RenojiStock IT 旅メモ Lifeメモ Diary AboutUs
旅メモ
旅メモ【日本編】
旅メモ【関東地方編】
旅メモ【東京編】
Topics
旅Info【東京 電車・バスのフリーパス編】
旅の宿
旅の宿【東京編】 旅の宿【東京 愛犬と一緒編】
OutDoor
アウトドア【東京 ビーチ & 海水浴場編】 アウトドア【東京 キャンプ&BBQ スポット編】 アウトドア【東京 カヤック・カヌー・SUPスポット編】 アウトドア【東京 暑い夏にはプール編】
Shopping
旅の買い物【東京 ホームセンター編】 旅の買い物【東京 ショッピングモール編】 旅の買い物【東京 フードマーケット編】 旅の買い物【東京 問屋街編】 旅の買い物【東京 繁華街・商店街・市場編】
Foods
旅グルメ【東京編】 旅グルメ【東京 愛犬と一緒編】 旅グルメ【東京 お台場 愛犬と一緒編】
Category
旅グルメ【東京 御当地レストラン編】 旅グルメ【東京 おみやげ編】 旅グルメ【東京 とんかつ編】 旅グルメ【東京 ホテルビュッフェ編】 旅グルメ【東京 お寿司編】 旅グルメ【東京 お寿司 回転寿司編】 旅グルメ【東京 お寿司 食べ放題編】 旅グルメ【東京 お寿司 高級寿司編】 旅グルメ【東京 焼肉編】 旅グルメ【東京 焼肉 銀座編】 旅グルメ【東京 焼肉 名店編】 旅グルメ【東京 焼肉 食べ放題編】 旅グルメ【東京 焼肉 食べ放題 銀座編】 旅グルメ【東京 うなぎ編】 旅グルメ【東京 中華料理編】 旅グルメ【東京 らーめん編】 旅グルメ【東京 焼き鳥編】 旅グルメ【東京 高級店編】 旅グルメ【東京 牛タン編】
エリア
旅グルメ【東京 銀座編】 旅グルメ【東京 銀座 焼肉編】 旅グルメ【東京 焼肉 食べ放題 銀座編】 旅グルメ【東京 銀座 老舗編】 旅グルメ【東京 銀座 テイクアウトグルメ編】 旅グルメ【東京 築地編】 旅グルメ【東京 豊洲編】 旅グルメ【東京 浅草 食べ歩き編】 旅グルメ【東京 芝公園・浜松町編】
東京の旅
旅スポット【東京編】 旅スポット【東京都 金運のご利益がある神社編】 旅スポット【東京 愛犬と一緒編】 旅スポット【東京 百貨店・デパート・商業施設編】 旅スポット【東京 名建築編】 旅スポット【東京 名建築編】 旅スポット【東京 全国アンテナショップ 都道府県別編】 旅スポット【東京 日本各地の伝統工芸品が買えるお店編】
Nature
旅スポット【東京 紅葉編】
皇居・日本橋エリア
旅スポット【東京 皇居編】 旅スポット【東京 丸の内編】 旅スポット【東京 東京駅八重洲口編】 旅スポット【東京 日本橋編】
銀座エリア
旅スポット【東京 銀座編】 旅スポット【東京 銀座 銀座デパート編】
築地エリア
旅スポット【東京 築地編】
お台場エリア
旅スポット【東京 お台場編】 旅スポット【東京 豊洲編】
上野・浅草・秋葉原エリア
旅スポット【東京 上野編】 旅スポット【東京 浅草編】 旅スポット【東京 東京スカイツリー編】 旅スポット【東京 谷中・根津・千駄木編】 旅スポット【東京 浅草橋・両国・蔵前編】 旅スポット【東京 本郷・湯島編】 旅スポット【東京 秋葉原・御茶ノ水編】 旅スポット【東京 飯田橋・神楽坂・早稲田編】
品川・六本木エリア
旅スポット【東京 品川編】 旅スポット【東京 芝公園・浜松町編】 旅スポット【東京 赤坂編】 旅スポット【東京 六本木編】
池袋・新宿・原宿・渋谷・恵比寿・目黒エリア
旅スポット【東京 池袋編】 旅スポット【東京 新宿編】 旅スポット【東京 新宿 グルメ編】 旅スポット【東京 渋谷編】 旅スポット【東京 原宿・表参道編】 旅スポット【東京 恵比寿・目黒編】
その他
旅スポット【東京 市区町村編】
訪問記
観光スポット
旅スポット訪問記【東京 皇居】 旅スポット訪問記【東京 東京駅 丸の内駅舎】 旅スポット訪問記【東京 築地市場】 旅スポット訪問記【東京 明治神宮】 旅スポット訪問記【東京 渋谷スクランブル交差点】 旅スポット訪問記【東京 六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー】 旅スポット訪問記【東京 羽田空港 国内線第2ターミナル展望台】 旅スポット訪問記【東京 東京タワー編】 旅スポット訪問記【東京 浅草・浅草寺・雷門】 旅スポット訪問記【東京 武蔵御嶽神社編】 旅スポット訪問記【東京 高尾山編】 旅スポット訪問記【東京 深大寺編】 旅スポット訪問記【東京 桜の名所 千鳥ヶ淵編】
Foods
旅グルメ訪問記【東京 築地 すし好 総本店 編】 旅グルメ訪問記【東京 墨田区 江戸東京 寿し常 東京ソラマチ店編】 旅グルメ訪問記【東京 南砂 やわらか豚かつ【マ・メゾン」SUNAMO店編】 旅グルメ訪問記【東京 豊洲 味噌樽編】 旅グルメ訪問記【東京 お台場 豚骨らーめん【二代目 博多だるま」編】 旅グルメ訪問記【東京 お台場 麺屋はなび 編】






愛犬と登山ができる人気の山【高尾山編】



2017年5月下旬に訪問。

愛犬と行ける登山スポット「高尾山」。
土曜日の朝から愛犬と散歩登山。




高尾山は、東京都の八王子にある標高599mの山。
東京都心から近く、すごく人気の登山スポット。
高尾山の頂上と中腹にある「薬王院」は、パワースポットとしても有名です。



高尾山の登山道は、いくつかに分かれていて、
ケーブルカーとリフトを使って、途中まで乗っていくことができます。
もちろん、ケーブルカーとリフトの両方に愛犬と一緒に乗ることができます。
リフトは抱っこでOKですが、暴れて落としてしまわないように、スリングかキャリーバッグが無難。
ケーブルカーは、頭まで隠れるキャリーバッグかケースが必要で、レンタルもある。
我が家は、行きはケーブル、帰りはリフトでした。
リフトの方が、写真も撮れて、愛犬と楽しめた感じです。
ケーブルカーも前後の窓が開いているので、
ポジションが良ければ、窓の汚れを気にせず、写真がたくさん撮れます。


今回の登山コースは、一番整備されている「1号路」。
「1号路」は、ほとんどアスファルトの初心者向きの登山コースです。
とは言っても、足も疲れるし、汗もかくコース。
途中の「薬王院」を通るルートなので、「御朱印」もいただけます。




薬王院の御朱印は、
達筆な若い方がいらっしゃるようです。


薬王院までは、のんびりと緩やかな整備されたアスファルトの道。
薬王院の「本堂」「本社」「奥之院」へ向かう道から、急な階段になります。
「1号路」コースの唯一の急斜面エリアです。




写真は、「本堂」へ向かう階段と「本社」へと向かう階段で、
「奥之院」へと向かう同じぐらいの階段がもう一つ。
「奥之院」の脇を抜けていくと、頂上への登山道です。
ここを乗り切ってしまえば、
あとは、それ程きつくない坂道を歩いていくと頂上です。




「奥之院」を出ると、
高尾山の尾根に出るようで、尾根を歩いて頂上へ向かう感じです。
なので、下り坂もあって、また昇る感じです。
森の中を気持ちよく歩けるエリアを過ぎると、
頂上まで5分ぐらいで到着です。




頂上に到着すると、
太陽が照らしてくれて、凄く明るく開けます。
高尾山頂上の頂点マークが大きく備え付けられています。
飲食店やビジターセンターなど、かなり充実したエリアになってました。
ちょこっと奥に行くと、隣の山々を見渡せる展望エリアがありました。
麓では曇っていた天気が、頂上では晴天へ。
少しモヤってましたが良い天気に。
天気が良く、空気が澄んでいると、奥に富士山も見えるらしいです。
残念ながら、今回はモヤっていて富士山までは見れず。


頂上では、飲み物の自動販売機や売店もあるので、
20分ほど休憩です。
他の山々をトレッキングする人は、ここで水分などを補充しているみたいでした。
頂上なのに飲食店も充実。
カレーやラーメン、蕎麦にアルコールなど、何にも困らない登山スポットかもしれません。
ですが、救助が必要な事故も起きているようです。
何件の事故が起きたかを場所ごとに記述されている看板もあって、
初心者向きでも、危険のある登山です。



帰り道は、「3号路」方面へ。
「3号路」方面は途中で、
「3号路」と「薬王院」の本堂下に出るコースへと分岐しているので、
「薬王院」本堂下へに出るルートで下山です。
車が通れるぐらいの道ですが、砂利道です。
「1号路」のような急階段がないので、歩きやすいルート。



下山して駐車場に戻るまで、約4時間の行程でした。
途中で、のんびりしたり、かき氷を食べたりしての時間なので、
早い人であれば、2~3時間以内には往復できてしまいそう。
いつも途中で疲れて抱っこして欲しいとせがむ愛犬が、
今回は、急階段以外は、ほとんど完歩。
楽しそうな登山散歩でした。


朝一番で、ケーブルカーに乗ったのですが、
下山中に登ってくる人の多さに圧倒されました。
普通の週末なのに、人の多さに驚きます。
さすが高尾山。


ですが、高尾山が人気なのも行ってみるとわかります。
お店が充実していて、自然も綺麗で豊か、
季節を変えて、また訪問してみたいと思う方も多いはずです。

楽しい高尾山でした。




Gallery





アクセス




高尾山の麓には、駐車場がたくさんあります。
JR高尾山口駅の近くに大きな駐車場があるので、今回は駅前駐車場に駐車。
高尾山は、人気の登山スポットなので、朝8時ぐらいには、ほぼ満車状態になるようです。
朝8時ぐらいに訪問しましたが、9割ぐらいは駐車されていました。