ITメモ
JavaScript
「Javascript」の基礎知識
「Javascript」の使い方【Javascript】エラーチェックをする方法【Javascript】変数【Javascript】配列(Array)【Javascript】「DOM(Document Object Model)」の使い方【Javascript】関数 / Function【Javascript】条件分岐・繰り返し【Javascript】イベントハンドラー(Event Handler)【Javascript】文字の操作方法【Javascript】文字の検索方法【Javascript】スコープ【Javascript】ファイルの操作方法【Javascript】画像の操作方法【Javascript】情報を出力・チェックする方法【Javascript】ヒアドキュメントの使い方【Javascript】Built-in Object(ビルトインオブジェクト)【Javascript】ライブラリー / Library
Library
「Ajax」の使い方
Library「jQuery」
【jQuery】とは【jQuery】の書式【jQuery】「Javascript」にリンクさせる方法【jQuery】「Javascript」に記述する方法【jQuery】のオブジェクト【jQuery】「CSS」を参照・設定する方法【jQuery】「HTML」要素の情報を参照・設定する方法【jQuery】「HTML」タグを追加する方法【jQuery】ユーティリティ関数【jQuery】イベントアクションを設定する方法【jQuery】イベントオブジェクト「.on」の使い方【jQuery】読み込み完了してから実行する「.ready」の使い方【jQuery】「Ajax」を使う方法【jQuery】「エフェクト」「アニメーション」を使う方法
Reference
数字
【Javascrpt】計算に誤差が出る時の解決方法
ファイル読み込み
【Javascrpt】「XMLHttpRequest」コンストラクタ - サーバーのファイルを読み込む方法
イベント
【Javascrpt】ページ読み込み時に「Javascript」を実行する方法【Javascrpt】画像読み込みが完了してから、次の処理を実行する方法【Javascrpt】「addEventListener()」の使い方 - イベントが発生したのを検知して実行する方法
要素情報
【Javascrpt】HTMLタグの「class」属性値を取得、変更する方法【Javascrpt】「querySelector()」の使い方 - HTML要素の情報を参照・設定する方法【Javascrpt】「querySelectorAll()」の使い方 - 要素内の指定した子要素を参照・設定する方法【Javascrpt】「classList」プロパティ - HTMLタグ属性値「class」の情報を参照・確認・追加・削除する方法【Javascrpt】「getElementById()」の使い方 - HTML要素の情報を「ID名」で参照・設定する方法【Javascrpt】「getElemetnsByClassName()」の使い方 - HTML要素の情報を「クラス名」で参照・設定する方法【Javascrpt】「Node.Childnodes」の使い方 - 要素内の子要素を参照・設定する方法【Javascrpt】「ParentNode.children」の使い方 - 要素内の子要素を参照・設定する方法【Javascrpt】要素の配置位置を確認する方法
Style関連
スタイル属性(色・線・大きさなど)を参照・変更する方法【Javascript】「getPropertyValue」メソッド - 指定されたCSSプロパティの値などを取得する【Javascript】「getComputedStyle」メソッド - CSSを適用したスタイルを参照する
ページ関連
【Javascript】Webページのタイトルを変更する方法【Javascript】「モニター」情報を取得する方法【Javascript】「ブラウザ」情報を取得する方法【Javascript】「ページ」情報を取得する方法【Javascript】「イベント」情報を取得する方法【Javascript】「マウス」情報を取得する方法
サイズ関連
【Javascript】要素の縦・横サイズを参照・変更する方法【Javascript】「モニター」「ブラウザ」のサイズ情報を取得する方法
端末情報
【Javascript】スマートフォンからのアクセスを識別する方法





【jQuery】ユーティリティ関数



「jQuery」のユーティリティ関数は、 便利な関数をまとめたもので、
「jQuery」オブジェクトのメソッドとは異なる。
「jQuery」のオブジェクトメソッドは、
オブジェクト(DOM要素など)に作用するメソッドだが、
ユーティリティ関数は、作用する対象は関係なく、
便利に使える関数。


書式も、
$.ユーティリティ関数名()
jQuery.ユーティリティ関数名()
という書式。
「jQuery」オブジェクトのメソッドの書式は、
$(selector).メソッド名()
という指定されてた要素にくっついた書式となる。


独自のユーティリティ関数を作成することもできる。

$.sum = function( a, b) {
return a + b;
}


$.extend({ sum: function( a, b) {
return a + b;
}
});


(function ($) {
$.sum = function( a, b) {
return a + b;
}
}(jQuery));

var ans = $.sum( 2, 3);



ユーティリティ関数の種類

ユーティリティ関数説明
$.each() 配列の値1つずつに、引数で指定した関数を実行する関数
$.map() 配列の値1つずつに、引数で指定した関数を実行する関数
$.grep() 配列の中から条件にあった値だけの配列を作成し返す関数
$.merge() 指定した配列を1つの配列に結合して返す関数
$.extend() 2つ以上のオブジェクトを引数で指定し連結して返す関数
$.inArray() 配列内に特定の値があるか確認する関数
$.makeArray() 配列のようなオブジェクトから配列を作成して返す関数
$.parseJSON() 引数に指定した「JSON」形式の文字列を「Javascript」のオブジェクトに変換して返す関数


Back

ユーティリティ関数「.each()」の使い方

「jQuery」の関数「.each()」は、
配列の値すべてに、処理を実行するための関数。
同じ用途に「map()」関数もある。
使い方もほぼ同じ。

$.each(配列, function(キーを格納する変数名, 値を格納する変数名){
実行するプログラム
console. log( "配列キー : " + キーを格納する変数名 + "<br>");
console. log( "配列の値 : " + 値を格納する変数名 + "<br>");
})

第一引数に指定した配列を、
第二引数で指定した関数で処理する。
処理の方法は、
関数の第一引数に「配列のキーを格納する変数」
関数の第二引数に「配列の値を格納する変数」
を指定して、
その後、
関数の実行プログラムに、その引数の値を使用して処理を記述する。



「jQuery」の関数「.each()」の書式


$.each()
jQuery.each()
$.each( array, function (index, value))
$.each( object, function (name, value))

$.each(配列, function(キーを格納する変数名, 値を格納する変数名))

「this」=指定配列の値(第二引数部分)



// 配列の場合
var names = ["一郎", "二郎", "三郎"];
$.each( names, function (i, val) {
console. log( i + ": " + val);
});

// オブジェクトの場合
var person = {
name: "一郎",
age: "28",
gender: "男性"
};
$.each( person, function (n, val) {
console. log( n + ": " + val);
});


for (n in person) {
console. log( n + ": " + person[n]);
}





Back