RenojiStock IT 旅メモ Lifeメモ Diary AboutUs
旅メモ
旅メモ【日本編】
アウトドア
Topics
ドローンの飛ばせる場所 アウトドアで使えるカメラ 暑い夏に遊べるスポット【大きなプール編】
Nature
環境省選定の綺麗なビーチ「快水浴場百選」
OutDoor Sports
アウトドアスポーツ【愛犬と一緒編】 アウトドアスポーツ【シュノーケリングスポット編】 アウトドアスポーツ【Fishing 釣って食べれる飲食店編】
OutDoorInfo
OutDoor Hack(アウトドアハック) OutDoor Goods(アウトドア グッズ) OutDoor Fashion(アウトドア ファッション) OutDoor Shop(アウトドア ショップ)
Camp & BBQ
手軽に豪華なキャンプができるグランピング施設 BBQの持ち物
BBQ Goods
コンパクトに長方形のケースになるBBQグリル 円形のコンパクトでシンプルなデザインの焚き火台
キャンプ
釣りに必要おな道具 色々と欲しくなるキャンプ道具の揃え方 キャンプの住まい「テントとタープ」 グランピングって? コンパクトに長方形のケースになるBBQグリル 円形のコンパクトでシンプルなデザインの焚き火台
All Season
登山・トレッキング・ハイキング
「登山」「トレッキング」「ハイキング」の違い バックパック(リュック)の選び方 アウトドアの持ち物【ハイキング・日帰り編】 アウトドアの持ち物【登山・トレッキング・宿泊編】
Summer
SUP(スタンドアップパドル) カヤック・カヌー
Winter
愛犬と一緒に遊べるスキー場










色々と欲しくなるキャンプ道具の揃え方



見つけた情報をメモしています。
参考程度にご利用ください。



アウトドアの季節の春になると、アウトドア道具が気になり始めますね。
アウトドアをこれから始めようとする人もいると思いますが、
キャンプ道具を揃えるのはコツがあります。
最初にたくさんの道具を購入すると、必ず全て買い替えることになります。
よくわからないで購入したものは、後々買い替えの対象になりやすい。

アウトドア道具は、コツコツと揃えるのが大切。
最初が肝心なので、良かったら参考にしてください。



キャンプ道具の揃え方


キャンプ道具の揃え方は、
・最低限のキャンプ道具を揃える。
・キャンプに行ってみる。
・必要なものを買い足す。
です。

最低限必要なものだけを揃えて、実際に使ってみてください。
キャンプでなくてもBBQでもOKです。
とにかく道具を使うのです。
実際に道具を使うと、
次に何を購入すべきかが自然とわかります。

ですが、最低限必要なものは当然あります。
キャンプでは、必ず「屋根」「寝床」「ライト」「食べ物」が必ず必要になります。

最低限必要なキャンプ道具

最低限必要な道具があれば、とりあえずキャンプはできる。
後は自分のこだわりで、必要なものを加えれば良いだけ。
自分のキャンプスタイルが決まっていれば、おのずと必要なものが出てくるので、
決まっているようであれば加えればよいだけ。

キャンプ道具代用可否説明
テント コテージに宿泊するなら必要なしだが、
キャンプには基本必須。
タープ 日よけなので、季節によっては不要な場合もあるが、
夜は光を反射させて明るくしてくれるので涼しい季節でも必須。
シュラフ 夜は、意外と冷えるので必須。
マット テントの下は土なので、かなりゴツゴツ。
身体を休めるには、マットは必須。
一度マットなしで寝ればわかる。
ランタン 絶対に必須のキャンプ道具。
夜は、明かりがないと本当に困る。
ライト ヘッドライトが良い。
手ぶらで作業ができるので、何をしていても便利。
懐中電灯でも良いが、片手がふさがるのが難点。
ナイフ・折りたたみナイフ・万能ナイフ 調理をはじめ、色々なシーンで役立つツールの一つ。
キャンプに行くときは、万能ナイフを最低一つは持っていきましょう。
ファーストエイドキット 裁縫セット、虫よけ、虫刺され、バンドエイド、ガーゼ、消毒液、傷薬、風邪薬、常備薬など。
念のためツールを用意しておく。
火消し壺(炭壺) 火を使うなら必須の道具。
風が強い日に、火を放置していると山火事になって大変なことになる。
食材 食材は、現地周辺でも購入可能だが、
忘れると、数時間かけてお店まで買いに行くことになることもある。
焚火台・バーナー代用可能 直火で焚火ができるなら問題ないが、基本必須。
基本的に直火の焚火はNG。
家庭用コンロで代用可能。
クッカー(調理器具)代用可能 レトルトでも、作るのに必要になるが、
家庭用のフライパン・鍋などでもOK。
プレート・カトラリー代用可能 家庭用のカトラリーでもOK。
家庭用のカトラリー・割りばし・使い捨てカトラリーなどでもOK。
ペグハンマー代用可能 金槌など
革グローブ代用可能 軍手・鍋つかみ
チェア代用可能 ビニールシート
テーブル代用可能 段ボールなど



道具を少しずつ揃えるのもアウトドアの楽しみの一つ。
必ず次のキャンプまでに、道具が1つ以上増えていくでしょう。
車まで買い替えてしまうかもしれません。
アウトドア仕様の車に。。。。

アウトドアを楽しめるようになったら、ご注意を。。。。。