【掃除】「水あか」の付いた鏡を綺麗にする方法

【掃除】
「水あか」の付いた鏡を綺麗にする方法




「浴室」などにある「鏡」には、
どうしても「水垢」が付きやすい。

メディアでも、「水垢」がびっしりと付いて、 見えなくなった「鏡」を良く見かけます。

「鏡」に付いた「水垢」は、
意外と簡単に落とすことができます。
方法もいくつかあります。



「歯磨き粉」で水垢を落とす方法


「歯磨き粉」で、鏡の「水垢」を落とす方法は、
1番お手軽で、確実に綺麗になる方法です。
びっちりと「水垢」が付いた「鏡」には、おすすめ。

「スポンジ」や「布」に、「歯磨き粉」をつけて、
鏡を擦るだけで、「水垢」が削り取れて、凄く綺麗な鏡に戻ります。

「歯磨き粉」には、もともと小さな粒の「研磨剤」が含まれていて、
その研磨剤が、「水垢」を削り取ってくれます。

指に付けて鏡を研くだけでも、
「水垢」が落とせるのがわかります。
一度試してから全体の作業に取り組んでみてください。


我が家は、
この「歯磨き粉」の方法で、
「鏡」は、いつもピカピカです。
鏡も傷つかず、手軽にできて、
掃除ツールを購入しなくてよいので、
とても良い方法。


Back

「クエン酸液」で水垢を溶かして落とす方法


「水垢」は、「アルカリ性」の成分なので、
「酸性」のもので、「中和」して落とす事ができます。
「クエン酸」は、「酸性」なので、
「水垢」対策には最適。

「薬局」「ホームセンター」などで、
簡単に手に入る掃除用「クエン酸」は、
他の色々な掃除に使えるので、家に常備しておくのに最適な掃除アイテム。

「水 200ml」に「クエン酸 小さじ1杯」ほどを溶かし、
「スプレー」で散布するだけで完了。
全体的に「スプレー」で「鏡」に噴霧したら、
「30分〜1時間」ほど放置して、化学反応を待ちます。
効果が足りない時は、同じ作業を繰り返し。

「水垢」は、「クエン酸液」によって、
落としやすくなってるので、
スポンジや、柔らかめの布などで拭くと、
「水垢」が綺麗に落ちます。
それでも落ちない時は、
再度「クエン酸液」を吹きかけて放置してください。
同じ作業を繰り返します。


「クエン酸液」は、
びっしりと付いた「水垢」を落とすというより、
「水垢」の付き始めや、予防対策として、
日常のメンテナンス的に使用するのに適しています。
「鏡」などの表面を傷つけずに、綺麗にしたい場合には最適な方法です。


Back

「ダイヤモンドパッド」で水垢を落とす方法



掃除ツールとして売られている「ダイヤモンドパッド」は、
「鏡」「ガラス」用も販売されていて、
こびりついた「水垢」が凄く取れます。
家庭に一つ常備しておくと、「キッチン」「浴室」「洗面所」まで、
色々な場所で使えて便利です。


「ダイヤモンドパッド」の使い方は、
簡単で、「ダイヤモンドパッド」で「鏡」を磨くだけ。
「ダイヤモンドパッド」の研磨面を間違えなければ、
簡単に「鏡」を綺麗にすることができます。


「鏡」が写りにくくなったなぁと感じたときに、
「ダイヤモンドパッド」を取り出して使えば良いので、
かなり便利なアイテム。


「キッチン」のシンクや水道、洗面台などにも使えます。


Back