終ディレイタイム
ステレオフェーシング
フィードバック
変調レート
モード
反転
特殊エフェクト
サイン波
その他
ミックス


Back