RenojiStock IT 旅メモ Lifeメモ Diary AboutUs
Life
Life Memo【食べ物編】
Topics
身体に良い食べ物【集中力編】 身体に良い食べ物【血液サラサラ編】 身体に良い食べ物【ストレス解消編】 身体に良い食べ物【麹編】
病気・ケガ
身体に良い食べ物【化膿・炎症編】
その他
身体に良い食べ物【体脂肪になりにくいココナッツオイル編】 色々な効果がある「コーヒー」 疲労回復と脂肪を燃焼に役立つ「黒酢」 疲労回復して血液をサラサラにしてくれる「梅」 疲労回復と基礎代謝を上げてくれる「大豆」 血液サラサラ効果と脂肪の吸収を抑制してくれる「黒豆」 ダイエット・がん予防など良いことだらけの「緑茶」 イライラ解消? 鉄分の多い食べ物 老化・病気予防に役立つ抗酸化栄養素 脂肪燃焼に必要な栄養素
食材
野菜
食材メモ【野菜編】 食材メモ【ニンニク編】 食材メモ【ほうれん草編】 食材メモ【トマト編】 食材メモ【ピーマン編】 食材メモ【かぼちゃ編】 食材メモ【なす編】 食材メモ【白菜編】 食材メモ【キャベツ編】 食材メモ【きゅうり編】 食材メモ【アボガド編】 食材メモ【ネギ編】 食材メモ【玉ねぎ編】 食材メモ【だいこん編】 食材メモ【ごぼう編】 食材メモ【じゃがいも編】 食材メモ【さつまいも編】 食材メモ【里芋編】 食材メモ【山芋編】 食材メモ【レモン編】 食材メモ【バナナ編】
肉類
食材メモ【牛肉編】
穀物
食材メモ【パスタ編】 食材メモ【パン編】 食材メモ【お米編】 食材メモ【お餅編】
乳製品
食材メモ【チーズ編】
調理方法
「グリル」「ベイク」「ロースト」の違い ソーセージを美味しく食べる方法
レシピ
フードレシピ【中華 チャーハン編】 フードレシピ【和食 やきそば編】 フードレシピ【イタリアン パスタ ボロネーゼ編】 フードレシピ【タイ料理 トムヤムクン編】
栄養素
ミネラル
ミネラルとは ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
アミノ酸
アミノ酸って何? ヒスチジン
脂肪酸
脂肪酸とは オメガ脂肪酸(不飽和脂肪酸) アラキドン酸(ARA)






身体に良い食べ物【ストレス解消編】



ストレス解消には、身体と心のバランスが大切らしい。
・運動
・食べ物
などで、心身のバランスを整えることで、ストレス解消ができるらしい。


人の身体は、ストレスと感じると、大量の「ビタミン」と「ミネラル」を消費するようにできているらしい。
「ビタミン」「ミネラル」が不足すると、疲れやすく、イライラしたりする傾向があり、
さらなるストレスを増幅させてしまう原因となってしまう。


ストレス解消には、「ビタミン」「ミネラル」を摂取することが大切。


ストレスに効果がある栄養素

栄養素効果
ブドウ糖(糖質) 脳の唯一の栄養素「ブドウ糖」。
ブドウ糖は、炭水化物や甘いものに含まれる糖質から作られる。
ブドウ糖が不足すると、脳の働きが悪くなり、頭がボーっとし、集中力が低下する。
EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸) イワシ、サバ、サンマなどの青魚や、カツオやマグロなどに多く含まれる栄養素。
脳の神経組織に作用して、脳の働きを高め、集中力や記憶力、気力を向上してくれる。
即効性はないので、日頃の食生活で摂取する必要がある。
ビタミンC ストレスを感じた時に、ストレスを緩和する作用のある「副腎皮質ホルモン」の合成を助ける働きがあるらしい。
ストレスから身体を守ろうと、多くのビタミンCが失われるため、ビタミンCの補給は不可欠。
抗ストレスホルモンの合成に必要な栄養素。
ビタミンB1 神経の働きを正常にする作用がある。
豚肉に多く含まれる。
ビタミンB6
ビタミンE
カルシウム イライラの軽減。
「カルシウム」「マグネシウム」は、バランス良く接種することで、ストレス解消効果がアップするらしい。
マグネシウム 「カルシウム」「マグネシウム」は、バランス良く接種することで、ストレス解消効果がアップするらしい。
たんぱく質 ストレスを感じた際に、ストレスに対抗するホルモンが、タンパク質を分解することで分泌される。
ストレスを感じやすい人は、タンパク質を意識的に摂取することは、望ましいらしい。
トリプトファン 「トリプトファン」は、アミノ酸の一種。
幸福感や多幸感をもたらす脳内ホルモン「セロトニン」を構成する成分の一つ。
接種することで、ストレスが緩和されると言われている。
精神を安定させ、ストレスを緩和、リラックスさせてくれる成分「セロトニン」の材料となる「トリプトファン」。

基本的には食品中のタンパク質が多い食品にほど多く含まれる。肉、魚、豆、種子、ナッツ、豆乳や乳製品などに豊富。チョコレート、燕麦、バナナ、ドリアン、マンゴー、ナツメヤシ、牛乳、ヨーグルト、カッテージチーズ、鶏卵、家禽類の肉(ニワトリ、アヒルなど)、ゴマ、ヒヨコマメ、ヒマワリの種、スピルリナ、ラッカセイなどにも含まれている。



ストレス解消に役立つ食べ物


解消とは逆に、甘いものは、ストレスを増幅させる恐れがあるらしい。
含まれる栄養素に注意。


食べ物説明
レモン ビタミンCを多く含む。

グレープフルーツ レモン同様にビタミンCが多く含む食べ物。
グレープフルーツの香り成分「リモネン」は、リラックスを促す作用があるらしい。

いちご 「ビタミンC」「ビタミンB1」も含む。ストレスを解消する効果があるらしい。

ブロッコリー ブロッコリーは、「ビタミンC」「ビタミンE」の他に、「スルフォラファン」という独自の栄養素が含まれる。
「スルフォラファン」は、近年、ガンの抑制採用があるらしく、注目を集めているらしい。
ストレスの緩和にも役立ち、うつ病なども抑制する効果があるらしい。

納豆 納豆には、「ビタミンB1」「ビタミンB6」「ビタミンE」「カルシウム」「マグネシウム」が含まれていて、ストレスに効果のある栄養素が多い。

ごま ごまはとても栄養価が高く、さまざまな栄養素が豊富に含まれている食品の一つ。
ストレス緩和に効果がある栄養素、「ビタミンE」「ビタミンB6」「カルシウム」「マグネシウム」、幸福感や多幸感をもたらす脳内ホルモン「セロトニン」の材料となる「トリプトファン」も含まれる。

ヨーグルト 「脳」と「腸」は、密接なつながりがあり、脳内にストレスが働くと、腸の調子が悪くなり傾向があるらしい。
腸内環境が整っていると、ストレスに強くなるとも言われているらしい。

ヨーグルトには、善玉菌のエサとなる乳酸菌が多く含まれているため、腸の調子を整える効果があるらしい。
カルシウムも豊富に含まれているため、イライラを抑える効果も期待できる。

アーモンド ビタミンEやマグネシウムが豊富に含まれる。
歯応えがあり、しっかり噛むことで、副交感神経が刺激されてリラックス作用が期待される。


卵は、「ビタミンC」を除く栄養素がほとんど含まれている完全栄養食。
ストレスに効果のある栄養素、「たんぱく質」「ビタミンB1」「カルシウム」などが含まれる。

アボカド アボカドには、「ビタミンE」「ビタミンC」「マグネシウム」が豊富。
ストレスに良い食品と言われている。

バナナ バナナには、「たんぱく質」「マグネシウム」「トリプトファン」「ビタミンB1」「ビタミンB6」など、ストレスに有効な栄養素が多く含まれる。

豚肉 豚肉は、ストレス解消にも役立つ食べ物。
疲労回復にも良い食べ物としても知られる。
「ビタミンB1」「たんぱく質」「トリプトファン」を含み、ストレスの緩和に効果があるらしい。

いわし 「いわし」には、「カルシウム」「マグネシウム」が含まれる。
「カルシウム」「マグネシウム」は、バランス良く接種することで、ストレス解消効果がアップするらしい。

メイプルシロップ 「メイプルシロップ」には、「カルシウム」「マグネシウム」が含まれる。
ストレスに効果があるとして、注目されているらしい。

チョコレート ストレス解消をする時にお勧めなのがチョコレート。
チョコレートに含まれる「テオブロミン」という成分には、幸福感や多幸感をもたらす脳内ホルモン「セロトニン」の働きを助ける作用がある。
「カカオポリフェノール」にも、リラックスを促す働きがあり、ストレスの解消に効果的。
チョコレートを摂取する際は、摂取する時はカカオの含有量が高いものを選ぶのがポイント。

牛乳 牛乳には、「カルシウム」「たんぱく質」「トリプトファン」が含まれている。

ココア ココアは、チョコレートと同じく、「カカオ」が原料のため、「テオブロミン」や「カカオポリフェノール」が含まれているため、ストレス解消に効果があるらしい。

炭酸水 炭酸水の「炭酸ガス」には、副交感神経を刺激して心身をリラックスさせる作用があるらしい。
レモンを加えて、レモン炭酸にして飲むと一層効果的。

オレンジジュース 「ビタミンC」が豊富に含まれている。

甘酒 飲む点滴と言われるほど栄養価の高い甘酒。
甘酒は、「酒粕」から作られるものと「米麹」から作られる2種類がある。
「米麹」から作られる甘酒には、「ビタミンB1」「食物繊維」「オリゴ糖」など腸内環境を整える作用のある成分を含む。