旅メモ
旅メモ【OutDoor】





【Outdoor Cooking】「アウトドア調理」の「汚れもの」は「コンテナボックス」を使うと便利






「アウトドア」での「調理」は、
自宅で料理する時の「10倍」ぐらい汚れる気がします。


洗っている時間も
楽しみたいので、
「アウトドア調理」での「汚れもの」は、
「コンテナボックス」に入れて、
持ち帰ってから「洗う」のが便利。


帰りに、
「洗剤」を振りかけておくと、
「自宅」に付くまで「漬け置き洗い」もできる。



詳しくは、
下記をご参照ください。



「アウトドア」での「洗い物」は「コンテナボックス」に入れて「持ち帰る」


「Amazon」の商品ページ

「楽天」の商品ページ
「キャンプ」「BBQ」には、
洗い物用の「コンテナボックス」が便利。


「アウトドア」で使用した

・調理器具
・焚火台
・グリル

などは、
現地で洗うのは大変。

「灰」「油汚れ」などは、
洗うことを禁止されている場所もあります。


現地で洗っても、
結局、自宅で洗い直すことも多いと思います。


「キャンプ」「BBQ」には、
「グリル」「焚火台」などが入る
大き目な「コンテナボックス」を持参すると凄く便利。

汚れものは、
すべて「コンテナボックス」に入れて、
自宅に持ち替えるだけで済みます。

自宅に到着しても、
便利が続きます。
「コンテナボックス」に、
「水」を入れて漬け込めるようにして、
「洗剤」を入れたら、
「蓋」をして翌日まで漬け込む。

翌日になって、
洗い物するときには、
汚れを簡単に落とすことができるようになっています。


荷物を持っていくのにも役立つし、
車も汚れないし、
持ち帰りも簡単。
「コンテナボックス」は良いことづくめです。



「Amazon」の商品ページ

「楽天」の商品ページ
オシャレな「コンテナボックス」の良いですが、 プラスチック製の「コンテナボックス」は、 使い勝手が良いのでおすすめ。


プラスチック製の「コンテナボックス」には、 「水」「洗剤」などを気兼ねなく入れて、 「サビ」なども気にしないで、 作業的に使えます。

「洗い物」関連には、
プラスチック製の「コンテナボックス」の方がおすすめです。



「コンテナボックス」のサイズは、
持っている調理器具で、
汚れるものの中で、
一番大きなサイズに合わせて購入すると良いです。

我が家は、
「焚火台」「網」が一番大きいので、
そのサイズに合わせた「コンテナボックス」を選んでいます。

ですが、
小さすぎても、大きすぎても、
持ち運びや積載に不便になることが多いので、
積載スペースに入るサイズを選ぶことも重要です。


「コンテナボックス」は、
現地では、「テーブル」としても利用できるので、
とても役立っています。


Back

帰り際に「洗剤」を振りかけて「漬け置き洗い」

「コンテナボックス」を活用して、
「アウトドア調理」の汚れものを持ち帰る時は、
「帰り際」に、
「洗剤」を振りかけて、
「漬け置き洗い」をしながら「帰宅」する。


「自宅」に到着して、
「洗い物」をするときには、
かなり「汚れ」が落ちていて、
手間が省けます。



「油汚れ」がメインになるので、
「アルカリ性洗剤」が有効。


「100円ショップ」で販売している
「重曹」を振りかけておくだけでも、
汚れの落ちが良くなる。
「弱アルカリ性」の「洗剤」であれば「OK」。



「油汚れ」の「漬け置き洗い」に適した「アルカリ性洗剤」

・重曹
・セスキ炭酸ソーダ
・オキシクリーン
・マジックリン(弱アルカリ性)


Back