RenojiStock IT 旅メモ OutDoor Lifeメモ Diary AboutUs
Life
何かと役立つ生活情報【食べ物編】
Topics
身体に良い食べ物【集中力編】 身体に良い食べ物【血液サラサラ編】 身体に良い食べ物【ストレス解消編】 身体に良い食べ物【麹編】
病気・ケガ
身体に良い食べ物【化膿・炎症編】
その他
身体に良い食べ物【体脂肪になりにくいココナッツオイル編】 色々な効果がある「コーヒー」 疲労回復と脂肪を燃焼に役立つ「黒酢」 疲労回復して血液をサラサラにしてくれる「梅」 疲労回復と基礎代謝を上げてくれる「大豆」 血液サラサラ効果と脂肪の吸収を抑制してくれる「黒豆」 ダイエット・がん予防など良いことだらけの「緑茶」 イライラ解消? 鉄分の多い食べ物 老化・病気予防に役立つ抗酸化栄養素 脂肪燃焼に必要な栄養素
栄養素
栄養素【ミネラル】
ミネラルって何? ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン アミノ酸って何? ヒスチジン
栄養素【脂肪酸】
脂肪酸とは オメガ脂肪酸(不飽和脂肪酸) アラキドン酸(ARA)
食材
お米の保存には「唐辛子」 野菜を長持ちさせる保存方法 牛肉の部位名称 チーズの種類
調理方法
「グリル」「ベイク」「ロースト」の違い 美味しいお米の炊き方 パラパラなチャーハンの作り方 ソーセージを美味しく食べる方法 食パンの美味しい焼き方
レシピ
美味しそうなレシピ【イタリアン パスタ ボロネーゼ編】 美味しそうなレシピ【タイ料理 トムヤムクン編】






アミノ酸って何?





アミノ酸とは


アミノ酸という言葉は、スポーツ・健康・美容・ダイエットなどの分野で良く使われている言葉ですが、
「正確にはあまりよくわからない」と言う人も多いはず。
大まかにいえば、栄養成分の名称で、
タンパク質の構成成分。


アミノ酸は、たんぱく質を構成する20種類ある成分で、
そのうち、体内で合成することができない9種類のアミノ酸を「必須アミノ酸」という。




アミノ酸の種類


たんぱく質を構成する20種類
アラニン
アルギニン
アスパラギン
アスパラギン酸
システイン
グルタミン
グルタミン酸
グリシン
ヒスチジン
イソロイシン
ロイシン
リシン
メチオニン
フェニルアラニン やる気・モチベーションを高める働きを持つ脳内物質の「ドーパミン」「ノルアドレナリン」の原料。
チーズや大豆(大豆製品)のほか、小麦粉(強力粉)、卵、アーモンド、ピーナッツ、かぼちゃ、じゃがいも、ごま、肉や魚などに多く含まれる。
プロリン
セリン
トレオニン
トリプトファン 精神を安定させ、ストレスを緩和、リラックスさせてくれる成分「セロトニン」の材料となる「トリプトファン」。

基本的には食品中のタンパク質が多い食品にほど多く含まれる。肉、魚、豆、種子、ナッツ、豆乳や乳製品などに豊富。チョコレート、燕麦、バナナ、ドリアン、マンゴー、ナツメヤシ、牛乳、ヨーグルト、カッテージチーズ、鶏卵、家禽類の肉(ニワトリ、アヒルなど)、ゴマ、ヒヨコマメ、ヒマワリの種、スピルリナ、ラッカセイなどにも含まれている。
チロシン やる気・モチベーションを高める働きを持つ脳内物質の「ドーパミン」「ノルアドレナリン」の原料。
チーズなどの乳製品のほか、たらこ、ちりめんじゃこ、ピーナッツ、大豆(大豆製品)、魚介類などに多く含まれる。
バリン
  
  
タンパク質合成後に修飾を受けて作られるアミノ酸残基
シスチンシステイン2分子が酸化されて生成。
ヒドロキシプロリン、ヒドロキシリシンゼラチン、コラーゲンに含まれる。
サイロキシン甲状腺タンパク質に含まれる。
O-ホスホセリンカゼインなど、多くのリンタンパク質に含まれる。
デスモシンエラスチンやコラーゲンに含まれる。
  
  
タンパク質に含まれないアミノ酸
β-アラニン筋肉中に存在。
サルコシンある種の抗生物質に含まれる。N-メチルグリシンに相当。
オルニチン尿素回路の中間体。
シトルリン尿素回路の中間体。
クレアチン筋肉中に存在。
γ-アミノ酪酸神経伝達物質。GABA とも呼ばれる。
オパインアグロバクテリウムのエネルギー源に利用。
トリメチルグリシン
  
  
その他のアミノ酸
テアニン茶の旨み成分。
トリコロミン酸ハエトリシメジの旨み成分。
カイニン酸海人草の薬用成分。
ドウモイ酸記憶喪失性貝毒の毒成分。
イボテン酸テングタケなどの毒成分。
アクロメリン酸ドクササコの毒成分。