【Car】【Repair】「スプレー塗装」を綺麗にする方法

【Car】
【Repair】
「スプレー塗装」を綺麗にする方法




「車修理」の最後の仕上げでもある
「スプレー塗装」を綺麗にする方法をまとめています。





詳しくは、
下記をご参照ください。



INDEX


「スプレー塗装」を綺麗にする方法


小さな塗装範囲に塗装スプレーをする方法


「研磨剤」で傷を修理する方法
「コーティング」で傷を修理する方法


「凹み」を修理する方法
凹み修理の流れ
「冷却スプレー」で「凹み」を治す方法
「バキュームリフター(サクションカップ)」で「凹み」を治す方法
「デントリペアハンマー」で「凹み」を治す方法"で「凹み」を治す方法
裏から押し上げて「凹み」を治す方法
「デントリフター」で「凹み」を治す方法
「スライドハンマー」で「凹み」を治す方法
「デントリペアアーム」で「凹み」を治す方法

「スプレー塗装」を綺麗にする方法


スプレー塗装をする人で、
失敗しなかった人は、
1人もいないはず。


スプレー塗装は、
失敗しないための方法があるので、
守らない時は、ほとんど失敗すると思います。



綺麗にスプレー塗装をするコツ

「スプレー塗装」を綺麗にするにはコツがある。
綺麗に「スプレー塗装」するには、

5回以上に分けて、塗装を完成する
一度で塗りすぎない、霧状で少しずつ重ね塗り
塗装間隔は、15分ぐらい空けて、乾燥させる
一定のスピードで、止まらずにスプレーする

などのコツがあります。
どれを欠いても、失敗します。



「スプレー塗装」の失敗する原因は、
塗りすぎによる「液だれ」
があります。

一度の塗装で、完成の「5%」ぐらいずつ
薄く着色させるのが、綺麗な塗装をする条件です。
塗りすぎなければ、「液だれ」はしません。

1回の塗装は、
4回ぐらい重ね塗りぐらいにすると、
綺麗に塗装できます。


1回の塗装が終わったら、10分~20分ぐらい乾燥させます。
「液だれ」しない状態になるのを待ちます。


それを5回ぐらい繰り返すと、
綺麗なスプレー塗装ができます。



塗料の性質などによって、
回数や乾燥時間を増やして対応します。
説明書をしっかりと読むことが大切。


穴を開けた「かざし」を使う

塗装範囲が一部分の時には、
穴を開けた「かざし」を使うのが必須です。


スプレー塗装は、
範囲が広くなりがちです。

範囲を絞る機能が付いていないので、
「厚紙」「段ボール」などに穴を空けて、
塗装範囲にかざすことで、
範囲が広がらないように塗装します。


原始的ですが、
穴を空けた「かざし」は、
凄く効果的です。


塗装対象に近づけてスプレー塗装すると、
境界線がはっきりする塗装になり、

「かざし」を塗装対象から離すと、
塗装の境界線にぼかしができ、
滑らかな塗装になります。

部分的な補修の時などは、
穴を空けた「かざし」は、
必須のアイテムです。


「コピー用紙」などでも代用できますが、
厚みがある紙の方が、楽に扱うことができます。


Back

小さな塗装範囲に塗装スプレーをする方法


小さな範囲にスプレー塗装をするにはコツがあります。

全体にスプレー塗装をするより、
一部分にだけ、
スプレー塗装をする方が難しい。



コツとやり方を知れば、
比較的簡単に、
部分的なスプレー塗装ができます。


塗装範囲以外をマスキングする方法

塗装の時の
一般的な方法が、
「マスキング」です。


塗装する部分と塗装しない部分の
境界線をはっきりとさせたい場合は、
マスキングテープを張り、
完全にカバーした状態で、
スプレー塗装をします。


乾き始めたら、
マスキングテープを剥がすと、
綺麗な境界線ができる塗装ができます。


マスキングテープを丁寧に張れば、
それだけ綺麗な境界線ができます。


マスキングテープを剥がすタイミングも重要で、
塗料が半乾きの状態で、
マスキングテープを剥がします。

完全に乾いた状態で、
マスキングテープを剥がすと、
塗料まで、一緒に剥がれてしまいます。


厚紙に穴を空けて塗装範囲を絞る方法

スプレー塗装は、
塗装が広がる範囲が大きくなりがちです。

塗装したい範囲以上に、
スプレー塗料が広がってしまうのは、
失敗の原因になります。


スプレーの広がる範囲を抑えたい時は、
「厚紙」「段ボール」などの中心に、
塗装範囲より少し小さい穴を空けます。


「厚紙」「段ボール」の穴をかざして、
その上から、スプレー塗装をすると、
範囲が広がらないので、凄く便利です。


境界線をはっきりさせたいときは、
塗装対象面に重ねて、スプレー塗装をします。

境界線をぼかしたい場合は、
塗装対象面から距離を開け、スプレーをすると、
その距離に比例して、ぼかしが大きくなります。


小さな塗装面に塗装をするときの必須の技術です。


Back