RenojiStock IT 旅メモ Lifeメモ Diary AboutUs
旅メモ
旅メモ【日本編】
アウトドア
Topics
ドローンの飛ばせる場所 アウトドアで使えるカメラ 暑い夏に遊べるスポット【大きなプール編】
Nature
環境省選定の綺麗なビーチ「快水浴場百選」
OutDoor Sports
アウトドアスポーツ【愛犬と一緒編】 アウトドアスポーツ【シュノーケリングスポット編】 アウトドアスポーツ【Fishing 釣って食べれる飲食店編】
OutDoorInfo
OutDoor Hack(アウトドアハック) OutDoor Goods(アウトドア グッズ) OutDoor Fashion(アウトドア ファッション) OutDoor Shop(アウトドア ショップ)
Camp & BBQ
手軽に豪華なキャンプができるグランピング施設 BBQの持ち物
BBQ Goods
コンパクトに長方形のケースになるBBQグリル 円形のコンパクトでシンプルなデザインの焚き火台
キャンプ
釣りに必要おな道具 色々と欲しくなるキャンプ道具の揃え方 キャンプの住まい「テントとタープ」 グランピングって? コンパクトに長方形のケースになるBBQグリル 円形のコンパクトでシンプルなデザインの焚き火台
All Season
登山・トレッキング・ハイキング
「登山」「トレッキング」「ハイキング」の違い バックパック(リュック)の選び方 アウトドアの持ち物【ハイキング・日帰り編】 アウトドアの持ち物【登山・トレッキング・宿泊編】
Summer
SUP(スタンドアップパドル) カヤック・カヌー
Winter
愛犬と一緒に遊べるスキー場










バックパック(リュック)の選び方



バックパックは、リュックなどとも呼ばれていますが、だいたい一緒のもの。
リュックと呼ぶと横長でファッション性をあまり感じないように感じるのは自分だけでしょうか。。。。
バックパックの方が使いやすい感じがします。
最近では、ファッションとしても注目されて、アウトドアだけでなく、普段使いのファッションとしてのバックパックも多くなりました。



普段使いバックパックの選び方

普段使いのバックパックは、容量が20L〜30Lのバックパックであれば問題はない。
荷物が多めの人ならば30Lのサイズがベスト。

普段使いで選ぶ時に大切なのは、荷物の量よりも、
身体のサイズとバックパックのサイズが合っているいるかが大切かも。
体が大きいと容量が小さいバックパックは違和感を感じるので、体のサイズにあった容量を選ぶのが大切。
逆もしかりで、小さい身体の人が、大きすぎるバックパックを使うのも、子供っぽさを強調してしまうかも。
体に合ったサイズが、自分にとっての一番小さいサイズなので、
あとは、それ以上の必要に合った容量を選択すると、サイズ選びに失敗しない。

身長180cm越えの自分は、30L以下のバックパックは、ランドセルを背負った大人状態になってしまうので、
30L以上のバックパックしか持っていない。



アウトドアのためのバックパックの選び方

アウトドアのバックパックも、自分の身体にあったサイズのバックパックを一番小さいサイズとして、
用途にあった容量のサイズを選び出します。

加えて、アウトドア用のバックパックは、
ドリンクホルダーにもなるサイドポケットが付いていることが必須。
なんだかんだいって、一番邪魔にならなくて、とりやすいので、
サイドポケットにドリンクが挿せるのが良い。
サイドポケットの深さも重要で、浅すぎると、途中で落としてしまうこともあるので、
サイドポケットは深いものが良い。




バックパックの容量

容量用途
〜35L普段使い、日帰りのハイキング・トレッキング・登山。
30L〜45L1泊〜2泊ぐらいの旅行・ハイキング・トレッキング・登山など。
45L〜バックパッカーでの海外旅行や、2泊以上の旅行・ハイキング・トレッキング・登山など。



バックパックのサイズ

項目説明
縦(H)バックパックの荷物部分の縦幅。
横(W)バックバックの荷物部分の横幅。
奥行き(D)バックパックの荷物部分の奥行き。
容量縦・横・奥行きから算出した荷物部分の容量。
トルソーサイズ 背中の長さを表すサイズ。
首の付け根部分の背骨から腰骨と背骨の結合部分までの長さをいう。
本格的なバックパックには、いくつかのサイズが用意されているが、
容量の小さいサイズでは、トルソーサイズは一つしかないので、気にする必要はない。