RenojiStock IT 旅メモ Lifeメモ Diary AboutUs





旅の知識【国内線 機内持ち込み荷物編】



飛行機に持っていける荷物には、規則があります。
大きな荷物を持って飛行機内に入ることはできません。 指定サイズ以上の荷物は、すべて預けて貨物室で目的地に運ぶようになっています。
サイズ等の詳細は下記に記しています。


条件では、見回り品(ハンドバッグ・カメラ・傘など)のほか、「手荷物」は一つだけ。 スーツケースやボストンバッグなどで持ち込める荷物は、1人につき1個までとなっています。


他にも、保安上、機内への持ち込みができないものがあります。
国内線で代表的なのが、「刃物」「ライター」などがあります。

持ち込みNGなもの

・刃物(カッター・ナイフなど)
・ライター(マッチ・液化ガスライター(使い捨て・ガス充填式)以外)



持ち込み可能な手荷物


飛行機への持ち込み可能な荷物の条件は、
・重量 = 10kg以内
・サイズ = 指定サイズ以内
・個数 = 手荷物 1個まで
が条件となっているようです。


持ち込み可能な手荷物サイズ

国内線・国際線 飛行機の座席数 重量 3辺の合計 幅(W) 高さ(H) 奥行(D)
国内線 100席未満 10kg以内 100cm以内 45cm以内 35cm以内 20cm以内
国内線 100席以上 10kg以内 115cm以内 55cm以内 40cm以内 25cm以内
国際線 - 10kg(22ポンド)以内 115cm(45インチ)以内 50cm(22インチ)以内 40cm(16インチ)以内 25cm(10インチ)以内

国内線の基準を満たしていれば、国際線にも持込めるサイズになるようです。
ただ、注意書きに、航空会社によってサイズ基準は異なるようです。
海外の現地航空会社を利用する時は、その都度注意が必要だそうです。


正確な情報を知りたい時は、
各航空会社のホームページに詳しく掲載されているので、利用する航空会社のHPをご確認ください。