RenojiStock ITメモ 旅メモ Lifeメモ Diary AboutUs お問合せ
Life
Money
シワシワのお札を綺麗にする方法 新札を入手する方法
美容・健康
脳の仕組み 塩分摂取の仕組み 血液をサラサラにする方法 血液を作る食べ物 水太り・むくみの改善方法 脂肪をつけない生活習慣 脂肪の仕組みと種類 体脂肪が燃焼される?「褐色脂肪細胞」の機能 神経伝達物質 汗を抑えるツボ 花粉症「抗ヒスタミン薬について」 身体にやさしいお風呂の入り方
身体に良い食べ物
集中力に良い食べ物 体脂肪になりにくい「ココナッツオイル」 色々な効果がある「コーヒー」 疲労回復と脂肪を燃焼に役立つ「黒酢」 疲労回復して血液をサラサラにしてくれる「梅」 疲労回復と基礎代謝を上げてくれる「大豆」 血液サラサラ効果と脂肪の吸収を抑制してくれる「黒豆」 ダイエット・がん予防など良いことだらけの「緑茶」 ストレス解消に良い食べ物 老化・病気予防に役立つ抗酸化栄養素 脂肪燃焼に必要な栄養素
栄養素【ミネラル】
ミネラルって何? ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
栄養素【アミノ酸】
アミノ酸って何? ヒスチジン
栄養素【脂肪酸】
脂肪酸とは オメガ脂肪酸(不飽和脂肪酸) アラキドン酸(ARA)
食材
お米の保存には「唐辛子」 野菜を長持ちさせる保存方法
調理方法
「グリル」「ベイク」「ロースト」の違い 美味しいお米の炊き方 パラパラなチャーハンの作り方 ソーセージを美味しく食べる方法 食パンの美味しい焼き方
知恵
木製まな板の手入れ方法 ハサミの切れ味を取り戻す方法 汚れと洗剤 物質の性質 掃除にも役立つツール【ラップ編】 掃除にも役立つツール【歯ブラシ編】 鍋の黒ずみを落とす方法 水垢の落とし方 鏡についた水垢の簡単な落とし方【歯磨き粉編】 鏡についた水垢の簡単な落とし方【酸性洗剤編】 排水管の掃除方法【日常編】 排水管の掃除方法【詰まった編】
Shopping
家具・インテリア・洋服を買い替えるコツ
Fashion
お手軽にメガネが買える買い物情報 お手頃な価格のファストファッションブランド
Car
車を購入する流れと必要書類 車の購入・買い替えに役立つ車メーカー情報 SUVを取り扱うカーブランド 快適ドライブ【雪道の走り方編】
ペット
愛犬と暮らすのに必要なグッズ
愛犬が食べられる・食べられない食材リスト
野菜&フルーツ編 肉&シーフード編 ドリンク&その他編 犬にOK・NGな料理 犬の食べ物メモ 犬に注意が必要なアレルゲン性食材
愛犬のための健康知識
熱中症 / Heat Illness 脂肪腫 / Lipoma 海や川に行った時になる病気
Links
ペット用グッズ ペットの役立つ情報サイト
建材・住宅設備
建材・住宅設備【ショップ編】 建材・住宅設備【メーカー編】
CarLife
タイヤのサイズ
ガーデニング
新しい土を購入したときの対処方法 毛虫が出たときの対応策
ハーブ
ハーブについて カモミール





疲労回復と基礎代謝を上げてくれる「大豆」



日本の昔から、健康に良い食品として知られてた「大豆」。
科学が発達する前から、経験で大豆の力が知られていたみたいですね。

「豆腐」「納豆」「味噌」「しょう油」など、大豆を原料とした健康に良い食品が多く食べられていて、「イソフラボン」「ペプチド」という栄養素も新たに注目されてます。

スポーツ選手におなじみの「プロテイン」。
プロテインの一つにも、大豆を粉状にした「ソイプロテイン」があって、たんぱく質が豊富な大豆が原料として使われています。



大豆とは


大豆は、マメ科の植物で、 実は食用として食べられ、豆腐や味噌などの材料としても利用されている。
油を取ることもできるので、いろいろな利用の仕方ができる食材。


大豆と枝豆は、実は同じもの。
未熟な時点で収穫されて食べられるのが「枝豆」で、成熟すると「大豆」になる。
そして、大豆が発芽すると「もやし」になる。
ビタミンAとビタミンCは、枝豆の時の方が多いようですが、
その他のほとんどは大豆の方が多く、たんぱく質や脂質などは、大豆の方が圧倒的に豊富らしい。

生の枝豆には、毒性があるので注意。生で枝豆は食べられません。
食べる際は、茹でるなどして、火をいれて毒性をなくすようにする。




大豆の効能


大豆は、栄養が豊富なので、多くの有効成分が含まれている。
含有成分の「ペプチドは、基礎代謝を促進するため、ダイエットに効果があると言われており、
脂肪消化酵素に影響する「サボニン」も含まれるので、ダイエット食品としても期待されている。


・疲労回復
・ダイエット効果
・代謝機能促進
・乳ガン予防
・骨粗しょう症予防
・更年期障害緩和
・美肌効果

などの効果があると知られてて、今も注目されている健康に良い食品。



フラボノイド

大豆のエグミである「フラボノイド」の一種である「イソフラボン」は、
女性ホルモンと似た働きを持っていて、「更年期障害の緩和」「乳がんの予防」「骨粗しょう症の予防」に役立つとされている。
「イソフラボン」は、効果が期待できる1日の摂取量は、40~50ミリグラムで、
納豆は1パック、豆腐は半丁、きな粉は20グラムぐらいとのこと。
厚揚げは、イソフラボンが多く3分の1丁で、豆乳ならグラス2/3程度。


ペプチド

タンパク質とアミノ酸の中間物質である「ペプチド」は、
摂取してから20分で体内に吸収されることがわかって、疲労回復に大きな効果がある。
「ペプチド」には、基礎代謝を促進する作用がるため、ダイエットに効果が期待できるらしい。
「ペプチド」は、直接、腸管を刺激し、血流を上げるため、基礎代謝を促進するので、
体内の脂肪を効率よく燃焼させる効果があるとのこと。


サボニン

大豆には、脂肪消化酵素に影響する「サポニン」が含まれる。
ダイエット目的の場合は、吸収効率の高い「豆乳」が注目されている。





「ペプチド」ダイエット


「ペプチド」のダイエット効果を上げるための方法は、
・運動10分前に摂取する。
・食事の前に摂取する(ペプチドドリンク)。
・ヨーグルトなどのダイエット効果のある食品と一緒に摂取する。




生で大豆を食べるのはNG


大豆の食べ方は、
・引く
・煮る
・発酵
・豆腐

大豆を生で接種するのはNG。
生大豆には、血管や内臓などに血栓を作ってしまう有害物質が含まれているため、
生で大豆を食べるのは避けるようにする。