Life
知っておくと便利な電話番号部屋を効率良く「除湿」をする方法
Category
インテリア & 雑貨掃除 & 洗濯美容 & 健康Food LifeDIYCar LifeBusiness & MoneyPet LifePlant & Farming生活家電





【LifeHack】部屋を効率良く「除湿」をする方法

【LifeHack】
部屋を効率良く「除湿」をする方法




部屋を効率良く「除湿」をする方法をまとめています。


空間全体を「除湿」するなら、
「エアコン」の「除湿冷房」がよく、
部分的に「除湿」をするなら、
「除湿器」を設置するのが効率的なようです。



詳しくは、
下記をご参照ください。



「除湿」をする方法


「除湿」をする方法には、
・「エアコン」の「除湿機能」運転をする
・「エアコン」の「冷房」運転をする
・「スポットクーラー」を設置・運転する
・「除湿器」を設置する
・「除湿剤」を置く
・窓を開けて「換気」する
・「重曹」を置く
・「新聞紙」を敷く
・凍らせた「ペットボトル」を置く
・「調湿性」の高い素材でインテリアを整える
などの方法があります。


部屋全体をパワフルに「除湿」ができるのは、
・「エアコン」の「除湿機能」運転をする
・「エアコン」の「冷房」運転をする
という「エアコン」を使用する方法。
「エアコン」の「除湿機能」が、
1番効果的なようです。


Back

「湿度」による「悪影響」とは


「湿度」によって出てくる「悪影響」には、
・カビやダニの発生 ・洗濯物の生乾きや臭い
などがあります。


「湿気」の多い環境では、
「カビ」「ダニ」が繁殖しやすくなり、
「湿度」が「60〜80%」以上の状態が継続すると、
室内でもカビが発生し、
「ハウスダスト」が目立つようになります。

加えて、
「湿度」が多い状況では、
洗濯物などの濡れたものが乾かず、
干していても、「雑菌」が繁殖し、
「生乾き」の臭い匂いが発生します。


Back

「除湿機能」が高いのは「エアコン」の「除湿」or「冷房」


「エアコン」の「除湿機能」は、
・「冷房」運転
・「除湿冷房」運転
・「除湿」運転
をすると機能します。


「除湿効果」的には、
・「除湿冷房」運転
・「冷房」運転
・「除湿」運転
の順番で「除湿効果」があるそうです。

1番「除湿効果」があるのは、「除湿冷房」運転。
続いて「冷房」運転とのこと。
冷却する効果が「除湿」にとって、
とても効果的に、
空気中の水分を「結露」させ、
「除湿」をすることができるそうです。


Back

室内を「調湿性」の高い空間にする方法


室内を「調湿性」の高い空間にする方法は、
「除湿」とは少し異なります。
「調湿性」の高い素材が、
空気中の水分を吸収・放出することで、
「湿度」の増減を緩和させます。

室内を「調湿性」の高い空間にするということは、
「湿度」を一定に保つことが目的となります。

室内を「調湿性」の高い空間では、
「湿度」が高い場合は、
空気中の水分を吸収してくれますが、
「湿度」が低い場合は、
空気中に水分を放出してくれます。



室内を「調湿性」の高い空間にするには、
「調湿性」の高い素材のもので、
インテリア空間を充実させることで可能となります。


「調湿性」の高い素材には、
・シリカゲル
・木材
・炭
・漆喰
・珪藻土
・繊維素材(コットン・リネン・絹・羊毛・レーヨン・キュプラ)
・重曹
・塩
・コーヒーの出し殻
・新聞紙

・調湿壁材
・エコカラット
などがあります。


Back

「空気」が含むことができる「水分量」


「空気」の中に含められる「水分量」は、
「気温」によって変化します。
「空気」の中に含められる「最大水分量」は、
「空気」に含むことができる最大水分量「飽和水分量」とも言われます。


空気「1㎥(立方メートル」に含まれる「飽和水分量」
気温飽和水分量
40度約 50g
0度約 5g
-40度約 0g



「空気中」の「飽和水分量」を求める計算式は、
飽和水蒸気量=217×(飽和水蒸気圧 / 気温)
「水」の飽和水蒸気圧 = 6.11×10^((7.5*気温)/(気温+237.3)
「氷」の飽和水蒸気圧 = 6.11×10^((9.5*気温)/(気温+265.5)
という計算式になっている。


Back

ガンガン除湿ができる「除湿器」


ガンガン除湿ができる「除湿器」は、
「コンプレッサー式除湿器」です。

「エアコン」と同じ仕組みで、
空気中の水分を結露させることで、
「除湿」を行います。


除湿できる水分量が、
「除湿器」中でも1番優れいています。
1日の除湿量は、
性能によって異なりますが、
「5L 〜 21L」ぐらいの除湿機能があります。
他のタイプの「除湿器」より、
ずば抜けている「除湿性能」です。


とにかく多量に「除湿」をして欲しい場合は、
「コンプレッサー式除湿器」を使用する。



「除湿器」の種類は、
・コンプレッサー式
・デカント式
・ペルチェ式
という3つのタイプに分かれている。


タイプ別「除湿器」の特徴
除湿器タイプ説明
コンプレッサー式 「エアコン」が「コンプレッサー」を使用して、
空気を冷却するのと同じ方法で「除湿」をするタイプの「除湿器」。
「除湿」できる水分量が、1日「「5L〜21L」の「除湿器」が多く販売されいる。
かなりの「除湿能力」。
「除湿能力」では、1番高性能。
広い空間を素早く「除湿」できる「除湿器」。
デカント式 「除湿剤」を利用した「除湿」をするタイプの「除湿器」。
「除湿剤」から水分を取り除くことで、
「除湿」を継続的に「除湿」を行うタイプの「除湿器」。

「衣類(洗濯物)乾燥」に使われる「除湿器」。
ペルチェ式 「ペルチェ素子」によって、
空気を冷却し、結露させることで、水滴にし、
「除湿」を行うタイプの「除湿器」。

1日の除湿可能な水分量は、「400ml〜700ml」のものが多い。



見つけた「コンプレッサー式除湿器」
















Back