Life
DIY Memo





【DIY】「紙ヤスリ」を綺麗にかける方法【木材編】

【DIY】
「紙ヤスリ」を綺麗にかける方法
【木材編】




「木材」でものを作り上げた時の仕上げ作業「ヤスリがけ」。









「紙ヤスリ」の粗さを選ぶ方法


「紙ヤスリ」の粗さは、
木材であれば、「#60」ぐらいから「#800」ぐらいまでが良く使われます。

「#60 〜 #800」の中から、どの番手を利用すれば良いかがわからない時は、
目の細かい「#800」からヤスリがけをしていきます。
細かい目でヤスリがけをして、傷が残っていたら、 一つ紙ヤスリを粗くします。
少しずつ紙ヤスリの目を荒くして、傷が消えたら、 今度は目を細かくして、表面を磨いていきます。

傷が消えるまで、紙ヤスリを少しずつ粗くすることで、
傷を消して、綺麗な土台を作ることができます。


Back





「紙ヤスリ」は細かい目か粗くして傷を消す


「紙ヤスリ」で、傷を消そうとする場合、
「紙ヤスリ」は、1番細かい目(#800ぐらい)からヤスリがけをはじめ、 段階的に目を粗くしていく。
傷が消えたら、今度ば、段階的に紙ヤスリの目を細かくして、 表面を綺麗に磨いていくと、 綺麗にヤスリがけをすることができる。

1番粗い目の紙ヤスリから始めるのは、「NG」。
無駄に表面を削り落としてしまうので、
必要最小限のヤスリ掛けをするには、 「細かい目」から始めるのが必須。


Back





「粗い目」で削れないのは何故?


「紙ヤスリ」の「粗い目」で、木材を削っていると、
木材の種類によっては、全く削れない時がある。
傷は付いてるが、削りカスがほとんど出てこない状態。

この症状の場合、
「紙ヤスリ」の目が荒すぎて、
木材の表面を削り落とすだけの力が、木材に伝わっていない状態。
「紙ヤスリ」の目を細かくすることで、 木材が良く削れるようになります。

物質の表面を削り落とすには、その細胞や分子がくっつきあっている力以上の力が、 細胞や分子に加わることで、削り落とすことが可能になります。
「紙ヤスリ」の目が粗すぎると、力の加わる面が広く、 削り落す力が弱くなってしまいます。
「紙ヤスリ」の目を細かくすると、
力が狭い面積に加わるので、よく削れるようになったりします。


削れない状況でも、表面に傷をつけることは重要で、
他の粗さでヤスリ掛けをした時に、表面が削り落としやすいように、 下地を作っていることになります。
満遍なくヤスリ掛けができたら、粗さを変更します。


削れないと思ったら、紙やすりの粗さを変化させてください。


Back