RenojiStock IT 旅メモ Lifeメモ Diary AboutUs





掃除の豆知識【鏡編】



鏡は、綺麗だが浴室では水垢がしっかりとこびりついてしまう。
水滴を放置してしまうのが原因。入浴後にタオルなどで水滴をふき取るだけでも、水垢は付きにくくなる。

浴室では、黒カビも鏡についてしまうが、カビは、カビキラーで綺麗になるが、カビキラーが入りにくい場所もある。
そんな時は、カビが死滅する高温で退治。高温になるスチーマーがあると便利だが、沸騰させたお湯でもOK。
高温の熱でカビは死滅してしまう。しかし、黒カビの場合、高温で死滅しても黒いのは落ちないらしい。
そこまでなってしまった鏡は、交換するしかないようです。



鏡についた水垢を落とす方法


おすすめなのは、「歯磨き粉」。
布・スポンジにつけて鏡をこするだけで水垢が綺麗に落とせる。

酸性の洗剤を使って化学反応で水垢を落とす方法

鏡についた水垢を酸性洗剤で効率的に落とすには、
ちょっとしたやり方がある。
化学反応を利用して、水垢を落とす方法。 水垢は「アルカリ性」なので、「酸性」の洗剤を吹きかけると、化学反応で溶けてくれる。


必要なのは、
・ティッシュペーパー
・酸性洗剤(お酢・クエン酸)
・スプレー


使い方は、
水垢に酸性洗剤(お酢・クエン酸)をスプレーするなどして吹き付けてから、
ティッシュペーパーで覆います。
可能であれば、ラップをして、洗剤が長時間乾燥させないで保持させるとなお良い。


水垢の主成分は、水に含まれる「石灰(炭酸カルシウム)」=アルカリ性なので、
酸に溶ける性質があります。
なので、酸性の洗剤や、「お酢」「クエン酸」で溶かすことができます。
水垢部分に、できるだけ長い時間の間、酸性洗剤を塗布していることが大切なので、
ティッシュペーパーなどに、洗剤を染み込ませて、水垢を溶かす化学反応を持続させることが大切です。


長時間行わなくても、定期的に酸性洗剤を塗布することで、
水垢がつかなくなり、徐々に水垢も落ちていきます。



鏡の水垢は「歯磨き粉」が便利!

鏡についた水垢。
たくさん水垢がついてしまうと、なかなか落とせない。

洗剤を使う方法もあるが、
もっとお手軽に水垢を落とす方法がある。
水垢を簡単に落とせるのは、「歯磨き粉」です。



「歯磨き粉」は、水垢を落とすというより、歯を磨くのと同じで、
歯磨き粉のスクラブで、「水垢を削り落とす」というのが正しい。

鏡が傷つかないか心配になりましたが、
スクラブより、鏡の方が硬いようなので、
我が家では、鏡に傷はつかないで、スッキリ綺麗に水垢だけが削り落とせています。
布やスポンジに歯磨き粉をつけて、円を描くように磨くだけです。


鏡の周囲の材質を傷つけてしまう可能性があるので、
注意して自己責任でおこなってください。





「歯磨き粉」が心配な方は、
水垢の主成分は、水に含まれる「石灰(炭酸カルシウム)」=アルカリ性なので、
酸に溶ける性質があります。
なので、酸性の洗剤や、「お酢」「クエン酸」で溶かすことができるので、
定期的にスプレーなどをして磨くことで、綺麗になります。