旅メモ
旅メモ【OutDoor】





【Outdoor Cooking】「アウトドア」で「調理器具」を「綺麗にする方法」






「アウトドア」では、
「調理器具」が良く汚れる。


「洗い物」をする時間ももったいないので、
比較的、簡単に「綺麗にする方法」を覚えておくと、
時間の節約になる。



詳しくは、
下記をご参照ください。



「アウトドア」で「調理器具」を「綺麗にする方法」


「キャンプ」での「調理器具」の「片付け」は、
手間のかかる作業の一つ。

道具によって、
効率的な片付け方法が異なる。

ビニールで包むなどの、
「汚れ」が付かない方法もある。


「最終日」「日帰り」であれば、
洗わないで、持ち帰る方法もある。
大きめの「プラスチックケース」などに、
汚れ物を入れて、
自宅に持ち帰ってから洗うこともできる。

それでも、
「キッチンペーパー」で、
大まかな汚れぐらいは除去しておきたい。


「アウトドア」で「汚れ落とし」に役立つツール

・ウェットティッシュ
・トイレットペーパー
・キッチンペーパー
・アルミホイル
・ブラシ
・たわし



「調理道具」を綺麗にする方法

道具・汚れ方法
油汚れ 「トイレットペーパー」「キッチンペーパー」で拭き取る
焦げつき 「たわし」などで、優しく削り落とす。
「金属ヘラ」「金たわし」は「NG」(傷ができ焦げ付きやすくなる)。
水を「沸騰」させるだけで「焦げ付き」が除去できる事も多い。
「天日干し」を「1週間」ほどするのも効果的らしい。

他の方法は、
材質によって、「洗剤」「溶液」など方法が異なる。
「鉄」は、「空焚き」で「焦げ付き」が落ちる。
「アルミ」「銅」は、「重曹」のアルカリ性が「NG」。
「お酢」は、色々な材質の調理器具に使える。
調理器具 「キッチンペーパー」で拭き取る

「クッキングシート」を敷いて調理すると、
洗い物が少なくなる。
食器 「キッチンペーパー」で拭き取る

「アルミホイル」「ビニール」などで、
包んで使用すると、洗い物がなくなる。
鉄板 こびり付き → 金属ヘラ
油汚れ → キッチンペーパー
サビ予防 → オイルを塗る
翌日に使う → 「墨壺」に入れる(防火ケースなどに入れる)
数日使わない → 水につける


Back

「油汚れ」は「キッチンペーパー」で拭き取る


「油汚れ」は、
「キッチンペーパー」で拭き取るだけで、
かなり綺麗になります。


「キッチンペーパー」は、
油を吸着してくれるので、
「油汚れ」には最適の掃除ツールです。


汚れた食器などを一拭きするだけで、
「油汚れ」を吸着してくれて、
綺麗にすることができます。
食器をを持ち帰るときに、
かなり助かります。


「トイレットペーパー」「新聞紙」でも、
「油汚れ」を拭き取れます。
「キッチンペーパー」と比較してみると、
汚れの吸着力がわかります。


個人的には、
「油汚れ」の吸着力は、
「キッチンペーパー」が最も効果的な気がします。


Back

「鉄製」の調理器具はすぐにサビるので注意


「Amazon」の商品ページ
「鉄製」の調理器具は、
「水」を付けると、
すぐにサビるので注意が必要。


洗い物で、
「鉄製」の「フライパン」や「鉄板」などは、
「水分」に反応すると、
「30分」ぐらいで、「サビ」が発生します。
「鉄製」のものは、
油汚れのまま持ち帰る方が「サビ」が発生しないので、
「キッチンペーパー」などで拭き取るぐらいで大丈夫です。

他のものが濡れていたら、
ビニールなどに包んであげると良いです。


Back