Life
DIY Memo





【電動工具】「電動ドライバー」の選び方

【電動工具】
電動ドリルの選び方




DIYで一番使用頻度が高い電動ツール「電動ドライバー」。
「ネジ締め」「穴あけ」作業が主流の電動ツールで、
先端のオプションを変更すると「研磨」などもできる。


家具の組み立てなどにも使えるので、
一番使われている電動ツール。


「電動ドライバー」で、
「ネジ締め」に特化したのが、「インパクトドライバー」で、
「穴あけ」に特化したのが、「電動ドリル」。








「コード式」のおすすめ「電動ドライバー」




リョービ(RYOBI) ドライバードリル CDD-1020 645801A

「コード式」で、おすすめの電動ドリルは、
RYOBI(リョービ)「CDD-1020」


お気に入りポイントは、作業音が静かなところ。
他の電動工具「サンダー」や「トリマー」などに比べると圧倒的に作業音が少ない。
なので、
自宅でも近所迷惑を気にせず使えます。
先端オプションを変えれば、
「研磨」作業にも使えて非常に役立つアイテム。

「トルク(締付け度合)」「回転速度(高速・低速」も雪堤でき、
トリガーで、回転速度を簡単にコントロールできます。


「RYOBI(リョービ)」は、
昔からのDIYツールメーカーの一つ。
信頼のある工具メーカーです。


「コード式」なので、
バッテリー切れを気にせず、
コンセントに接続するだけで、
ずっと使用できるのも良いポイント。

「研磨」作業をするのに、
「コード式」は非常に良い。
「バッテリー式」では、すぐにバッテリー切れになるので、
作業時間が長くなる作業や、パワーを使う作業には、「コード式」が最高。
回転時に、回転数を調節するトリガーをロックできるようになっているのも便利。


Back





「電動ドライバー」とは


「電動ドライバー」は、
主に、「ねじ締め」「穴あけ」に使いますが、
便利なツールゆえに、色々なオプションが発売されていて、
「研磨」作業にも使えます。

「ネジ締め」「穴あけ」に使える電動ドライバーは、
繊細な場所での作業に向いています。
「大きさ」「パワー」「バッテリー」などは、メーカーや種類によって異なります。

「電動ドライバー」は、「ネジ締め」作業を行う電動ツールを意味していますが、
「穴あけ」をする電動ツールは、「電動ドリル」と言います。
主に、「電動ドライバー」と言えば「電動ドリル」を兼ねているので、
「電動ドライバー」=「電動ドリル」であり、
どちらで呼んでも、同じ電動工具を意味しています。
「電動ドライバー」には、強力なものもあり、
「木材」だけでなく、「金属」に「穴あけ」もできます。
鉄用などの専用ドリルを利用することで、
色々な素材に「穴あけ」をすることが可能です。


家具の組み立てなどに必須のアイテムで、
「ねじ締め」「穴あけ」は、DIYで一番頻度の高い作業なので、
一番使われる電動工具でもあります。


便利な反面、パワフルなので、
注意しないと、部品を傷つけてしまうことがあります。


「ねじ締め」「穴あけ」作業は、
先端のオプションを交換することで、
多様な種類の「ねじ締め」「穴あけ」作業ができるようになっています。
ネジの種類も多様ですが、
先端オプションを変えることによって、
1つの「電動ドライバー」で、作業をすることができます。


Back





「コードレス」と「コード式」、どちらが便利?


個人的には「コード式」がお気に入り。
作業時間が長くて、
充電の手間が省けるので、
電源の心配がない室内作業が多いと、
「コード式」が一番便利。


バッテリー式の「コードレスタイプ」は、
建設現場などでは大活躍。
外のでの作業には、「コードレス」が必須。


作業する内容で、
「コードレス」と「コード式」のどちらが良いかが決まってきそうです。
安い充電式も購入したのですが、
少しの「ねじ締め」「穴あけ」ぐらいなら問題ないですが、
長時間の「研磨」などでは、すぐに「バッテリー切れ」。
「コードレスタイプ」を購入する時の教訓は、
「ハイパワー」「大容量バッテリー」を購入するべし。
です。
安くて、普通のバッテリーは、
作業が多かったり、
作業が重労働だったりすると、
すぐに「バッテリー切れ」になってしまい、
まったく作業にならなくなってしまいます。
容量の少ないバッテリーで、研磨作業をすると、
10分ぐらいするとバッテリー切れ。
充電するのに、1時間以上かかります。
非常に非効率です。

「コードレス」タイプは、
「ハイパワー」「大容量バッテリー」が必須で、
ここに「予備バッテリ―」と「充電器」が加わります。
非常にお金がかかるので、ご注意ください。


電源の心配がなければ、
「コード式」が無難です。
ただ、「コードレス」は魅力。
コードがない作業はやりやすいのは確かです。





「コード式」が向いている作業・作業場所

・電源が確保されている
・長時間の作業
・消費電力が多い「作業」
・研磨作業


「コードレス」が向いている作業・作業場所

・電源が確保されていない
・作業場所が広い
・短時間の作業
・ねじ締め作業
・穴あけ作業


Back





「電動ドライバー」の種類


電動ドライバーは、性能によって、

・万能電動ドライバー(一般的)
・インパクトドライバー
・ドリルドライバー

に分類される。
「ネジ締め」「穴あけ」の万能タイプの「電動ドライバー」に、
「ネジ締め」に特化した「インパクトドライバー」(回転と打撃)
「穴あけ」に特化した「ドリルドライバー」(高い回転数)
といった専門性に特化したことにより、
種類が分類されるようになっています。


万能電動ドライバー

「万能電動ドライバー」は、
「ネジ締め」「穴あけ」の両方が利用可能な万能タイプの「電動ドライバー」。
「ネジ締め」も「穴あけ」も、一般的には不自由しないレベルの機能が搭載されています。
一般家庭には、「万能電動ドライバー」を一つ備えておけば十分だと思います。


インパクトドライバー

「インパクトドライバー」は、
「ネジ締め」に特化した「電動ドライバー」で、
「ネジ」の他に、「ナット」なども固定することができます。

「インパクトドライバー」の最大の特徴は、
「ネジ締め」するときに、上から「打撃」を与えるところ。
「インパクト(衝撃)」の名前も、kono 「打撃」からくるネーミングです。

「万能電動ドライバー」と異なる点は、
・ 「締め付け」時の、打ち込み「打撃」
・ 「インパクトドライバー」専用チャック(先端ビット取り付け部分)
・ 回転スピードが一定(スピードコントロールなし)
・ トルク調節なし(ねじ締め強さ調節なし)
などがあります。



「万能電動ドライバー」は、回転だけで締め付けますが、
「インパクトドライバー」は、「回転」と「打撃」で、「締め付け」を行います。
回転数に加え、「打撃力」も加え、「締め付け力」を重視した性能を持っています。
穴が空いていない場所への「ネジ締め」なども行うため、
パワーが比較的強めです。
パワーが必要な作業に向いています。
専用の先端ツールを使うことで、
「ナット」「ソケット」の締め付けも可能です。

「木材」「金属」などの研磨にも使えわれる。
「打撃」があった方が、「穴あけ」作業時もしやすいこともあるので、
慣れてくると、「インパクトドライバー」を「穴あけ」作業に使うこともあります。




ドリルドライバー

「ドリルドライバー」は、
「穴あけ」機能を重視した「電動ドライバー」です。
木材や金属などの素材に、穴を開けることを目的とした電動ツールです。
「回転」によって、性能を発揮するので、
万能な「電動ドライバー」より、回転数が高めなのが「ドリルドライバー」です。
そして、回転数を調節することもできます。
繊細な作業の時は、「ドリルドライバー」を使用すると良いと思います。

「デリケートな素材」「小さなネジ」の場合、
ドリルの回転数は、遅い回転数。

「硬い素材」「長め・大きなネジ」の場合、
ドリルの回転数は、高い回転数。


最初は回転数をゆっくりで初め、
ドリルが素材に深く刺さり、安定してきたら、
回転数を上げると初心者でも使いやすいです。


Back