ITメモ
【MailApp】メールソフトを便利に使う方法




【ThunderBird】「ごみ箱」フォルダが消えた時の対処法

【ThunderBird】
「ごみ箱」フォルダが消えた時の対処法




メールソフトの「ThunderBird(サンダーバード)」を利用していると、
「ごみ箱」フォルダが消えてしまっていることがあります。
「ごみ箱」フォルダを新たに作る方法の情報をメモしています。


簡単に説明すれば、新しい「ごみ箱」フォルダを作成して、
削除した時にメールを移動するフォルダとしてアカウント設定を変更するだけ。



「ごみ箱」フォルダを作る方法

■「ごみ箱」フォルダを作りたいアカウントを選択する。

■トップメニュー「ファイル」→「新規作成」→「サブフォルダ」を選択。

■「名前」に「ごみ箱(ゴミ箱・Trash・Deleteed Messages)」とフォルダ名を入力する、

■「作成先」に「ゴミ箱」フォルダを保存したいアカウントの「受信トレイ」を選択する。

■「フォルダーを作成」ボタンを押す。

■作成された「ゴミ箱」フォルダを確認。

■アカウント名を選択し、「ツール」→「アカウント設定」を選択。

■選択したアカウントの「サーバー設定」を選択。

■「メッセージを削除する時」項目の「次のフォルダーに移動する」を選択。

■隣にあるフォルダ選択項目で、「ごみ箱」にするフォルダを選択する。

■「OK」ボタンを選択。

■メールを削除して、新しい「ごみ箱」に移動すれば完了。