RenojiStock IT 旅メモ Lifeメモ Diary AboutUs





掃除の豆知識【洗剤編】



汚れには、性質があります。
酸性とアルカリ性。
どちらの性質かによって、使う洗剤も変わってくるらしい。
酸性の汚れには、アルカリ性の洗剤を。
アルカリ性の汚れには、酸性の洗剤を使うと、
汚れが落ちやすいとのこと。
酸性やアルカリ性が濃いほど、物質を分解する効果が大きいらしいが、
その分危険度も増すので注意が必要。



汚れの種類


汚れの種類汚れ
酸性の汚れ 油汚れ
食べこぼし
手あか
湯あか
皮脂
生ゴミの臭い
腐敗臭
アルカリ性の汚れ 水あか
尿汚れ・尿石
石けんカス
電気ポット内部の汚れ(水道水中のカルシウム汚れ)




洗剤の種類


・アルカリ性洗剤
・中性洗剤
・酸性洗剤


アルカリ性洗剤はph値11~14の強アルカリを示す洗剤。
酸性洗剤 はph値6以下の洗剤。

「アルカリ性洗剤」と「酸性洗剤」や「酢」を混合させると、毒性の強い「塩素ガス」が発生し危険。 「塩素ガス」は、呼吸器症状をはじめとして中枢神経症状など、多彩な症状を引き起こし、危篤状態になることもある。

中性は、純水と同じくph値は、「7」。
酸性でも、アルカリ性でもなく中立的。

ph値が小さいと「酸性」。
ph値が大きいと「アルカリ性」。
数値が大きすぎたり、小さすぎると、物質を分解したりする効果が大きいので危険度が増す。



アルカリ性洗剤


アルカリ性洗剤は、ph値「11~14」の値を示す強アルカリの洗剤。
「油汚れ」や、「カビ取り」に適した洗剤。
台所・換気扇・厨房・ガレージなどの頑固な油汚れに対して使用される。

アルカリ性洗剤は、強力で人体にも影響があるので、すすぎなどによって中和の処置が必要。
アルカリ性洗剤を薄めた水溶液に、対象物をつけ置きしておく方法も油汚れの洗浄に効果あり。

カビ取り用洗剤は、塩素系漂白剤の一種。
カビ取り用洗剤の主成分は、「次亜塩素酸ナトリウム」でアルカリ性となる。
カビの除去・除菌に強い効果がある。


アルカリ性洗剤
種類 説明
油汚れ用 マジックリン
マイペット
食器洗浄機用食器洗い洗剤(弱アルカリ性洗剤)
重曹(アルカリ性)
カビ取り用 ドメスト
カビキラー
カビとりハイター
パイプ洗浄用パイプマン
サニボン泡パワー
パイプフィニッシュ


痛んだ塗装面、フッ素コートを剥がしてしまう可能性あり。
アルミが変色することもある。



酸性洗剤


酸性洗剤の効果
・トイレの便器の尿石の除去
・水垢の除去
・鉄錆びの除去
・浴槽の石鹸カスの除去
などに効果がある。

酸性洗剤の性質上、効果に即効性がないので、酸性洗剤を含ませて汚れを覆うようにして、酸性洗剤を浸透させた後に、ブラシでこする「湿布法」が有効。
酸性洗剤は、トイレの便器掃除に使用されることが多い。 風呂用には、弱酸性の酸性洗剤がある。(大理石には利用不可)

酸性洗剤の注意点 ・鉄を錆びさせる
・コンクリートの目地・大理石・テラゾ・繊維類を痛める



酸性洗剤
種類説明
トイレ用 サンポール
ルックトイレの洗剤
トイレパワーズ
塩酸
浴室用 パワーズひのきの香りクリーナー
お風呂用ティンクル(お酢成分のチカラ)
その他 クエン酸



中性洗剤


・台所用洗剤

皮膚などに影響があるため、台所用や皮膚に触れる洗剤は、「中性洗剤」が多い。
食洗機用食器洗い洗剤は、「弱アルカリ洗剤」が多い。

中性洗剤は、中性なので、科学反応的には弱い洗剤となってしまうが、
「界面活性剤」と呼ばれる成分を追加して洗剤効果を高めている。

「界面活性剤」には、油と水がよく混ざり合うようにする乳化作用があり、
その乳化作用により、油を水をまざり合わせ、水と一緒に油を洗い流すことで油汚れを落とす洗剤効果を持っている。




pH値


pH液性物質
0酸性 塩酸
1.0酸性
2.0酸性 クエン酸
食酢
3.0酸性
4.0弱酸性
5.0弱酸性
6.0中性
7.0中性 純水
8.0弱アルカリ性 重曹
9.0弱アルカリ性 セスキ炭酸ソーダ
10.0弱アルカリ性
11.0アルカリ性 炭酸ナトリウム
12.0アルカリ性
13.0アルカリ性
14.0アルカリ性 水酸化ナトリウム



酸性の特性

・酸味(すっぱい)がする。
・電流が流れる
・マグネシウムなどの金属に反応して水素が発生する。

・青色リトマス紙を赤色に変色させる。
・BTB溶液を黄色に変色させる。
・フェノールフタレイン溶液は変化しない。


酸性物質

強い酸性
・塩酸(塩化水素水溶液)
・硫酸(うすめたもの)
・硝酸

弱い酸性
・炭酸(二酸化炭素が水にとけたもの)
・酢酸(酢の主成分)
・クエン酸



アルカリ性の特性

・触ると皮膚がぬるぬるする。
・電流が流れる。
・味は、苦い。
・赤色リトマス紙が青色に変色する。
・BTB溶液を青色に変色させる。
・フェノールフタレイン溶液を赤色に変色させる。


アルカリ性物質

・重曹
・石灰
・水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)
・水酸化カリウム ・炭酸ナトリウム ・アンモニア
・炭酸水素ナトリウム水溶液

・石けん
・虫さされの薬

・こんにゃく



酸性物質

強い酸性
・塩酸(塩化水素水溶液)
・硫酸(うすめたもの)
・硝酸

弱い酸性
・炭酸(二酸化炭素が水にとけたもの)
・酢酸(酢の主成分)
・クエン酸



中性の特性

・電流を通すものと通さないものがある

・青色リトマス紙も赤色リトマス紙も変色しない。
・BTB溶液は緑色のまま変色しない。
・フェノールフタレイン溶液は変色しない。


中性物質

・水
・食塩水(塩化ナトリウム水溶液)
・砂糖水

・硫酸銅水溶液
・エタノール