RenojiStock IT 旅メモ Lifeメモ Diary AboutUs
Life
Life Memo【食べ物の知識編】
Topics
栄養素【うま味成分編】 身体に良い食べ物【集中力編】 身体に良い食べ物【血液サラサラ編】 身体に良い食べ物【ストレス解消編】 身体に良い食べ物【麹編】
病気・ケガ
身体に良い食べ物【化膿・炎症編】
その他
身体に良い食べ物【体脂肪になりにくいココナッツオイル編】 色々な効果がある「コーヒー」 疲労回復と脂肪を燃焼に役立つ「黒酢」 疲労回復して血液をサラサラにしてくれる「梅」 疲労回復と基礎代謝を上げてくれる「大豆」 血液サラサラ効果と脂肪の吸収を抑制してくれる「黒豆」 ダイエット・がん予防など良いことだらけの「緑茶」 イライラ解消? 鉄分の多い食べ物 老化・病気予防に役立つ抗酸化栄養素 脂肪燃焼に必要な栄養素
食材
調味料
食材メモ【調味料編】 食材メモ【調味料 ドレッシング編】
肉類
食材メモ【肉編】 食材メモ【牛肉編】 食材メモ【鶏肉編】
魚介類
食材メモ【魚介編】 食材メモ【魚介 エビ編】 食材メモ【魚介 いか編】 食材メモ【魚介 タコ編】 食材メモ【魚介 あさり編】 食材メモ【魚介 カキ編】 食材メモ【魚介 海苔編】
卵・乳製品
食材メモ【卵編】
野菜
食材メモ【野菜編】 食材メモ【野菜 ニンニク編】 食材メモ【野菜 ほうれん草編】 食材メモ【野菜 トマト編】 食材メモ【野菜 ピーマン編】 食材メモ【野菜 かぼちゃ編】 食材メモ【野菜 なす編】 食材メモ【野菜 白菜編】 食材メモ【野菜 キャベツ編】 食材メモ【野菜 きゅうり編】 食材メモ【野菜 アボガド編】 食材メモ【野菜 ネギ編】 食材メモ【野菜 玉ねぎ編】 食材メモ【野菜 だいこん編】 食材メモ【野菜 ごぼう編】 食材メモ【野菜 じゃがいも編】 食材メモ【野菜 さつまいも編】 食材メモ【野菜 里芋編】 食材メモ【野菜 山芋編】 食材メモ【野菜 豆腐編】 食材メモ【野菜 納豆編】 食材メモ【野菜 こんにゃく編】 食材メモ【果物 レモン編】 食材メモ【果物 バナナ編】
穀物
食材メモ【パスタ編】 食材メモ【パン編】 食材メモ【お米編】 食材メモ【お餅編】 食材メモ【蒸し麺編】
乳製品
食材メモ【チーズ編】
その他
食材メモ【乾き物編】
レシピ
調理方法
「グリル」「ベイク」「ロースト」の違い 料理に使える【簡単テクニック編】
和食
フードレシピ【和食 出汁編】 フードレシピ【和食 天ぷら編】 フードレシピ【和食 とんかつ編】 フードレシピ【和食 やきそば編】 フードレシピ【和食 煮物編】
洋食
フードレシピ【洋食 ハンバーグ編】 フードレシピ【洋食 ソーセージ編】 フードレシピ【洋食 グラタン編】
中華
フードレシピ【中華あ チャーハン編】 フードレシピ【中華 餃子編】
イタリアン
フードレシピ【イタリアン パスタ ボロネーゼ編】
タイ料理
フードレシピ【タイ料理 トムヤムクン編】
栄養素
ミネラル
ミネラルとは ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
アミノ酸
アミノ酸って何? ヒスチジン
脂肪酸
脂肪酸とは オメガ脂肪酸(不飽和脂肪酸) アラキドン酸(ARA)






集中力に良い食べ物



集中できないとき、気が散っているのは、栄養が足りていないからかもしれません。
集中力によいとされる食べ物には、
・糖質(ブドウ糖)
・「オメガ3脂肪酸(αリノレン酸・DHA・EPA)」
・レシチン
・ホスファチジルセリン
・フラボノイド(ベリー類に含まれる老化による認知力低下を予防する効果)
・三大神経伝達物質(ドーパミン・ノルアドレナリン・セロトニン)
の栄養素が含まれています。
記憶力に良いとされる栄養素です。

集中力がないと感じたときは、栄養素を補給してあげると良いかもしれません。
食べたものが栄養に分解され、脳が一番活動的になるには、約5時間ほどかかると言われている。
短時間で、栄養を補給したいときは、「ヨーグルト」「フルーツ」などが良いらしい。



集中力の仕組み


集中力は、一つのことに意識を集中して作業に取り組む能力のこと。
集中していると、周囲の音や状況が聞こえなかったり、見えなくなってしまうことがある。
脳内の働きが、集中している一つの作業で使用している部分だけが活発になっている状態。
他の部分の脳内活動が低下しているとも言える。

脳内活動が、あらゆる部位で活動的だと、集中力は下がっていて、
一つの部位で活動的だと、収集力が高まっていると言える。

集中力を高めるホルモン「TRH」が分泌されると、交感神経を興奮させ、リラックスと緊張のバランスがとれた状態になり、集中力が高まるらしい。


集中をしにくい時は、
忙しい時や、疲れているとき、眠い時、周囲が騒々しい時、満腹の時、空腹のときなどがあげられる。

GI値の高い食べ物は、急激に血糖値を上げるため、食後に眠くなりやすい。
GI値の低い「玄米」「雑穀米」「野菜」などを選ぶと、食後に眠くなりにくい。

人のやる気は、脳内物質の「ドーパミン」「ノルアドレナリン」が関係し、モチベーションを高める働きがある。
「ノルアドレナリン」は、「ドーパミン」から作られ、2つの脳内物質の原料は、アミノ酸の「チロシン」「フェニルアラニン」。



集中力に良いとされる食べ物リスト


集中力に良い食べ物は、摂取してから、約5時間ほどかかると言われている。
集中力を維持するには、恒常的に食生活を考えていく必要がある。


果物・野菜
ベリー類 ベリー類に多く含まれる「フラボノイド」という成分が、老化による認知力低下を予防する効果があると期待されている。
「抗酸化物質」も多く含まれ、ブルーベリーはきを苦力の改善に期待できる。
「フラボノイド」は、植物に含まれている抗酸化作用を持つポリフェノールの一つ。
「抗酸化物質」は、酸化によって体内に悪影響を及ぼす有害物質を排除する物質。
バナナ 脳のエネルギー源となっている「糖質(ブドウ糖)」が豊富な果物。
「ビタミンB6」などの栄養素も豊富。
ほうれん草 脳細胞の損傷を修復してくれる「ルテイン」が豊富に含まれる。
「ルテイン」は、抗酸化物質の一種で、酸化による有害物質を除去してくれるらしい。

含まれる成分が、「アルツハイマー病」に効果があるらしい。
熱調理で成分が破壊されてしまうこともあるので、生で食べるのが良い。
  
  
魚介類
青魚 「サンマ」や「イワシ」などの青魚は、「オメガ3脂肪酸」の「DHA」「EPA」が豊富。
記憶力や思考力を向上させてくれる効果があり、認知症の予防・改善にも効果がある言われている。
  
  
ナッツ類
アーモンド
アーモンドオイル
ピーナッツ 「ビタミンE」「レシチン」が記憶力アップに効果的らしい。
「レシチン」は、ピーナッツに特に含まれ、記憶力向上に作用する神経伝達物質で、脳の老化防止に良いらしい。
「ビタミンE」が豊富。「ビタミンE」は、記憶りょの減退・劣化を防ぐ効果があるらしい。
クルミ 「αリノレン酸」が多く含まれ、脳神経への作用が大きく、記憶力・集中力に効果があり、脳に効率よく酸素を送る作用がある。
「オメガ3脂肪酸」の一つで、DHA・EPAと同様の効果がある。
アミノ酸の一種で必須アミノ酸の「トリプトファン」も多く含まれ、体内で神経作用をコントロールしてくれる「セロトニン」という物質に変換される。
三大神経伝達物質(ドーパミン・ノルアドレナリン・セロトニン)の一つである「セロトニン」は、抗うつの治療薬としても使用され、ストレスやうつ状態などを緩和してくれる効果もある。
  
  
飲み物・お菓子
緑茶 抗酸化物質が豊富に含まれ、脳の情報伝達細胞を活性化させ、脳内で細胞を新しくしようとする効果があり、
空間認識能力や記憶力を向上させてくれる効果がある。
コーヒー 「カフェイン」は、脳の記憶を担当する「海馬」を刺激するので、記憶力を強化してくれる効果があると知られている。
同時に、興奮作用もあるので、過剰摂取には注意。
チョコレート チョコレートは、脳への血流を増加させ、脳機能を活性化してくれる。
「カカオ」には、緊張を和らげる効果もあると言われ、脳内の中枢神経を刺激し、集中力などを高めてくれる作用がある。
「テオプロミン」という成分が、思考力・記憶力・集中力を高める。
「テオプロミン」という成分は、チョコレートの苦みで、自然界の中では、ほぼカカオにしか含まれていないと言われている。
  
  
その他
オイル類 オイルに含まれる「不飽和脂肪酸」が、脳に作用して記憶力を向上される。
ココナッツオイルや、オリーブオイルなどのオイル類には、良い効果が多く、摂取していると知力レベルが上がると言われている。
1日に、「大さじ2杯」ぐらいが目安。
無塩バターで炒めたニンニク
生のたまねぎ
しょうが
クミン
カルダモン
フェンネル