ITメモ
【MailApp】メールソフトを便利に使う方法




【ThunderBird】背景色の変更方法

【ThunderBird】
背景色の変更方法




MailApp「ThunderBird」の背景色の設定方法。
「ThunderBird」の背景色を変更するには、

・「ThunderBird」全体の背景色
・メール内容エリアの背景色

の2つの設定を変更することで、
「ThunderBird」全体の背景色を変更することができる。



INDEX




「ThunderBird」全体の配色を変更する方法


「ThunderBird」全体の配色スタイルを変更するには、アドオンを使用して変更する。
メールアカウントのフォルダーツリーエリアと、受信メール一覧エリアの背景色を変更したい時に設定する。
この方法だと、「メール内容エリア」の背景色までは変更できないので、 「メール内容エリア」の背景色を変更することで、 「ThunderBird」全体の背景色を変更できます。


■「ツール」を選択。

■「アドオン」を選択。

■「テーマ」を選択。

■下記のデフォルトスタイルか、インストールしたアドオンを選択。
・「デフォルト」=「アカウントフォルダー」エリアと「受信メール一覧」エリアが「白基調」。
・「Light」=白基調。
・「Dark」=「アカウントフォルダー」エリアと「受信メール一覧」エリアが「ダークグレイ」。

■設定を確認して問題なければ終了。


Back



メール内容エリアの背景色を変更する方法


「ThunderBird」のメール内容エリアの背景色だけを変更する場合の設定方法です。
全体の背景色を変更するには、「アドオン」→「テーマ」から変更が可能です。


メール内容エリアの背景色変更には、注意が必要です。
・テキストカラーを白にすると白い画像の上にある文字が見えなくなる。
・背景色とカラーの明度差・彩度差が低いと見えづらくなる。
という特徴があるので、変更後はメールをチェックして、 全体がしっかり見えているか、確認する必要があります。

背景を「黒」にした時は、
背景:明度0%(黒)
テキスト:明度75%ぐらい(白背景でも文字が見えるように。)
訪問済・未訪問リンク:明度75%+彩度100%ぐらい
などぐらいにすると、 白背景でも視認性が保たれるので、 メール内容がチェックしやすい。


メール内容エリアの背景色を変更する流れ


■「ThunderBird」の設定画面

■「一般」

■「言語と外観」

■「カラー設定」

■「テキストと背景のカラー」設定画面で、
・「システムのカラーを使用する」のチェックボックスを外す。
・好みのカラーに設定する

■確認して、問題がなければ完了。



Back