Life
Food
【FOOD】美味しい「ホルモン」の種類【FOOD】「和からし」と「マスタード」の違い【Kitchen】フライパンの種類と選び方【Kitchen】アルミ製フライパンの使い方
DIY
【DIY】DIYに使える便利な部品【DIY】あると便利なDIYツール
電動工具
【切削加工】「ルーター」「トリマ―」
健康
【健康】熱中症対策【冷却スプレーの仕組み】【健康】「痛風」になってしまった!!時の対応方法【健康】筋肉痛を解消する方法【健康】確実にダイエットをする方法
掃除
【掃除】「部屋」を綺麗に掃除する方法【掃除】「キッチン」を綺麗に掃除する方法
洗濯(Washing)
【洗濯】汚れが良く落ちる弱アルカリ性洗剤【洗濯】洗濯物が臭い時の対応策【洗濯】シミ取りの方法【洗濯】アイロンのかけ方
Money
【Money】シワシワのお札を綺麗にする方法
Car Life
【Car】車にできた凹みを修理する方法【Car】車にできた傷を修理する方法【Car】迷惑駐車に遭遇した時の対処方法Past Topics【Car Life】
Pet
【Pet】愛犬と暮らすインテリア【ベッド編】【Pet】気に入ったPet Goods【ドッグウェア編】【Pet】気に入ったPet Goods【愛犬散歩グッズ編】【Pet】気に入ったPet Goods【愛犬との旅行編】【Pet】愛犬が液体を吐いた時の対処方法





【FOOD】「和からし」と「マスタード」の違い

【FOOD】
「和からし」と「マスタード」の違い




「和からし」と「マスタード」は、
ともに「マスタード」の一つ。


マスタードの種類が違い、
製造方法が異なる。
「和からし」は、マスタードを粉状にして、水を加えペースト状にしたもの。
「マスタード」は、マスタードにお酢などの調味料を加えたもの。

詳しくは、本文に掲載しています。








「和からし」と「マスタード」の違い


「和からし」と「マスタード」の違いは、
明確にすると、

・「原材料」
・「製造方法」
・「風味」

の3点に違いがある。


「和からし」は、
「からし」原材料 = 「オリエンタルマスタード」「イエローマスタード」
「和からし」原材料 = 「オリエンタルマスタード」「ブラウンマスタード」
製造方法 = 種を粉末にし、水で溶かして練ったもの
風味 = 「辛味」が強く、薬味として使われる
「マスタード」は、
原材料 = 「イエローマスタード」の種
製造方法 = 「イエローマスタード」の「種」に、「酢」「砂糖」「ワイン」などの調味料を加える
風味 = 比較的マイルドな味わいで、薬味やソースとして使用される。



「イエローマスタード」= 薄い黄色で穏やかな辛味
「オリエンタルマスタード」= 濃い黄色~茶色で強い辛味
「ブラウンマスタード」= 茶色で強い辛味


「和からし」に使われる「オリエンタルマスタード」と、
「マスタード」に使われる「イエローマスタード」は、
辛味の強さが異なり、
「オリエンタルマスタード」の方が辛味が強く、
「イエローマスタード」の方は、辛味が控えめ。

「マスタード」に加える調味料の一つ「酢」には、
「辛味」を抑える効果があるので、
「マスタード」は、「辛味」が強くなく食べやすくなっている。


「からし」は、
「シュウマイ」「とんかつ」などの、「からし」を比較的多くつける料理に使われる。

「和からし」は、
「おでん」「豚の角煮」などの、少量でしっかりと「辛味」をつけたい料理に使われる。

「マスタード」は、
酢(ビネガー)などの調味料が加わっていて、
酢が辛味を抑えてくれるので、
辛味が穏やかで、「サンドイッチ」「ホットドック」「ドレッシング」などに使われる。


Back





「からし」の使い方


「からし」は、
「納豆」「おでん」「とんかつ」「しゅうまい」「辛子蓮根」などの、
和食に良く使われる薬味の一つ。

「からし」にも種類があり、
「練りからし」「和からし」「粉からし」などのがある。


「練りからし」は、
「からし」と言えば思い浮かぶことが多い代表的な「からし」で、
「からし菜」の種子を粉状にし、水を加え、好みの固さに練った「からし」。
チューブタイプで販売されている親しみのある「からし」。
「納豆」「とんかつ」「しゅうまい」などに、「練りからし」が良く使われる。


「和からし」は、
「練りからし」とマスタードの種類が違ったもの。
「イエローマスタード」をメインに使用する「練りからし」に対して、
「和からし」は、「オリエンタルマスタード」「ブラウンマスタード」を使用する。

「和からし」の方が、辛味が鋭いので、少量使用して食べられる。


「粉からし」は、
「からし菜(マスタード)」の種を粉末にしたもの。
粉末状になっているので、
食べ物に、塩などと同じように振りかけて食べるのに向いている。
少し辛味を加えたいときに便利なアイテム。


Back





「マスタード」の使い方


マスタードは、
「からし(マスタード)」に、
お酢や砂糖など、調味料を加えて作られる
マイルドな味の「洋風からし」。

お酢が「からし」の辛味を抑えてくれるので、
マイルドな辛味となっている。
「ハンバーガー」「ホットドック」「ドレッシング」などに使われ、
肉料理・魚料理のソースなどにも加えられる。


マスタードには、
・イギリス マスタード
・アメリカ マスタード
・ディジョン マスタード
などの種類がある。



「イギリスマスタード」は、
イギリスのマスタードで、
「サンドイッチ」「ローストビーフ」「ステーキ」など、
様々な料理に使われる。
材料に、「ターメリック」を加えられ、
「黄色」が鮮やかで、辛味が強い。


「アメリカマスタード」は、
「ターメリック」が加わっているので、
黄色の着色が良く、
「酢」や「砂糖」によってマイルドに仕上げたマスタード。
辛味が少なく、やや酸味があり、
辛いものが苦手な方も食べやすいマイルドさ。
「ホットドック」「ハンバーガー」などに欠かせないマスタード。


「ディジョンマスタード」は、
「ディジョン」はフランスの地名で、
フランスで人気の高いマスタード。

一般的な「マスタード」は、酢を使うのに対し、
「ヴェルジュ」と呼ばれるブドウ果汁を使用してマスタードが制作される。
「フルーティー」な酸味と香りがあり、
上品な味として人気がある。


Back





美味しいソース「ハニーマスタード」のレシピ


簡単に作れて、
色々な料理に合う、
万能的な「ハニーマスタード」ソース。

材料を混ぜるだけで、
火にかけなくても完成するので、
簡単に作ることができるので、
便利な万能ソース。


グリルした「お肉」「魚」などにかけると、
とても美味しいソースです。


材料

・粒マスタード = 大さじ 1〜2
・はちみつ = 大さじ 1
・マヨネーズ = 大さじ 1
・しょうゆ = 小さじ 1


マスタードの量はお好みで加減するので、
最初は「大さじ1」で味見するのがおすすめ。


加えて、少し入れると美味しい材料があります。
いずれか一つ加えるだけでも、
アレンジレシピになります。
・コンソメスープの素 = 小さじ 1
・練乳 = 小さじ 1/2
・レモン果汁 = 小さじ 2
・白ワイン = 小さじ 1



「ハニーマスタード」が合う料理


「ハニーマスタード」は、
比較的、何にでも使える美味しいソース。

かけて美味しい使える料理もたくさん。
焼いただけの食材にかけるだけで、
美味しい一品になるので、
忙しい人の時短レシピにも最適です。


「ハニーマスタード」が合う料理は、

・ボークソテー
・グリルチキン
・フライドポテト
・チキンナゲット
・ラムチョップ
・ローストビーフ
・生ハム

・アスパラの豚肉巻き

・ハンバーガー
・ハンバーグ
・ホットサンド
・サンドイッチ
・ホットドッグ

・白身魚のグリル
・サーモンのグリル

・サラダ

などがあります。


Back