RenojiStock IT 旅メモ Lifeメモ Diary AboutUs





掃除の豆知識【排水管編】



排水管は、日常からメンテナンスとして掃除をしておかないと、少しのきっかけで排水管が詰まってしまいます。

排水管の汚れには、「重曹(アルカリ性)」と「クエン酸(酸性)」が必須らしい。
重曹は、アルカリ性なので、油汚れ(酸性)などの汚れを綺麗にしてくれる。
クエン酸は、酸性なので、アルカリ性の汚れを綺麗にしてくれる。



排水管が詰まった時の対処方法


・排水管用洗剤をまく。
・「重曹」(酸性の汚れ分解)をまく。
・「クエン酸(お酢)」(アルカリ性の汚れ分解)をまく。
・サランラップで入り口を覆って弾力性を利用して数回押すとラバーカップの代わりになることもある。
・ラバーカップ(すっぽん)を使う。
・排水管用ブラシ・針金で掃除する。
・プロの業者にお願いする。


排水管が詰まった場合、排水管の中の様子が見れないため、
考えられる方法を全てやり尽くす以外は方法はないらしい。

我が家では、
ラバーカップを購入してあるので、
大抵のつまりには対応できるが、
浴室の浴槽用の排水口は、ラバーカップが使えない。
一度、その浴槽用の排水口が詰まったことがあった。
結局、排水管用洗剤や「重曹」「クエン酸」で対応したが、
それ以来、定期的に排水管用洗剤でメンテナンスをしています。




排水管の日常メンテナンス


排水管が詰まらないようにするためには、
定期的に、メンテナンス・掃除をすることが大切らしい。

排水管の日常メンテナンスには、「重曹」と「クエン酸(お酢)」。
「重曹」は、「アルカリ性」なので、油汚れなどの「酸性」の汚れに効果がある。
「重曹」に「クエン酸(お酢)」を加えると化学反応が凄く強くなるらしいので最強の組み合わせとか。


でも、一体どんなメンテナンスをすれば良いのか、よく分からない。
調べてみると、 ・髪の毛などを流さないようにする。
・パイプ用洗剤を定期的に使う。
・パイプ用ブラシで、排水管掃除をする。
などといったメンテナンスをすることらしい。


つまりの原因は、髪の毛やゴミと石鹸や油分が固形化して、
固まりとなることで、排水管が狭くなっていくことで詰まってしまうらしい。
原因となる、髪の毛やゴミなどをできるだけ排水管に流れ込まないようにすることが大切らしい。


排水管は、なかなか磨くことが難しい場所。
手が届かない場合は、化学反応によって、
定期的に、排水管に溜まった固形物を溶かして除去してしまえば良いらしい。 排水管に付着する固形物は、「酸性」らしいので、
アルカリ性の成分で、中和することで、汚れを除去するらしい。

市販の排水管用洗剤でも良いらしいが、
「重曹」を定期的に巻くことでも効果があるらしい。
さらに、「重曹」に「クエン酸(お酢)」を加えることで、
化学反応効果が凄く強くなるらしい。
調べると、「重曹」と「クエン酸(お酢)」の組み合わせは、最強らしい。

「重曹」と「クエン酸(お酢)」はそれぞれでも、汚れを分解する効果があるらしい。
「重曹」は、アルカリ性なので、酸性の汚れを分解します。
「クエン酸(お酢)」は、酸性なので、アルカリ性の汚れを分解します。
両方を合わせると、発泡するので、その泡で、汚れを落とすとのこと。

そこで疑問なのが、「重曹」と「クエン酸(お酢)」を混ぜたら、
「重曹」と「クエン酸(お酢)」で中和されるから、汚れが落ちにくくならないのかな?
という疑問がでてきます。
調べてみたら、「重曹」と「クエン酸(お酢)」を混ぜる場合は、
化学反応ではなく、発泡する泡が狙いのようです。
発泡によって、細かい泡が汚れの間に入り込み、
物理的に汚れを剥がす効果を期待してのようです。
ブラシの方が汚れが落ちるようですが、
手の届かない排水管などでは、その発泡効果を利用することがあるらしいのです。


最終的には、ブラシでこすって汚れを落とすことが一番効果があるようです。
ですが、排水管は手が届かない。
排水管用のブラシがあれば、届く範囲の掃除をするのは良いらしい。
だが、排水構造によっては、細いブラシすら入らないこともある。
そんな時には、定期的に洗剤を巻く方法が、メンテナンスでは一番らしい。


定期的に洗剤を使って、こまめに掃除することが、
排水管には大切ということがわかった。