【Python】「Python」の開発環境を整える方法

【Python】
「Python」の開発環境を整える方法




プログラミング言語「Python」で、開発をするためには、
「Python」をインストールして、開発できる環境づくりをする必要があります。


「Windows」OSでは、問題なく「公式Python」で利用できますが、
「Mac」OSでは、「実行ファイル」を作成する「Pyinstaller」が機能しなかったので、 注意が必要。
「Homebrew版Python」に入れ替えることで、「Mac」OSで、 「Pyinstaller」を使った「実行ファイル」の生成ができました。



「Python」の開発環境を整える手順


「Python」の開発環境を整えるには、

・「Python」をインストールする
・実行ファイルを作成する「Pyinstaller」をインストールする

という操作が必要。


Back

「Python」をインストールする方法


「Python」をインストールするには、
「Python」公式HPで、「Python」をインストールします。

「Windows」では、この方法で、問題なく「Python」を利用できるようになりましたが、 「Mac」では、システムファイルのパスが通らないファイルがあるようで、 この方法では、「Pyinstaller」を使用して「実行ファイル」を書き出しできないケースがある。
その場合は、「Homebrew版Python」をインストールして、 「Pyinstaller」を使用することで、「実行ファイル」を書き出すことができました。


「Python」公式HP : https://www.python.org/




■「Python」公式HPにアクセス

■「Downloads」ページへ移動する

■「Download Python *.**.*」ボタンをクリックして、「Python インストーラー」を「ダウンロード」する

■「Python インストーラー」を実行
インストール開始ボタンの時に「Add Python *.* to PATH」を選択して、 「Python」を「PATH」に登録するようにする。
忘れると、自分で「PATH」登録をすることになります。

■「保存先」を選択して「インストール」を開始(保存先はデフォルトのままで変更しなくてもOK)

■「インストール」が完了したら、「PC」を再起動

■ Windowsの場合「python --version」をコマンド入力して、「Python」のバージョンを確認
■ Macの場合「python3 --version」をコマンド入力して、「Python」のバージョンを確認


■インストール完了


Back

実行ファイルを作成する「Pyinstaller」をインストールする方法


「Python」で記述したプログラムコードのファイル「スクリプトファイル」を、 実行可能ファイルに変換するには、「Pyinstaller」をインストールする必要があります。
「Python」をインストールした後、1度再起動すると、
「Pyinstaller」をインストールすることができます。

「Windows」では、この方法で、問題なく「Python」を利用できるようになりましたが、 「Mac」では、システムファイルのパスが通らないファイルがあるようで、 この方法では、「Pyinstaller」を使用して「実行ファイル」を書き出しできないケースがある。
その場合は、「Homebrew版Python」をインストールして、 「Pyinstaller」を使用することで、「実行ファイル」を書き出すことができました。


「Pyinstaller」をインストールする「コマンド」

pip install pyinstaller



「Pyinstaller」をインストールする流れ

■「Python」をインストール後に、1度「再起動」する

■インストールコマンド「pip install pyinstaller」を入力・実行する

■簡単な「Python」のスクリプトファイル(Sample.py)を作成する
# sample.py
print("出力される文章")
input()
「input()」は、キー入力待ち状態で待機するので、何かキーを押すと、スクリプト終了で画面が閉じます。 キー入力待ち状態にしないと、一瞬で画面が現れて消えてしまうので、「input()」は必須。

「print("出力される文章")」で、文字を画面に表示します。

■「スクリプトファイル(Sample.py)」を実行ファイルに変換する
pyinstaller sample.py --onefile

■「実行ファイル(dist/sample.exe)」を実行する
「.spec」ファイル=ビルド方法が記述されたテキストファイル
「build」フォルダ=ビルドした中間ファイルを保存するディレクトリ
「dist」フォルダ=生成された実行ファイル「.exe」が実行可能なプログラムファイルとなります。実際、先程のコマンドで生成されたsample.exeをダブルクリックして実行してみるとコンソールが表示され、Pythonスクリプトを実行した時と同様の結果が得られます。 ↓
■「出力内容」が表示されれば「テスト・インストール完了」




「pyinstaller」の書式

pyinstaller スクリプトファイル名.py --name 実行ファイル名.exe --onefile --icon アイコンファイルURL --noconsole


「pyinstaller」のオプション

オプション意味
onefile実行ファイルを1つにまとめるオプション。基本的に毎回指定する。
noconsole実行時にコンソールの表示を「OFF」にする。「tkinter」等を使用したGUIの場合は指定する。
debug all「デバッグ」を出力させる。出力ファイル(.exe)化に失敗した場合に使用する。
clean「キャッシュ」を削除する。納品時などは指定するようにする。
iconアイコンファイルのパスを指定する。
name「出力ファイル(.exe)」のファイル名を指定。


Back

【Mac】「Homebrew版Python」+「Pyinstaller」をインストールする方法


「Mac」OSでは、「Python」の公式パッケージと「Pyinstaller」をインストールしても、 「Pyinstaller」コマンドで、「実行ファイル」を作成しても、 「SystemError:lipo failure」とエラーになって、 「実行ファイル」が作成されない。

色々と調べたところ、 「Mac」OSでは、システムファイルの一部のパスがうまく通っていない様子。
それが原因で、「実行ファイル」を作成することができないようなので、
「Homebrew版Python」+「Pyinstaller」をインストールすると、 問題なく「実行ファイル」が作成できました。

「Homebrew版Python」は、パッケージ管理システム「Homebrew」がまとめているもので、 問題も解決してくれているようです。


「Homebrew版Python」+「Pyinstaller」をインストールするには、 公式の「Python」をアンインストールする必要がある。



「Homebrew版Python」+「Pyinstaller」をインストールまでの手順は、

■公式「Python」をアンインストールする
■パッケージ管理システムで「Homebrew」をインストールする
■「Homebrew版Python」をインストールする
■「Pyinstaller」をインストールする

という作業を行う。



公式「Python」をアンインストールする方法

公式「Python」をアンインストールするには、
・「Python」アプリケーション
・「Python.framework」(/Library/Frameworks)
・「シンボリックリンク」(/usr/local/bin)
を削除する必要があります。


「Python」アプリケーションを削除する手順

■ 「Finder」を開く

■ 「アプリケーション」を開く

■ 「Python」を「右クリック」

■ 「ゴミ箱へ移動」を選択

■ 「Python」がなくなっていれば「削除完了」



「Python.framework」(/Library/Frameworks)を削除する手順

■ 「Python.framework」の保存場所(/Library/Frameworks)へ移動する
cd /Library/Frameworks

■ 「Python.framework」を削除する
sudo rm -rf Python.framework



「シンボリックリンク」(/usr/local/bin)を削除する手順

■ 「シンボリックリンク」の保存場所「/usr/local/bin」へ移動する
cd /usr/local/bin
■ 各「シンボリックリンク」を削除する
rm pip3.10
rm pydoc3
rm pydoc3.10
rm python3
rm python3-config
rm python3.10
rm python3.10-config
上記以外の「Python」系のシンボリックも一緒に削除する。

■ 再起動して、公式「Python」の削除完了


パッケージ管理システム「Homebrew」をインストールする方法


公式「Python」のアンインストールが完了したら、 パッケージ管理システムで「Homebrew」をインストールするには、
-c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install.sh)"
上記のコマンドを実行する。
後は自動的にインストール作業を実行してくれるので、待つだけ。
10分以内には終わりますが、時間はかかります。



「Homebrew版Python」をインストールする方法


公式「Python」のアンインストールと、 「Homebrew」のインストールが完了したら、 「Homebrew版Python」をインストールします。


■ 「Homebrew版Python」をインストールする
brew install python
を実行するだけ。
アンインストールも簡単。
コマンドを実行したら、インストール作業が完了するまで待ちます。

■ インストールされたかを「Python」バージョンを確認してチェックする
python3 --version
python3 -V

出力結果:Python *.*.*



「Homebrew版Python」をインストールするコマンド

brew install python


「Homebrew版Python」をアンインストールするコマンド

brew uninstall python



「Pyinstaller」をインストールする方法


「Homebrew版Python」をインストールしたら、 「実行ファイル」を作成するために必要な「pyinstaller」をインストールします。


「Pyinstaller」をインストールする手順

■ 「Pyinstaller」インストールコマンドで「Pyinstaller」をインストールする
pip3 install pyinstaller

■ サンプルのスクリプトファイルを作成する
ファイル名
ファイル名.py

サンプルコード
#! /usr/bin/env python # coding: UTF-8 print("Hello World!") input()

■ 「Pyinstaller」コマンドを使って、実行ファイルを生成する
pyinstaller —onefile スファイル名.py
pyinstaller ファイル名.py —onefile

■ 「Dist」ディレクトリに保存された「実行ファイル」を実行する

■ 「実行ファイル」が実行できたら、「Pyinstaller」のインストール完了


Back