【Python】開発環境「IDLE」の使い方

【Python】
開発環境「IDLE」の使い方







「IDLE」とは


「IDLE」は、「Phthon」が提供する無料の開発環境。


Back

「IDLE」の起動する方法


「Mac」OSで、「Python」の開発環境「IDLE」を起動する方法は、
コマンド入力などをする「ターミナル」に「idle」と打ち込むだけ。
「Python」がインストールされていれば、「IDLE」を利用することができます。

「Mac」OSでの「IDLE」起動方法

■ 「ターミナル」を起動する

■ 「idle」と入力

■ 「*Python *.*.* Shell*」という新しい画面「開発環境 IDLE」ターミナルが現れる

■ 「Python」ターミナルで「Enter」を押すと「>>>」が現れる。

■ 開発環境「IDLE」の使用準備が完了

■ 「Print "Hello"」と入力し、「Enter」キーを押す。

■ 「Hello」と表示されれば、正常に稼働しています。


Back

「IDLE」で「新規ファイル」を作成する方法


■ 開発環境「IDLE」を起動する

■ 「File」メニューを「左クリック」

■ 「New File」を選択

■ 「新規ファイル」画面が現れる

■ 「File」メニュー → 「Save(Control + S)」で、好きな場所にファイル名「Test.py」で保存する

■ 「Test.py」ファイルが保存されていれば「完了」


Back

「IDLE」で「スクリプトファイル」を実行する方法


・F5キーを押す(Macの場合は、「fn」キーを押すと現れる「F5」キーを押す)
・「スクリプトファイル」画面の「Run > RunModule」を選択する


Back