旅メモ
旅Memo【四国地方編】





旅Memo【香川県編】





香川県は、日本の主要4島の一つ「四国(四国地方)」の一つ。
四国地方の右上(北東)に位置する。
香川県内は、「東讃」「中讃」「西讃」というエリアに区分される。
県庁所在地は、「高松市」で、最大の都市でもある。
県内の面積は狭く、香川県の総面積は、都道府県では47位。

八十八か所の霊場を巡る四国遍路の終着点としても知られる。
戦国時代に築城された「高松城」と、江戸時代に造園された「栗林公園」が知られる。
「うどん」が美味しく「うどん県」としても知られる「香川県」。
コシのある「讃岐うどん」は美味しい。
訪れたら必ず食べたい旅グルメ。

他にも、
「こんぴらさん」の愛称で親しまれる「金刀比羅宮」、
「空海」の生誕地としても知られる「善通寺(四国八十八箇所の一つ)」、
「寛永通宝」の「銭形砂絵」で知られる「観音寺」、
対岸の倉敷市児島から坂出市にかけて海上に架けられた「瀬戸大橋」が有名。



「うどん県」として有名な「香川県」。
御当地で食べた「讃岐うどん」は、コシがあって、凄く美味しい。
名店というわけではなかったので、本場の実力は凄そう。


香川県は、自然豊かで、干潮時に海の中から現れる砂の道「エンジェルロード」や、 ウユニ塩湖と同じ、海面に上下逆さまの風景が綺麗に映る「父母ヶ浜海岸」など、 綺麗な自然を見ることができる。

他にも、 「金刀比羅宮」「高松城」「瀬戸大橋」「地中美術館」「銭形砂絵」 などがメジャー。


メジャーな旅スポット以外にも、旅スポットがある。
メジャーとも言える「地中美術館」は、建築家「安藤忠雄」の作品の一つ。



Category