Design
Movie【動画関連】
SNS投稿
【SNS投稿】「YouTube」へ動画投稿をする方法【SNS投稿】「Instagram」へ動画投稿をする方法
動画撮影・編集
【動画編集】基礎知識【動画編集】動画を綺麗に出力する方法【動画撮影】「4K」動画撮影には高機能PCが必要【動画撮影】フリッカー対策
動画カメラ
【ドローン】ドローンの基礎知識【ドローン】DJI MINI 2【アクションカメラ】GoPro【ジンバルカメラ】FIMI PALM【ジンバルカメラ】DJI OSMO Pocket2
動画編集ソフト
【Adobe】After Affects
【After Affects】砂のように消えるエフェクト「Trapcode Particular」の使い方
【Adobe】Premiere Pro
【Premiere Pro】手振を補正するエフェクト「ワープスタビライザー」【Premiere Pro】部分的に「モザイク」をかける方法【Premiere Pro】画像の明るさや彩度を整える画質補正エフェクト「Lumetri カラー」【Premiere Pro】GoPro用の編集エフェクト「GoPro FX Reframe」【Premiere Pro】単一背景色を透明にするエフェクト「クロマキー合成(Ultra key)」【Premiere Pro】レンズの歪みを補正するエフェクト「レンズゆがみ補正(ディストーション)」【Premiere Pro】画像の不要物を消せるエフェクト「トランスフォーム(ディストーション)」【Premiere Pro】ワイプ(小窓)を作るエフェクト「トラックマット(キーイング)」
GoPro
【GoPro】Windowsで360度動画編集に必要なプラグイン「HEVC ビデオ拡張機能」の使い方






【Premiere Pro】部分的に「モザイク」をかける方法

【Premiere Pro】
部分的に「モザイク」をかける方法












「モザイク」エフェクトとは


「モザイク」は、
通行人の顔や、個人的な情報、
映したくないものなどを、
ぼかしたりすることで、
見えなくする技術。

車のナンバーや、
社名、ロゴなどを
消したり、
見えなくするのにも良く使用される。

免許証などの個人情報を保護する目的などでも使用される。


「Adobe Premiere Pro」では、
「モザイク」エフェクトは、
「ビデオエフェクト」→「スタイライズ」→「モザイク」
で適用することができる。


Back





「モザイク」エフェクトの適用方法




「Adobe Premiere Pro」の
「モザイク」エフェクトは、
エフェクト画面の右側メニュー「エフェクト」

「ビデオエフェクト」

「スタイライズ」

「モザイク」
を選択すると、
「エフェクトコントロール」に、
「モザイク」エフェクトが適用される。


操作がわかりづらい時は、
エフェクト画面の右側メニュー「エフェクト」に、
検索フォームがあるので、
「モザイク」を検索すると、
簡単に出てくるので、
あとは、選択するだけ。


Back





「モザイク」の位置・サイズを変更する方法


「モザイク」エフェクトを使用すると、
動画画面全体に、「モザイク」を適用することができる。

部分的に適用する場合は、
「モザイク」エフェクトの1番上にある
「シェイプ」で、マスクする範囲指定をして、
部分的にモザイクを適用する。

部分的なモザイクの位置や大きさを変更することも可能で、
作成したマスクのメニューの中にある
「マスクパス」で変更点を指定して、
マスクのシェイプを移動・拡大縮小をすると、
そのシーンでの場所と大きさが登録される。


マスクの値を変更することで、
色々な変化をつけることができる。

・「マスクパス」= マスクの位置・大きさ・形を変更する
・「マスクの境界のぼかし」= マスクの境界線をぼかす範囲を指定する
・「マスクの不透明度」= マスクの適用割合を「0-100」の間で指定。「0」は「なし」と同じ
・「マスクの拡張」= マスクの大きさを拡張・縮小を数字で簡単指定できる
・「反転」= マスクの適用場所を反転させる(チェックを入れるとシェイプの外側が適用範囲になる)

という値を指定することで、
モザイクを拡大縮小や、加えたり、無くしたりすることが可能になる。


Back





「モザイク」の大きさを設定する方法


「モザイク」の大きさは、
「モザイク」エフェクトの

・水平ブロック = 横のモザイク数を指定する値「0-4000」
・垂直ブロック = 盾のモザイク数を指定する値「0-4000」

で指定することができる。

「モザイク」エフェクトは、
動画表示サイズ全体を分割して、各ブロックを単色化することで、
モザイクを作成する。

モザイクの大きさは、
画面を何分割するかによって、
モザイク1つの大きさが決まる。
指定項目の「水平ブロック」「垂直ブロック」に、
小さな数字を指定すると、その数字で、画面を分割するので、 モザイク一つのサイズは大きくなる。
なので、モザイクをかけた画像が何の画像かはほぼわからなくなる。

指定項目の「水平ブロック」「垂直ブロック」に、
大きな数字を指定すると、
その数字数で、画面を分割するので、
モザイク一つのサイズが小さくなり、
画像に映った被写体の詳細までわかるので、
モザイクの効果が薄くなる。


「水平ブロック」「垂直ブロック」は、
「0〜4000」の間で指定ができる。
「1」を指定すると、画面は1色で塗りつぶされる。
「4000」を指定すると、
見た目では、映像画面を細かく細分化されるので、
動画内容は変わらないぐらいになる。


Back





「モザイク」を途中で出現・消滅させる方法


動画の途中で、
モザイクを使ったり、
途中で、モザイクをなくしたり、
動画編集をしていると、
必ず直面する編集です。


「モザイク」エフェクトでは、
モザイクを出現・消滅させるには、

・映像画面の外側にマスクを移動させる
・「マスクの不透明度」の値を「100(出現)」「0(消滅)」に切り替える

という方法で、
モザイクを動画途中で、
加えたり、無くしたりすることが可能です。


Back