【掃除】「革(レザー)」素材を綺麗にする豆知識

【掃除】
「革(レザー)」素材を綺麗にする豆知識




「革(レザー)」は、
丈夫で長持ちする良い素材ですが、
かなり繊細で、
「革(レザー)」のメンテナンスは、
知識と技術が必要です。


家庭でもできる
「メンテナンス」「洗濯」がありますが、
方法や素材を間違えると、
繊細な「革(レザー)」製品を台無しにしてしまうことがあります。


詳しくは、
下記をご参照下さい。



「革」を水で洗ったら「レザーオイル」を刷り込む


「革」は、
「水」で洗うと、
乾燥するときに劣化していますが、
その原因は、革の「脂分」を洗い流してしまうからと言われています。


水洗いをして、
水気を取り除いたら、
乾く前に、「レザーオイル」を刷り込みます。
保湿効果があるので、
革の「ひび割れ」「劣化」を防止してくれます。


「黒」「ブラウン」以外の色は、
注意が必要です。
薄い色は、水で洗ったり、
「レザーオイル」を刷り込むと、
変色してしまい、
繊細な色を失います。
「白」「クリーム」色などは、
変色しやすいです。


Back

「牛乳」は万能の「コーティング剤」


革製品などには、
「牛乳」は、万能の「コーティング剤」です。


成分に含まれる「水分」が、
汚れを落とし、
「脂分」が、
表面をコーティングしてくれます。


Back

「黒い革」には「新聞紙」


「新聞紙」で、
「黒い革」を拭くと、
「新聞紙」のインクによって、
汚れが落とせて、革に艶を出すことができます。


「新聞紙」のインクは、「黒」なので、
「黒」以外の革だと、黒い汚れになります。
ご注意下さい。


Back

「バナナの皮」は「革」素材を綺麗にする


「バナナの皮」の内側部分になる白い部分で、
革製品を磨くと、綺麗に汚れを落とすことができます。

滑らかな革素材に効果的です。


「バナナ」の白い部分が、
「革クリーム」「研磨剤」の役割を果たし、
「革」を綺麗にしてくれるとのこと。


Back