旅メモ
旅メモ【中国地方編】





旅Memo【広島県編】





広島県は、日本の主要4島の一つ「本州」に位置する「中国地方」の一つ。
東に岡山県、西に山口県、北に島根県、南は瀬戸内海に面している。
県庁所在地は、「広島市」で、四国地方最大の都市。
海と山の豊富な自然に恵まれ、農業・漁業が盛ん。

第二次世界大戦において、世界で初めての「核兵器」による攻撃を受けたことで、
国際的にも知名度が高い広島県。
現在も、原爆の爆心地とされる「原爆ドーム」は残っており、平和公園として、
平和の大切さを伝える続けている。

「安芸の宮島」と言われる「宮島」の「厳島神社」は、海に建つ「鳥居」が有名な綺麗な由緒ある神社。
1996年には、ユネスコの世界文化遺産として登録された。
「宮島(厳島)」は、島全体が観光スポットになっていて、朝早くからフェリーで宮島に渡ることができる。
参道には、商店街などお土産屋さんが充実していて、食べ歩きグルメもたくさん。
おススメなのは、「牡蠣」と「揚げ紅葉饅頭(もみじまんじゅう)」。
「牡蠣」は、瀬戸内海の名産品でとても美味しい。
広島の牡蠣は全国的にも美味しいことで知られている。
「揚げ紅葉饅頭」は、広島のお土産として知られる「紅葉饅頭(もみじまんじゅう)」を揚げたもの。
揚げた饅頭は、とても美味しく、普通に食べるより美味しいと思ってます。
なので、「牡蠣」と「紅葉饅頭」は、おすすめ。


瀬戸内海でに面した美味しい食べ物が豊富な広島県。
「牡蠣」も有名な名産品の一つ。

「宮島」の「厳島神社」は世界遺産にも登録されていて、 島全体が賑やかな楽しい旅スポット。
「宮島」「厳島神社」を訪れたら、「牡蠣」と「揚げ紅葉まんじゅう」を食べたい。

広島には、世界最初の原子力爆弾の投下地点「原爆ドーム」「広島平和記念公園」もある。
時代とともに、戦争という事実から距離ができているが、忘れてはいけない、直視すべき事実の一つ。



Category


Spot