RenojiStock IT 旅メモ OutDoor Lifeメモ Diary AboutUs
OutDoor

ドローンの飛ばせる場所



現在のドローンでは、
・飛行ができない場所
・許可を経て飛行できる場所
・飛行できる場所
の3つに区分されているようです。

飛行ができない場所は、空港施設や重要施設の周辺地域、高度150m以上などの規制がかかっている場所。
許可を経て飛行できる場所は、人口集中地域など。
飛行できる場所は、規制がなく、飛行に許可が必要ないところになる。

基本的に、東京や、街では、ドローンを飛ばすことはできない様子。
ドローンが飛ばせる場所は、人がいない自然豊かなところ。
もしくは、屋内。
自宅の中であれば、ドローンは自由に飛ばすことができます。

許可を得て飛行する場合は、国土交通省に許可を申請して許可を得ることで、都内や街中でも飛行させることはできるようです。



規制の対象になるドローン


規制対象のドローン要件

・200g以上のドローン(機体本体とバッテリーの総重量の合計)


規制の対象にならない機体

・200g未満のドローン(機体本体とバッテリーの総重量の合計)
・ゴム動力飛行機


規制対象にならない機体は、「模型航空機」に分類されるため、規制の対象にならない。
ドローンに必要な許可などがなくても飛行可能。
従来から存在する航空法第99条2規制(空港等周辺や一定の高度以上飛行については国土交通大臣の許可等) は適用される。
一般的な飛行であれば、許可は不要となる。




ドローンが飛行可能な場所


・規制されていない飛行可能区域
・屋内
・ドローン飛行場


簡単に言えば、人がいない自然の多いところで飛ばせるということらしい。
東京都内は、ほとんど飛行ができないことになっているようです。
公園内も基本的にドローンの飛行は禁止だそうです。
自然豊かな場所に行くしかないようですね。

撮影などで、都内での飛行が必要な場合は、許可申請をすることで飛行許可が得られるそうですが、
操縦実績などの条件があるようです。
そして、許可までに時間もかかるとのこと。



ドローンを飛行させるときに覚えておく必要があるのが、飛行禁止区域。
航空法による禁止区域以外にも注意が必要なので、必ず覚えておく必要があるようです。



飛行可能な区域でも許可が必要なケース


・夜間飛行(原則、ドローンの飛行は、日の出から日没まで)
・人やモノから30m以内の場合(撮影対象以外から一定の距離を保つ必要がある)
・イベントなどの上空飛行(一時的に人が密集するエリアでの飛行は禁止。イベントの場合、主催者などの許可が必要)
・目視できない飛行(GPSなどによる自動飛行による広域飛行など)
・危険物の輸送
・ドローンからの物体の投下





飛行をしてはいけない場所・条件


・航空法に定められたドローン飛行禁止区域
・【航空法】空港・重要施設の周辺区域上空(空港などから10km圏内)
・【航空法】人口集中区域(人口集中地区(DID)
・【航空法】150m以上の高さ
・飛行可能な区域でも許可が必要なケース
・人の私有地
・プライバシーを侵害しない場所
・国の重要な建物・場所を中心に半径300m
・人・建物から30m以内
・東京都立公園・庭園
・目視外飛行



具体的に、航空法では、どのようなエリアが禁止なのか?をまとめると意外とシンプル。
だが、都内ではほぼ飛行が規制されていてドローンの飛行は不可能。
飛行させるには国土交通省の許可が必要になる。


航空法に定められたドローン飛行禁止区域


・空港・重要施設の周辺区域上空(空港などから10km圏内)
・人口集中区域(国土地理院が交付している地図「「人口集中地区(DID)」で確認する)
・150m以上の高さ




人口集中区域でドローン飛行するための許可申請


ドローンを都内や街中などの人口集中区域で飛行させるためには、「国土交通省」に許可申請をして許可をエル必要がある。



航空法に定められている飛行禁止区域は、意外とシンプルでわかりやすいですね。
航空法以外にも注意が必要なのが、飛行可能区域でも許可が必要なケースがあるということ。
例外的ですが、これも覚えておく必要があります。




普通のラジコンと違って、色々と注意が必要なドローン。
ですが、映像や写真をやっている人にとっては魅力的なツール。
他にも新しい産業にと利用され始めているので、これからどんどん進化を遂げていきそうです。