RenojiStock IT 旅メモ Lifeメモ Diary AboutUs
旅メモ
日本の旅
日本の旅【関東地方編】
日本の旅【東京編】
Topics
東京の旅【電車・バスのフリーパス編】
HOTEL&旅館
ホテル&旅館【東京編】 ホテル&旅館【東京 愛犬と一緒編】
観光情報
東京の旅【愛犬と一緒編】 東京の旅【名建築編】 東京の旅【問屋街編】 東京の旅【繁華街・商店街・市場編】 東京の旅【全国アンテナショップ 都道府県別編】 東京の旅【日本各地の伝統工芸品が買えるお店編】
OutDoor
キャンプ&BBQ スポット【東京編】 カヤック・カヌー・SUPスポット【関東~東京都編】
Nature
東京の自然【紅葉編】
Foods
東京グルメ【愛犬と一緒編】 東京グルメ【とんかつ編】 東京グルメ【ホテルビュッフェ編】 東京グルメ【お寿司編】 東京グルメ【お寿司 回転寿司編】 東京グルメ【お寿司 食べ放題編】 東京グルメ【お寿司 高級寿司編】 東京グルメ【焼肉編】 東京グルメ【焼肉 名店編】 東京グルメ【焼肉 食べ放題編】 東京グルメ【うなぎ編】 東京グルメ【らーめん編】 東京グルメ【焼き鳥編】 東京グルメ【高級店編】 東京グルメ【牛タン編】 東京グルメ【その他編】
銀座エリア
東京グルメ【銀座編】 東京グルメ【銀座 老舗編】 東京グルメ【銀座 テイクアウトグルメ編】 東京グルメ【銀座 美味しそうな焼肉編】
その他
東京グルメ 【浅草 食べ歩き編】 東京グルメ 【芝公園・浜松町 グルメ編】 東京グルメ 【その他 グルメ編】
東京の旅
皇居・日本橋エリア
東京の旅 【皇居 観光編】 東京の旅 【丸の内 観光編】 東京の旅 【東京駅八重洲口 観光編】 東京の旅 【日本橋 観光編】
銀座エリア
東京の旅【銀座編】 東京の旅【銀座 銀座デパート編】
築地エリア
東京の旅 【築地 観光編】
お台場エリア
東京の旅 【お台場 観光編】
上野・浅草・秋葉原エリア
東京の旅 【上野 観光編】 東京の旅 【浅草 観光編】 東京の旅 【浅草 グルメ編】 東京の旅 【東京スカイツリー 観光編】 東京の旅 【谷中・根津・千駄木 観光編】 東京の旅 【浅草橋・両国・蔵前 観光編】 東京の旅 【本郷・湯島 観光編】 東京の旅 【秋葉原・御茶ノ水 観光編】 東京の旅 【飯田橋・神楽坂・早稲田 観光編】
品川・六本木エリア
東京の旅 【品川 観光編】 東京の旅 【芝公園・浜松町 観光編】 東京の旅 【赤坂 観光編】 東京の旅 【六本木 観光編】 東京の旅 【六本木 グルメ編】
池袋・新宿・原宿・渋谷・恵比寿・目黒エリア
東京の旅 【池袋 観光編】 東京の旅 【新宿 観光編】 東京の旅 【新宿 グルメ編】 東京の旅 【渋谷 観光編】 東京の旅 【原宿・表参道 観光編】 東京の旅 【恵比寿・目黒 観光編】
その他
東京の旅 【その他 観光編】
訪問記
観光スポット
東京の旅 訪問記【皇居】 東京の旅 訪問記【東京駅 丸の内駅舎】 東京の旅 訪問記【築地市場】 東京の旅 訪問記【明治神宮】 東京の旅 訪問記【渋谷スクランブル交差点】 東京の旅 訪問記【六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー】 東京の旅 訪問記【羽田空港 国内線第2ターミナル展望台】 東京の旅 訪問記【東京タワー編】 東京の旅 訪問記【浅草・浅草寺・雷門】 東京の旅 訪問記【武蔵御嶽神社編】 東京の旅 訪問記【高尾山編】 東京の旅 訪問記【深大寺編】 東京の旅 訪問記【桜の名所 千鳥ヶ淵編】
Foods
東京グルメ 訪問記【築地 すし好 総本店 編】 東京グルメ 訪問記【墨田区 江戸東京 寿し常 東京ソラマチ店編】 東京グルメ 訪問記【南砂 やわらか豚かつ【マ・メゾン」SUNAMO店編】 東京グルメ 訪問記【豊洲 味噌樽編】 東京グルメ 訪問記【お台場 豚骨らーめん【二代目 博多だるま」編】 東京グルメ 訪問記【お台場 麺屋はなび 編】






伝統と格式のある東京の大きな神社【明治神宮編】



Map
明治神宮 Image ペットNG
Address : 東京都渋谷区代々木神園町1−1



2014年7月下旬に訪問。

明治神宮は、ペットの同伴は完全にNG。
車に残して、人だけ参拝することもNGとなっていて、敷地内の駐車場にも入ることはできないとのこと。
愛犬を車に残して参拝する場合は、近隣の時間貸しの駐車場を利用するしかないので、車内が高温にならない季節のみ訪れることができる。


日本屈指のパワースポットとしても知られている「明治神宮」。
「明治天皇」と「昭憲皇太后」を祀る神社で、ミシュランでは、三ツ星を獲得する東京を代表する観光スポット。
「明治天皇」と「昭憲皇太后」の崩御後、大正9年(1920年)に創建されているので、日本の神社の歴史の中では、新しい神社らしいのですが、その雰囲気は由緒ある神社のようになっています。

初詣には、毎年、日本一の参拝者数となる人が押し寄せて、長い行列を作ってます。

東京の中心にありながら、神聖な雰囲気を持つ由緒ある神社で、外国人観光客にも人気の観光地。
参拝している人の半分ぐらいが外国の人かもしれないくらい多いです。

原宿駅に近く、竹下通りや表参道などの人気の商業エリアにもアクセスしやすいので、参拝した後は、ショッピングなども楽しめます。





東京の原宿駅からすぐ近くに、明治神宮の入り口となる鳥居「一の鳥居」がある。
駐車場は、この鳥居の右側に車道があるので、警備員さんに誘導されて進む形式になっています。

木々の間から差し込む光が、時間帯や季節によってとても綺麗な風景をみせてくれます。
明治神宮の一体は、代々木公園と隣り合っていて、東京の中では、凄く広い範囲で自然が残っているエリア。
明治神宮の参道にも、大きな木々の中を歩いて本殿に向っていて、神聖な雰囲気が感じられる空間になっています。

明治神宮周辺の木々は、明治神宮が建立されたときに、全国から約10万本の献木を植栽した人口林とのこと。


原宿方面からくると、2つ目の鳥居「大鳥居」。
神聖な雰囲気が増してきて、本殿に近づいていることがわかります。
パワースポットで人気の「清正井」への入り口は、鳥居を過ぎて左側にあります。
小さいので知らないと気付かないこともありそう。
突き当りを右に曲がると、いよいよ本殿です。


本殿エリアへの入り口となる鳥居「南玉垣鳥居」。
森の中を歩いてきて、ここから空も開けて開放的な空間が現れます。

明治神宮の本殿への入り口のようになっていて、みごとな宗教建築が広がります。
社殿を囲む東西南の門の一つ「南神門」。
伊勢神宮の神明造りを模して造られた明治神宮なので、門も神明造りになっているとのこと。

本殿の前には、広い石畳の空間が広がっていて、この日も結婚式の列が歩いていました。
近くにいた人たちは、珍しい光景に注目している感じで、日本の文化への関心が高そうでした。

本殿前に来ると、たくさんの人が参拝していました。
本殿前の階段を上がると、撮影禁止エリアになるらしく、警備員さんもいるので注意。
本殿内は、撮影禁止です。


清正井(きよまさのい/きよまさのいど)。
気の吹き出し口である「龍穴」として知られているパワースポット。
毎分60リットルの湧水が湧き出ているとのこと。
かなり強力なパワースポットらしく、訪れると良いことが起こると言われていて、清正井の写真を携帯の待ち受け画面にすると良いとされているそうです。
一時期、テレビなどで放送され、たくさんの人が訪れるようになったときは、負の感情が集まり過ぎて、良くないパワースポットになってしまっていたそう。
現在は、それ程の混雑がなくなったので、平穏を取り戻しているらしい。

訪れてみると、午後だったせいか人はほとんどいませんでした。
午前中に訪れるのが良いとのことだったので、誰もいなかったのかも知れません。
清正井の料金所から、かなり歩いてたどり着く場所に清正井はありました。

覗いてみると、湧水が本当に綺麗。
エメラルドグリーンの色に見えるので、神秘的な感じがします。
なんだかんだで、諸説ありますが、綺麗な湧水がたくさん湧き出る気持ちの良い場所です。
訪れてなんだか良い気分になりました。
それだけで良いスポットな気がします。









Gallery






アクセス