Life
Food
【FOOD】美味しい「ホルモン」の種類【FOOD】「和からし」と「マスタード」の違い【Kitchen】フライパンの種類と選び方【Kitchen】アルミ製フライパンの使い方
DIY
【DIY】DIYに使える便利な部品【DIY】あると便利なDIYツール
電動工具
【切削加工】「ルーター」「トリマ―」
健康
【健康】熱中症対策【冷却スプレーの仕組み】【健康】「痛風」になってしまった!!時の対応方法【健康】筋肉痛を解消する方法【健康】確実にダイエットをする方法
掃除
【掃除】「部屋」を綺麗に掃除する方法【掃除】「キッチン」を綺麗に掃除する方法
洗濯(Washing)
【洗濯】汚れが良く落ちる弱アルカリ性洗剤【洗濯】洗濯物が臭い時の対応策【洗濯】シミ取りの方法【洗濯】アイロンのかけ方
Money
【Money】シワシワのお札を綺麗にする方法
Car Life
【Car】車にできた凹みを修理する方法【Car】車にできた傷を修理する方法【Car】迷惑駐車に遭遇した時の対処方法Past Topics【Car Life】
Pet
【Pet】愛犬と暮らすインテリア【ベッド編】【Pet】気に入ったPet Goods【ドッグウェア編】【Pet】気に入ったPet Goods【愛犬散歩グッズ編】【Pet】気に入ったPet Goods【愛犬との旅行編】【Pet】愛犬が液体を吐いた時の対処方法





【洗濯物】シミ取りの方法

【洗濯物】
シミ取りの方法




「シミ取り」といっても、
「シミ」の原因によって、
「シミ取り」に使う道具は異なります。

「シミ」の原因の性質にあったものを使うことで、
洋服などの「シミ」を落とすことができます。








外出先での緊急の染み抜き対応方法


外出先で、
服にシミが付いてしまうことって、
たまにあります。

「シミ取り用ツール」を持っている人って、
あまりいないような気がします。

でも、
シミが付いたときは、
すぐに対処したいもの。

外出先で、急にシミ取りをしたい時に使えるツールは、

・ウェットティッシュ(水性の汚れ)
・クレンジングシート(油性の汚れ)
・アルコールシート(油性の汚れ)
・アルコール消毒液(油性の汚れ)

などがあります。
擦らずに、叩くようにして、
シミ汚れを落とすことができます。
緊急対応用で染み抜き用では無いので、
応急処置程度で利用できると考えてください。
染み抜き用洗剤にはかないません。


すべてコンビニで手に入るものですし、
バッグの中に入れて置けて、
他の用途でも使えるので、
便利なアイテムです。


Back





「シミ取り用洗剤」の選び方


「シミ取り用洗剤」は、
「液体タイプ」が主流で、
液体タイプの「シミ取り用洗剤」をどう使うかの工夫がされているみたいです。
「水性汚れ」「油性汚れ」「酸性汚れ」「アルカリ性汚れ」のすべてに対応しているようなので、
1本あれば、ほとんどの汚れに対応できるようになってます。
詳しくは、「シミ取り用洗剤」の裏側にある説明に、それぞれの特性が書いてあるので、
シミ汚れにあった「シミ取り用洗剤」を購入してください。


「シミ取り用洗剤」の使用形態は、
・液体ボトルタイプ
・スプレータイプ
・携帯タイプ
・電動タイプ
などがあるみたいです。

狭い範囲のシミ汚れには、
・液体ボトルタイプ
・携帯タイプ
などが良く使われています。
シミ汚れに、「シミ取り用洗剤」を付けてから洗う時に便利です。


広い範囲のシミ汚れには、
・スプレータイプ
が便利です。
シミ汚れに、スプレーを吹きかけるだけでよいので、
漬け置き洗いなどには便利そうです。


乾いた頑固なシミ汚れには、
・電動タイプ
が便利。
電動で振動して叩き出しをしてくれるので、
めったにないけど、
一家に一台あると便利だと思います。



評判のシミ取り用洗剤

評判のいい「シミ取り用洗剤」として知られるのは、

ライオン「トップ プレケア シミ用」
圧倒的な洗浄力
すべての汚れに落としてくれるダントツの洗浄力らしい。液体タイプで常備するならこれ。
グラフィコ「オキシクリーン マックスフォース」
人気の酸素系漂白剤
倉庫系ホールセールストア「コストコ」で知られる人気の酸素系漂白剤「オキシクリーン」シリーズの「シミ取り洗剤」
花王「ワイドハイター クリアヒーロー ラク泡スプレー」
酸素系漂白剤でおなじみ「ワイドハイター」の「シミ取り用漂白剤」。シミ汚れにスプレーするだけの便利アイテム。

などの洗剤があります。


圧倒的な洗浄力と高評価のライオン「トップ プレケア シミ用」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ライオン トッププレケアシミ用 160ml
価格:299円(税込、送料別) (2021/9/3時点)


ライオン「トップ プレケア シミ用」は、
かなりの洗浄力で、「シミ取り用洗剤」の中ではトップクラスらしいです。

シミ汚れを叩きやすいスポンジヘッドになっているので、
手を汚さずに、シミ汚れに洗剤を付けれるようになっています。

圧倒的な洗浄力ということで、
家に常備しておくのは、この一本という人も多いそうです。
個人的には、スプレータイプも欲しい気がします。
叩き出し用にこの一本とスプレータイプの一本と2つ欲しい。

コストコで人気の漂白系洗剤「グラフィコ「オキシクリーン マックスフォース」」


凄く人気なのか、結構高めのグラフィコ「オキシクリーン マックスフォース」。
使ったことがないけど、
評判が良いのでメモ中。

洗濯前に汚れにスプレーしておくと、
シミ汚れも凄く綺麗になるという評判。

でも、価格が高いのが気になる。。。。。
コストコで購入するなら安いのかな?

定番の酵素系漂白剤「ワイドハイター」シリーズの花王「ワイドハイター クリアヒーロー ラク泡スプレー」


定番の漂白剤「ワイドハイター」シリーズの「シミ取り用漂白剤」。
花王「ワイドハイター クリアヒーロー ラク泡スプレー」。

手ごわいシミも綺麗にしてくれると評判。
定番の「ワイドハイター」シリーズで、
安心の「花王」ブランド。


自宅に欲しい「染み抜き用電動振動ハンディ」





Back





「血液」のシミを落とす方法


「血液」のシミは、
必ず「水洗い」で洗い落とします。
「お湯洗い」は、
血液成分を溶かして、
汚れを広げてしまいます。

「水洗い」でも落ちない「血液」の汚れは、
「大根おろし」を使用して落とします。
「大根」に含まれる「酵素」によって、
シミを落とすことができます。

適量の「大根おろし」を布などで包み、
「血液」のシミ部分を叩き落とします。


Back





「果汁」のシミを落とす方法


「果汁」のシミは、
軽いものであれば、
「お酢」で落とすことができます。

「果汁」が洋服についた場合、
すぐにつまみ洗いをすれば、
シミにならないので大丈夫。

「果汁」が付いたのを、
放置しておくと、
茶色い頑固なシミになります。
茶色い頑固なシミは、
水洗いで落とすことは難しいので、
「お酢」を付けた布で、
叩き出すように落とします。
「お酢」で落ちない場合は、
「ホウ酸水」を使って同じように、
叩き洗いをします。


Back





「牛乳」「卵」のシミを落とす方法


「牛乳」「卵」などの、
「動物性タンパク質」を含んだ食材は、
放置すると布地が変色してしまいます。

付いた直後であれば、
水で絞ったタオルで拭き取り、
その後、しっかりと繊維にあった洗い方で、
しっかりと汚れを落とします。


Back





「赤ワイン」のシミを落とす方法


「赤ワイン」が付いたシミは、
同じワインの「白ワイン」で叩き出して落とします。

「白ワイン」に含まれる「シュウ酸」成分が、
赤ワインのシミの原因「渋」を落とし、
目立たなくしてくれる。


Back





「コーヒー」「紅茶」のシミを落とす方法


「コーヒー」「紅茶」は、
染色の材料として用いられることもあるので、
服などについてしまうと、厄介なシミになりやすい。

こぼしてすぐの場合は、
「水」で落とせますが、
シミが残った場合は、
「糖分」の入っていない「炭酸水」を使って叩くように拭き取ると、
「コーヒー」「紅茶」のシミを落とすことができます。


Back





「醤油(しょうゆ)」のシミを落とす方法


「醤油(しょうゆ)」のシミは、
お酒で押さえることで落し取ることができます。

「醤油(しょうゆ)」のシミの下に布をおき、
お酒をたっぷりと、「醤油(しょうゆ)」のシミにかけ、
綺麗な布で、上から抑える。
「醤油(しょうゆ)」のシミが下に落ちていくので、
繰り返し行うことで、
「醤油(しょうゆ)」のシミを落とすことができる。
ポイントは、「擦らないこと」。
上から押さえたり、叩いたりして、
「醤油(しょうゆ)」のシミを落とすのがポイントです。


Back





「ソース」のシミを落とす方法


「ソース」のシミは、
「汗止めパウダー」などを振りかけて、
「ソース」のシミを取ることができる。

「汗止めパウダー」は、
粒子が細かく吸収性に優れているので、
「ソース」を吸い上げてくれる。
パウダーがしっかり吸収してくれたら、
粉を落として、濡れタオルで、叩くようにして落とす。


Back





「ファンデーション」の汚れをとる方法


「ファンデーション」が、洋服についてしまうことは、
よくあるそうです。
「ファンデーション」は、
「アルコール」で落とすことができるので、
「アルコール」を含む「化粧水」を
コットンに含ませて、
トントンと叩いて拭き取ると、
「アルコール」成分のおかげで、
汚れが綺麗に取れます。
仕上げは、
乾いたタオルか、
硬く絞ったタオルなどで拭き取ってください。

洋服を痛めないように、
力を入れず、
根気よく、優しく、
少しずつ行うのがポイントです。


Back





服についた「口紅」を落とす方法


「口紅」は、
油分で構成されているので、
水で洗っても落ちない上に、
色素が広がるので、
水洗いはNGです。

「口紅」を落とすには、
「バター」を使って、
汚れをもみほぐします。
口紅の油分が溶け出し、
薄められます。
その後、
アルコールを含ませた布で、
丁寧に優しく少しずつ叩いて落とします。


Back





服についた「マニキュア」を落とす方法


「マニキュア」は、
「ベンジン」や「シンナー」で、
叩き出すように落とし、
その後、漂白します。

「ベンジン」「シンナー」の代わりに、
「灯油」を使うことも可能です。

しかし、
「ベンジン」「シンナー」「灯油」は、
「綿」「ポリエステル」以外の繊維素材を傷める可能性があります。
注意が必要です。


Back