【掃除】「水垢(みずあか)」の落とし方

【掃除】
「水垢(みずあか)」の落とし方




「水垢(みずあか)」の落とし方をまとめています。


水を扱う場所では、必ず直面する「水垢」。
水分が揮発した際に、水に含まれるミネラルなどが乾燥して固まったものが「水垢」。
「浴室」「キッチン」「洗面所」「トイレ」「電化製品」など、
ありとあらゆるところに、「水垢」が付着します。

「水垢」として固まってしまうと、
落とすのが難しいですが、
「水垢」を落とす方法は2つ。
「研磨」するか、
「酸性」洗剤で溶かすか、
の方法があります。



詳しくは、
下記をご参照ください。



「水垢」を落とす方法


「水垢(みずあか)」は、
「アルカリ性」の性質を持った汚れです。

「水垢」を落とすには、

・研磨する
・「酸性成分」で溶かす

などの方法で落とします。




Back

「水垢」とは


「水垢(みずあか)」は、
水に含まれる成分が、石化したもので、 「水滴」などが付着して、水分が揮発した時に、 水に含まれた成分だけが残り、石化し、 「水垢」という汚れとなります。


「酸性」と「アルカリ性」は、
「酸性」「アルカリ性」を計測する「pH値(ペーハー値)」だと、 「pH値」が「0」に近ければ近いほど「酸性」が強く、 「pH値」が「14」に近ければ近いほど「アルカリ性」が強い。
「pH値」が「7」に近いと「中性」と言われています。


「酸性(pH0~6)の汚れ」には、

・油汚れ
・皮脂汚れ
・手アカ
・血液
などがある。


「アルカリ性(pH8~14)の汚れ」には、

・水アカ(カルシウム)
・石鹸カス
・カルキ
・黒ずみ
・尿石

などがあります。


Back



「水垢」を「削り落とす」なら「歯磨き粉」


「水垢」は、「アルカリ性」の汚れで、
ミネラル成分などが、乾燥し凝固したものなので、
凄く硬い。


「水垢」を「削り落とす」には、

・クレンザー
・歯磨き粉

などの細かい粒子が含まれ、 研磨に優れた洗剤が効果的です。
「歯磨き粉」で定期的に研くと、 「水垢」が簡単に取り除かれ、綺麗な状態になります。


Back



「水垢」を溶かして落とすなら「クエン酸」


「水垢」は、
「アルカリ性成分」が主なので、
「クエン酸」などの「酸性成分」で溶かすことができます。

「削り落とす」方法もありますが、
デリケートな素材などの場合は。
「酸性」成分で、「水垢」を溶かす方法が有効です。


「弱酸性」の性質を持つのは、

・炭酸水
・アルコール原液
・中性洗剤(pH6-8)
など。


「酸性」の性質を持つのは、
・サンポール
・クエン酸
・お酢

などがあります。


「クエン酸」「サンポール」などは、
「薬局」「ホームセンター」などで、
購入することができます。


Back

「pH値」リスト


「pH値」は、「7」に近いほど人体に優しく、 「7」から離れるほど、刺激が強く、危険になる。

「クエン酸(pH 2)」は、強力な「酸性」で、
「アルカリ電解水(pH 12)」は、強力な「アルカリ性」だが、 人体に大きな影響がないので、非常に便利な掃除アイテム。


pH値性質商品名
pH 1酸性サンポール
pH 2酸性クエン酸
pH 3酸性
pH 4弱酸性炭酸水
pH 5弱酸性アルコール(原液)
pH 6弱酸性中性洗剤(ph6~8)
pH 7中性真水(参考)
pH 8弱アルカリ性重曹
pH 9弱アルカリ性セスキ炭酸ソーダ
pH 10弱アルカリ性石鹸
pH 11アルカリ性オキシクリーン
pH 12アルカリ性アルカリ電解水
pH 13アルカリ性カビキラー・キッチンハイター


Back

「クエン酸水」の作り方


比較的強い「酸性」の「クエン酸水」。

「水垢」をしっかりと溶かすためには、
「水垢」と「クエン酸」をできるだけ密着させること。
「2時間」ほど放置した後、
スポンジなどでこすり落とし、
水分を拭き取ったら完了。


「クエン酸水」を作る流れ

・スプレーボトルを用意する
・「水 200ml」をスプレーボトルに入れる
・「クエン酸 小さじ1杯」を水に加える
・蓋をして、よく混ざるようにスプレーボトルを軽く振る
・「クエン酸液」の完成


「クエン酸水」の使い方

・「アルカリ性の汚れ」に「キッチンペーパー」をあてる
・「クエン酸水」を「キッチンペーパー」に吹きかけて、汚れに密着させる
・密着させたら、更に2回ほど吹きかける。
・2時間ほど放置して、化学反応を待ちます
・ふやけた汚れを拭き取る
・汚れが落ちない時は、繰り返す


Back