Life
Food
【FOOD】美味しい「ホルモン」の種類【FOOD】「和からし」と「マスタード」の違い【Kitchen】フライパンの種類と選び方【Kitchen】アルミ製フライパンの使い方
DIY
【DIY】DIYに使える便利な部品【DIY】あると便利なDIYツール
電動工具
【切削加工】「ルーター」「トリマ―」
健康
【健康】熱中症対策【冷却スプレーの仕組み】【健康】「痛風」になってしまった!!時の対応方法【健康】筋肉痛を解消する方法【健康】確実にダイエットをする方法
掃除
【掃除】「部屋」を綺麗に掃除する方法【掃除】「キッチン」を綺麗に掃除する方法
洗濯(Washing)
【洗濯】汚れが良く落ちる弱アルカリ性洗剤【洗濯】洗濯物が臭い時の対応策【洗濯】シミ取りの方法【洗濯】アイロンのかけ方
Money
【Money】シワシワのお札を綺麗にする方法
Car Life
【Car】車にできた凹みを修理する方法【Car】車にできた傷を修理する方法【Car】迷惑駐車に遭遇した時の対処方法Past Topics【Car Life】
Pet
【Pet】愛犬と暮らすインテリア【ベッド編】【Pet】気に入ったPet Goods【ドッグウェア編】【Pet】気に入ったPet Goods【愛犬散歩グッズ編】【Pet】気に入ったPet Goods【愛犬との旅行編】【Pet】愛犬が液体を吐いた時の対処方法





【調理器具】アルミ製フライパンの使い方

【調理器具】
アルミ製フライパンの使い方




軽くて使いやすいアルミ製のフライパン。
食材がこびりつきやすいので、
水分の多い料理や、
油を多めにして、
半揚げにするようにグリルするのに
使用するフライパン。

色々と注意点もあるフライパンなので、
料理に慣れた人向け。
調理器具の特性も考慮できる
余裕ができてから購入するのが良いかも。








アルミ製フライパンの特徴


アルミ製フライパンは、

・軽い
・熱伝導が良い
・食材の状態がわかりやすい
・水分を飛ばしやすい(熱伝導が良い)
・使い込むと食材がくっ付かない

などの特徴がある。

欠点もあり、
アルミ製フライパンには、

・高温になると食材がくっ付きやすい
・取っ手が高温になる
・「高温」に弱く、高温調理に不向き
・「酸性」「アルカリ性」に弱い
・扱いが難しい
・「IH調理器」では使用できない
・油なじみが悪い

などの短所がある。


具体的に、
「アルミ製フライパン」には、
どのような調理が向いているのか?
という疑問がわいてくる。


弱い火力でも、
しっかりと水分を飛ばせる熱伝導の良い「アルミ製フライパン」は、
パスタのような「水分の多い料理」に、
とても適している調理器具。

イタリアンのお店で、
パスタ料理に使われているイメージがあるのは、
「アルミ製フライパン」の特性にあった料理だったからです。
パスタ用のフライパンに近い存在のようです。

焼き物」「炒め物」には不向きとされていて、
「水分」の多い料理で使うのがおすすめのフライパンとのこと。


Back





「アルミ製フライパン」にしてはいけないこと


「アルミ製フライパン」には、
いくつかの「NG」行動があります。

・空焚きはしてはいけない
・「塩素系漂白剤」を使用しない
・「アルカリ性洗剤」を使用しない
・腐食防止のため「塩分」「油脂分」を含ませて放置しない

などは、「アルミ製フライパン」に良くないので、
できるだけ、行わないようにしましょう。


Back





「アルミ製フライパン」の購入後のお手入れ


「アルミ製フライパン」を購入したら、
・「お米のとぎ汁」or「米ぬか+水」と「くず野菜」を一緒に入れて、沸騰させる。
ことが必要。
そうすることで、
「酸性」「アルカリ性」からフライパンを守ってくれる「被膜」を作ってくれる。
「黒ずみ」「変色」を防ぐ効果もあるそうなので、
購入したら、一度行うことが大切。


Back





「アルミ製フライパン」のお手入れ


日常のお手入れ


・油を引いて浸透させる。
・使用前に、少量の油をひく。
・焦付きは、水を沸騰させてから、スポンジでこすり落とす

フライパンが黒ずんできた時

・「水」に、「レモン」or「お酢」を加え、10分前後に沸騰させる。

被膜が取れた時

・「お米のとぎ汁」or「米ぬか+水」と「くず野菜」を一緒に入れて、沸騰させる。


Back





「アルミ製フライパン」に適したレシピ


「アルミ製フライパン」に適したレシピは、

・ソース系料理
・パスタ料理
・油多めで焼き上げるグリル料理
・目玉焼き


「アルミ製フライパン」は、
熱伝導が良いので、
弱火でも、食材にしっかりと火を通すことができ、 熱を素早く入れることができます。

しかし、食材がこびりつきやすいので、
油をきちんと敷いてから料理をすることがポイント。


アルミ製フライパンは、
表面加工がされていないので、
食材がこびりつきやすく、
「焼き物」「炒め物」に向いていないと言われますが、
油やバターなどを使用することで、
表面の水分を飛ばし、美味しく焼き上げることは可能。

料理の技術や見極めが必要なので、
初心者向きではないと言われる。


ソース系の料理では、
表面が銀色なので、
食材やソースの色変化が確認しやすいので、
非常に使いやすい。
パスタ料理に、アルミ製フライパンが使われる理由の一つ。
完成時に、
ソースを絡めた状態になる料理に、最適な調理器具。


熱伝導が良いので、
油多めで、カラッと焼き揚げる料理にも向いている。
白身魚の皮面をカラっと焼き上げて、
ソテーにするのにも使える。


Back





「アルミ製フライパン」では「お米料理」はNG


「アルミ製フライパン」で、
試しに「チキンライス」を作ってみました。

結論。
すんっごい「アルミ製フライパン」に、お米がこびりつきます。
「アルミ製フライパン」の底に、
パリパリの煎餅みたいになったお米が、
一面にくっつきます。


「アルミ製フライパン」が、
炭水化物系はNGというのは、
結構知られている話です。

コーティング加工されていない「アルミ製フライパン」では、
「お米」などの炭水化物系の料理は、「NG」です。


Back