旅メモ
旅メモ【OutDoor】





【OutDoor Hack】「テント」の「建て方」

【OutDoor Hack】
「テント」の「建て方」





「テント」の「建て方」


詳しくは、
下記をご参照ください。



「テント」を設営する「手順」


「テント」を設営する時には、
・「テントサイト」の周辺を観察する
・「火種」による「火災」にならない場所を探す
・「テント」「焚火場」などの配置場所を決める
・「雨」対策の「排水溝」などを掘る(キャンプ場では溝掘が禁止なこともある)
・「テント」を設営する場所の「整地」「石・突起物の除去」を行う。
・「テント」を設営する
といった「手順」で「テント設営」を行う。


「焚き火場」の場所を決めるのは、
火災の危険を予防するのに、
重要な項目。


「焚き火場」の上や、
火の粉が届きそうな場所には、
「木々」がないようにしたりする必要がある。
「秋」「冬」は、
火が燃え移りやすいので、
「火災」を引き起こしやすいので、注意が必要。


Back

「キャンプの設営」で「サイトの整地」はかなり「重要」


「キャンプ」では、
「キャンプサイトの整地」は、かなり重要。

「石」「木」などを取り除いて、
地面の「凹凸」などをなくす作業が、
「キャンプサイトの整地」。


キャンプでありがちの「雨」では、
地面に溜まった雨水の流れを読むことができるので、
「テント」などの配置が自然と決まってくる事もある。


「キャンプ」での
過ごしやすさが決まる作業なので、
地味だが、結構、重要な作業。



「サイトの整地」でする事と確認すること
・「石」を取り除く
・「木枝」「葉」を取り除く
・地面の「凹凸」を整える
・「傾斜」をみる(水の流れ)
・「風」の流れを把握する(焚き火の安全確保)
・「テント」「タープ」などの配置を決める


Back

「テント」の「設営方法」は出発前に必ずチェック


初めての「キャンプ」や、
「テント」の「買い替え」をした後は、
必ず「テントの設営方法」をチェックして、
「内容物の確認」をしておく。


よく、
「テント」の「建て方」を確認していない
「父親」「若い男子」が、
何度も失敗して、
嫌気が指している姿を見かける。

「部品」が足りないと、
騒いでいる人も、たまに見かけます。



「テント設営方法」は、
「説明書」を一通り確認しておくのは、必須。
できたら、
一度「テント設営」をしてみると、
2回目からはスムーズに「テント設営」ができる。


Back

「テント設営」は「テント」ごとに「コツ」がある


「テント設営」は、
「説明書」に「建て方」が記載されているが、
あくまで基本的なこと。

実際に「テント設営」をしてみて、
「自分」なりの「コツ」をつかみ、
「自分の方法」を身につける必要がある。


「1人」で設営する方法と、
「2人」で設営する方法とでは、
同じテントでも「設営方法」が異なったりする。


「テント設営」は、
完全に「慣れ」なので、
何度か「テント設営」すれば、
それほど困ることはなくなる。


Back

「テントの配置」は「立地」と「風向き」で決まる


「テント」の「配置位置」「向き」は、
「サイトの立地」「風向き」で決まる。


「焚き火」の「火の粉」で、
「テント」に穴を開けないため。
「焚き火場」は、
「テント」の「風下」に。

「雨水」の吹き込みを予防するため、
「テントの入り口」は、
「風上」に向けない。

などの、
「配置」を決めるための
「自然ルール」がある。



「テント設営」は、
ただ、「テント」を「建てる」だけではなく、
色々と予測して、行動することが必要なので、
状況によっては、
意外と、難しいこともある。

あまりに、
「配置」などで迷う場合は、
その地は、
「テント設営」に適さない場所なので、
他の場所に移動するのが良い。


Back

「熊」などの「猛獣対策」で「荷物置き場」は「テントの外」に


「テント」を設営する時は、
「熊」などの「猛獣対策」も忘れずに。


基本的に、
「熊」などの「猛獣」は、
「食料」を求めて、
「人里」などに近づいてくる。

「食料」などを「テント」に入れていると、
「熊」などが進入する可能性が高くなる。


「テントの入り口前」や、
タープの下などに、
「食料保管エリア」を設けておくと良い。


Back