RenojiStock ITメモ 旅メモ Lifeメモ Diary AboutUs お問合せ
Life
Money
シワシワのお札を綺麗にする方法 新札を入手する方法
美容・健康
脳の仕組み 塩分摂取の仕組み 血液をサラサラにする方法 血液を作る食べ物 水太り・むくみの改善方法 脂肪をつけない生活習慣 脂肪の仕組みと種類 体脂肪が燃焼される?「褐色脂肪細胞」の機能 神経伝達物質 汗を抑えるツボ 花粉症「抗ヒスタミン薬について」 身体にやさしいお風呂の入り方
身体に良い食べ物
集中力に良い食べ物 体脂肪になりにくい「ココナッツオイル」 色々な効果がある「コーヒー」 疲労回復と脂肪を燃焼に役立つ「黒酢」 疲労回復して血液をサラサラにしてくれる「梅」 疲労回復と基礎代謝を上げてくれる「大豆」 血液サラサラ効果と脂肪の吸収を抑制してくれる「黒豆」 ダイエット・がん予防など良いことだらけの「緑茶」 ストレス解消に良い食べ物 老化・病気予防に役立つ抗酸化栄養素 脂肪燃焼に必要な栄養素
栄養素【ミネラル】
ミネラルって何? ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
栄養素【アミノ酸】
アミノ酸って何? ヒスチジン
栄養素【脂肪酸】
脂肪酸とは オメガ脂肪酸(不飽和脂肪酸) アラキドン酸(ARA)
食材
お米の保存には「唐辛子」 野菜を長持ちさせる保存方法
調理方法
「グリル」「ベイク」「ロースト」の違い 美味しいお米の炊き方 パラパラなチャーハンの作り方 ソーセージを美味しく食べる方法 食パンの美味しい焼き方
知恵
木製まな板の手入れ方法 ハサミの切れ味を取り戻す方法 汚れと洗剤 物質の性質 掃除にも役立つツール【ラップ編】 掃除にも役立つツール【歯ブラシ編】 鍋の黒ずみを落とす方法 水垢の落とし方 鏡についた水垢の簡単な落とし方【歯磨き粉編】 鏡についた水垢の簡単な落とし方【酸性洗剤編】 排水管の掃除方法【日常編】 排水管の掃除方法【詰まった編】
Shopping
家具・インテリア・洋服を買い替えるコツ
Fashion
お手軽にメガネが買える買い物情報 お手頃な価格のファストファッションブランド
Car
車を購入する流れと必要書類 車の購入・買い替えに役立つ車メーカー情報 SUVを取り扱うカーブランド 快適ドライブ【雪道の走り方編】
ペット
愛犬と暮らすのに必要なグッズ
愛犬が食べられる・食べられない食材リスト
野菜&フルーツ編 肉&シーフード編 ドリンク&その他編 犬にOK・NGな料理 犬の食べ物メモ 犬に注意が必要なアレルゲン性食材
愛犬のための健康知識
熱中症 / Heat Illness 脂肪腫 / Lipoma 海や川に行った時になる病気
Links
ペット用グッズ ペットの役立つ情報サイト
建材・住宅設備
建材・住宅設備【ショップ編】 建材・住宅設備【メーカー編】
CarLife
タイヤのサイズ
ガーデニング
新しい土を購入したときの対処方法 毛虫が出たときの対応策
ハーブ
ハーブについて カモミール





花粉症「抗ヒスタミン薬について」



スギ花粉症がそろそろ出てくる季節。春が近づいているサインです。
花粉症はアレルギー反応なので、病院ではアレルギーを抑える薬を処方されることが多いです。



アレルギー反応=「ヒスタミン」反応?

アレルギー反応にはヒスタミンという物質が関与しています。
「ヒスタミン」は、動物の体内に広く分泌する化学物質で、普段はおとなしい(不活性)のですが、異物(スギなど)や組織が壊れるなどの刺激により活性化されます。
ヒスタミンの働きは血管拡張のほか、胃液分泌・気管支平滑筋の収縮・中枢の神経伝達物質など。
血管が刺激され拡張すると皮膚が赤くなり(発赤)、さらには血管中の液体成分が漏れ出ることにより粘膜が過敏になっていきます(痒み)。これがアレルギー反応です。
つまりアレルギー反応=ヒスタミンの反応を抑える抗ヒスタミン薬が、アレルギーに対する薬となるのです。




花粉症対策「抗ヒスタミン薬」の副作用

ところでヒスタミンには血管拡張以外にも働きがありました。
ヒスタミンを抑えることによってこれらの働きも抑えることになります。
中枢神経つまり脳内の伝達物質を抑えると、興奮がおさまり鎮静されるので眠くなります。アレルギーの薬を飲むと眠くなることが多いのはこのためです。
気管支平滑筋が収縮すると気管支が狭くなるので呼吸がしづらくなります。このためアレルギー反応が重症化すると喘息症状や呼吸困難を起こすこともあり、放置するとアナフィラキシーショックという緊急事態となる可能性もあり呼吸症状が強いときは注意が必要です。
気管支をゆるめ呼吸しやすくなる効果をねらって、抗ヒスタミン薬は喘息の治療に使われたり、総合感冒剤(いわゆる風邪薬)の中に入っていることもあります。風邪薬でも眠くなるものがあるのはこの影響の可能性があります。
胃液分泌を抑えることで、胃炎や胃潰瘍の治療に使われるものもあります。
実はヒスタミンはそれだけでは働けず、受容体という器に入ってはじめて機能を発揮します。
この受容体にはいくつか種類があり、それぞれ少しずつ得意なところが違います。
1種類目の受容体(H1)では主にアレルギー反応を、2種類目(H2)では胃酸分泌を担います。
市販もされている胃酸分泌抑制薬「H2ブロッカー」のH2とはヒスタミンの受容体を示しているのです。
 ちなみにアレルギー症状があまりに強い場合はこれらを併用するという場合もあります(保険適応外)。

最近の抗ヒスタミン薬では眠気が少なくなっているものが多いです。
物質が中枢(=脳内)という大事なエリアに入るには血液脳関門というゲートをくぐらなくてはなりません。
初期の抗ヒスタミン薬は分子量が小さく溶けやすいため容易にこのゲートをくぐることができ、眠気が強くでるものが多かったのです。
だんだん分子量を大きくしたり溶けにくく変えたり改良されているため、新しい抗ヒスタミン薬(抗アレルギー薬)は眠気が少なくなっています。

アレルギーを抑える薬は他にも目薬や点鼻薬、人によっては漢方がよく効くことも。
花粉症がつらいときは、他の疾患を鑑別することも含めて病院でお薬を相談するのも有効と思います。