Life
Food
【FOOD】美味しい「ホルモン」の種類【FOOD】「和からし」と「マスタード」の違い【Kitchen】フライパンの種類と選び方【Kitchen】アルミ製フライパンの使い方
DIY
【DIY】DIYに使える便利な部品【DIY】あると便利なDIYツール
電動工具
【切削加工】「ルーター」「トリマ―」
健康
【健康】熱中症対策【冷却スプレーの仕組み】【健康】「痛風」になってしまった!!時の対応方法【健康】筋肉痛を解消する方法【健康】確実にダイエットをする方法
掃除
【掃除】「部屋」を綺麗に掃除する方法【掃除】「キッチン」を綺麗に掃除する方法
洗濯(Washing)
【洗濯】汚れが良く落ちる弱アルカリ性洗剤【洗濯】洗濯物が臭い時の対応策【洗濯】シミ取りの方法【洗濯】アイロンのかけ方
Money
【Money】シワシワのお札を綺麗にする方法
Car Life
【Car】車にできた凹みを修理する方法【Car】車にできた傷を修理する方法【Car】迷惑駐車に遭遇した時の対処方法Past Topics【Car Life】
Pet
【Pet】愛犬と暮らすインテリア【ベッド編】【Pet】気に入ったPet Goods【ドッグウェア編】【Pet】気に入ったPet Goods【愛犬散歩グッズ編】【Pet】気に入ったPet Goods【愛犬との旅行編】【Pet】愛犬が液体を吐いた時の対処方法





【Pet】心配・・愛犬が液体を吐いた時の対処方法

【Pet】
心配・・愛犬が液体を吐いた時の対処方法




愛犬と生活していると、愛犬が突然「嘔吐」することがあります。

胃液のような黄色い液体の時と、
白い泡状の液体の時があります。

健康上の問題なのか心配だったので、色々と調べてみました。


調べてみた結果、

■ 黄色い液体の嘔吐物
■ 白い液体の嘔吐物

以外の嘔吐には、
かなり注意が必要で、
動物病院の受診が必要な可能性が高いことがわかりました。


「黄色い液体」と「白い液体」は、
空腹やストレスなど、生活習慣を改善することで、
症状が改善する可能性がありますが、
その他の症状は、
病気の可能性や、緊急性のある症状の可能性があることがわかりました。


それぞれのケースで対応方法が確認できたので、
今回調べてみて、とても良かったと思っています。
愛犬との生活で、必ず必要な知識の一つでした。








愛犬が突然吐くのは病気?




愛犬が、突然「嘔吐」することが、月に1度あるかないかのペースであります。

最初の頃は、凄く驚いて、心配したことを覚えています。

犬が、嘔吐するのは、
自然現象として、健康を維持するのに必要な行動でもあるみたいですが、
深刻な病気の前兆や症状でもあるみたいです。


愛犬が嘔吐したからといって、
通常は、問題がないようですが、
嘔吐の回数が多かったり、
嘔吐物の内容によっては、
病気の可能性もあるとのこと。


愛犬の嘔吐物や様子をしっかりと観察するのが大切ということです。


犬の主な嘔吐原因は、

■ 空腹
■ 散歩中に草を食べる
■ 水の急性過剰摂取(がぶ飲み)
■ 食べ過ぎ(過食)
■ 食物アレルギー
■ 異物誤飲
■ フードへの適応不足
■ 乗り物酔い
■ ストレス
■ 気管支・肺などの疾患
■ 循環器系疾患
■ 内臓疾患

などがあるようです。


■ 空腹
■ 散歩中に草を食べる
■ 水の急性過剰摂取(がぶ飲み)
■ 食べ過ぎ(過食)

などは、犬の生理現象に近い、
自然な行動のようなので、
生活改善が必要かもしれませんが、
特に心配のない嘔吐だそうです。



病院へ連れていく必要がある嘔吐は、

■ 食物アレルギー
■ 異物誤飲
■ 繰り返し何度も吐く
■ 毎日吐く
■ 嘔吐しようとする動作はするが、吐けない
■ 気管支・肺などの疾患
■ 循環器系疾患
■ 内臓疾患

などと、「空腹」や「ストレス」「乗り物酔い」以外が原因の嘔吐は、
ほぼ病院の受診が必要になっていました。
嘔吐物の内容や、行動によって、
健康を維持するための行動でなく、
病気の症状の可能性が高くなります。

嘔吐した際は、しっかりと愛犬の様子を把握しておこうと思います。


Back





嘔吐物が黄色い液体の場合


犬の嘔吐物が、黄色い「胃液」のような酸っぱい臭いがする液体は、
その正体は、「胆汁」らしいです。

「胆汁」が、嘔吐物に含まれるのは、
長時間の胃の中が空っぽの状態が続くと、
「胆汁」が胃に逆流して、
嘔吐につながると言われています。

「胆汁嘔吐症候群」とも言われ、
朝や夕食前などに起きやすいです。


我が家の愛犬も、
黄色い嘔吐物を吐く時間帯は、
朝の朝食前に多いです。


愛犬の嘔吐防止のために、
おやつを複数回に分け、
食事の間に、与えることによって、
胃の中が空っぽになることを予防しています。

1日のスケジュールは、

■ 起床後のおやつ→朝食→昼食→夕方のおやつ→夕食→就寝前おやつ→就寝
■ 起床後のおやつ→昼食→夕方のおやつ→夕食→就寝前おやつ→就寝

というようにして、
睡眠中以外は、3時間ぐらい置きに、
胃の中に何かを入れてあげるようにしています。


Back





嘔吐物が白い液体の場合


嘔吐物が、白い液体で、泡状の液体は、
その正体は、「唾液」の可能性が高いそうです。

空腹や、急な飲食などが原因と言われているようです。


胃が空っぽで、空腹の時や、
勢いよく水分を摂取した時などに発生することが多いようで、
夏場の散歩後に、水を一気飲みした後などに発生するそうです。

我が家の愛犬では、
お腹が空いているときや、 空腹時に、
勢いよくお水や食べ物を摂取した後に、
よく、食べたものと一緒に、
白い液体を吐いたりします。

たくさん食べた時も、
満腹すぎて嘔吐することがあるので、
注意が必要です。


対策として、
食事・水分摂取の量や回数を調節するのが大切でした。


泡状の唾液になるのは、
緊張や興奮などの精神状態が引き起こしたり、
乗り物酔い時にも発生します。

白い液体を吐く症状は、
安心して過ごせて、
食事や水分摂取を規則正しくすると、
予防できる症状のようです。


Back





嘔吐物が茶色い場合


茶色の嘔吐物の場合は、

■ 消化された食べ物
■ 古い血液

の場合があるそうなので、注意が必要です。

ドッグフードや、他の食べ物が消化されての茶色い嘔吐物で、回数が増えなければ、
心配は少ないようです。

ですが、
古い血液が混じっている茶色には注意が必要です。
「急性胃腸炎」「胃潰瘍」などの可能性が出てくるからだそうです。
心配な場合は、「嘔吐物」を保管して、獣医さんへ診察時に判断してもらうのが良いとのことです。
嘔吐物の現物があると、獣医さんも判断がしやすいとのことです。
写真を残しておくのも、判断の助けになるとのこと。


血液は、酸化すると茶色くなる性質があるので、
胃腸から出血して、酸化した場合、茶色になることは、
覚えておくと良いと思います。


Back





嘔吐物が赤い場合


嘔吐物が赤い場合、
現在進行中の出血で「鮮血」と呼ばれる新しい血液の可能性があるそうです。

原因がわからない場合は、
獣医さんに診察してもらってください。
現物を保存するか、写真を残しておくと、
獣医さんも判断しやすいそうです。


出血の理由は、様々ですが、

■ 異物を食べてしまった
■ 口内からの出血
■ 臓器や気管支からの出血

などが考えられ、
重症か軽度かの違いはありますが、
異常が発生して、進行中なのは間違いありません。


Back





嘔吐物に異物が含まれていた場合


嘔吐物に異物が含まれていたら、
かなりの要注意だそうです。


嘔吐物で、全てなのか、一部なのか、
他の異物もあるのかなど、
何一つ見過ごせないそうです。

その異物たちが、安全なものなのか、 危険なものなのかなど、
そのままにしておけないので、
異物が混入していた場合は、
必ず獣医さんの診察を受けることが必要だそうです。


しばらく様子を見ることも危険だそうです。
その間に、体内で状況が悪化する可能性があるので、
嘔吐物に異物があった場合は、
すぐに病院に連れて来て欲しいそうです。


Back





嘔吐物が毛玉の場合


愛犬が毛玉を吐いた場合、
身体を舐めることによって、自分の毛を飲み込んでしまうことが原因。

犬の毛は、消化されないので、
■ 食べ物と一緒に、排泄物として排泄される
■ 吐き出す
のどちらかの方法で体外に排出するようになっているそうです。


予防策は、
できるだけ体毛を飲み込ませないために、

■ 定期的なブラッシング
■ 掃除機などで室内の抜け毛をなくす

などの対策をすることで、
体毛が体内に入ることを少なくすることができます。


抜け毛の季節は、特に飲み込みやすいので、
ブラッシングと部屋の掃除は、定期的に。


Back





嘔吐物する回数が多い場合


犬の嘔吐は、
心配がないことがありますが、
やはり嘔吐しないに越したことはありません。
食事やおやつなどの生活習慣で、
嘔吐を防げますので、
胃の中が長時間空っぽにならないように気をつけてます。


たまに、嘔吐するぐらいであれば、
それほど心配はないようですが、
嘔吐の回数が多くなれば、
健康の心配が出てきます。

嘔吐が繰り返される場合は、
獣医さんに診察してもらってください。


嘔吐の回数は、
1ヶ月に1度より多い場合は、
生活リズムを改善する必要があるサインだと思っています。

同時に、
全身の色々な病気の可能性も出てきます。
嘔吐による脱水も心配になるので、
注意深く、愛犬を観察しています。



1日に複数回の嘔吐がある場合は、
病気の可能性もありますが、
「嚥下障害」などの障害の可能性もあります。
障害の場合は、
その子の生活を障害にあった形にする必要もあることを
頭の片隅に入れてます。


Back