RenojiStock IT 旅メモ Lifeメモ Diary AboutUs
Life
Life Memo【食べ物の知識編】
Topics
身体に良い食べ物【集中力編】 身体に良い食べ物【血液サラサラ編】 身体に良い食べ物【ストレス解消編】 身体に良い食べ物【麹編】
病気・ケガ
身体に良い食べ物【化膿・炎症編】
その他
身体に良い食べ物【体脂肪になりにくいココナッツオイル編】 色々な効果がある「コーヒー」 疲労回復と脂肪を燃焼に役立つ「黒酢」 疲労回復して血液をサラサラにしてくれる「梅」 疲労回復と基礎代謝を上げてくれる「大豆」 血液サラサラ効果と脂肪の吸収を抑制してくれる「黒豆」 ダイエット・がん予防など良いことだらけの「緑茶」 イライラ解消? 鉄分の多い食べ物 老化・病気予防に役立つ抗酸化栄養素 脂肪燃焼に必要な栄養素
食材
野菜
食材メモ【野菜編】 食材メモ【ニンニク編】 食材メモ【ほうれん草編】 食材メモ【トマト編】 食材メモ【ピーマン編】 食材メモ【かぼちゃ編】 食材メモ【なす編】 食材メモ【白菜編】 食材メモ【キャベツ編】 食材メモ【きゅうり編】 食材メモ【アボガド編】 食材メモ【ネギ編】 食材メモ【玉ねぎ編】 食材メモ【だいこん編】 食材メモ【ごぼう編】 食材メモ【じゃがいも編】 食材メモ【さつまいも編】 食材メモ【里芋編】 食材メモ【山芋編】 食材メモ【レモン編】 食材メモ【バナナ編】
肉類
食材メモ【牛肉編】
穀物
食材メモ【パスタ編】 食材メモ【パン編】 食材メモ【お米編】 食材メモ【お餅編】
乳製品
食材メモ【チーズ編】
調理方法
「グリル」「ベイク」「ロースト」の違い ソーセージを美味しく食べる方法
レシピ
フードレシピ【中華 チャーハン編】 フードレシピ【和食 やきそば編】 フードレシピ【イタリアン パスタ ボロネーゼ編】 フードレシピ【タイ料理 トムヤムクン編】
栄養素
ミネラル
ミネラルとは ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
アミノ酸
アミノ酸って何? ヒスチジン
脂肪酸
脂肪酸とは オメガ脂肪酸(不飽和脂肪酸) アラキドン酸(ARA)






疲労回復と基礎代謝を上げてくれる「大豆」



日本の昔から、健康に良い食品として知られてた「大豆」。
科学が発達する前から、経験で大豆の力が知られていたみたいですね。

「豆腐」「納豆」「味噌」「しょう油」など、大豆を原料とした健康に良い食品が多く食べられていて、「イソフラボン」「ペプチド」という栄養素も新たに注目されてます。

スポーツ選手におなじみの「プロテイン」。
プロテインの一つにも、大豆を粉状にした「ソイプロテイン」があって、たんぱく質が豊富な大豆が原料として使われています。



大豆とは


大豆は、マメ科の植物で、 実は食用として食べられ、豆腐や味噌などの材料としても利用されている。
油を取ることもできるので、いろいろな利用の仕方ができる食材。


大豆と枝豆は、実は同じもの。
未熟な時点で収穫されて食べられるのが「枝豆」で、成熟すると「大豆」になる。
そして、大豆が発芽すると「もやし」になる。
ビタミンAとビタミンCは、枝豆の時の方が多いようですが、
その他のほとんどは大豆の方が多く、たんぱく質や脂質などは、大豆の方が圧倒的に豊富らしい。

生の枝豆には、毒性があるので注意。生で枝豆は食べられません。
食べる際は、茹でるなどして、火をいれて毒性をなくすようにする。




大豆の効能


大豆は、栄養が豊富なので、多くの有効成分が含まれている。
含有成分の「ペプチドは、基礎代謝を促進するため、ダイエットに効果があると言われており、
脂肪消化酵素に影響する「サボニン」も含まれるので、ダイエット食品としても期待されている。


・疲労回復
・ダイエット効果
・代謝機能促進
・乳ガン予防
・骨粗しょう症予防
・更年期障害緩和
・美肌効果

などの効果があると知られてて、今も注目されている健康に良い食品。



フラボノイド

大豆のエグミである「フラボノイド」の一種である「イソフラボン」は、
女性ホルモンと似た働きを持っていて、「更年期障害の緩和」「乳がんの予防」「骨粗しょう症の予防」に役立つとされている。
「イソフラボン」は、効果が期待できる1日の摂取量は、40~50ミリグラムで、
納豆は1パック、豆腐は半丁、きな粉は20グラムぐらいとのこと。
厚揚げは、イソフラボンが多く3分の1丁で、豆乳ならグラス2/3程度。


ペプチド

タンパク質とアミノ酸の中間物質である「ペプチド」は、
摂取してから20分で体内に吸収されることがわかって、疲労回復に大きな効果がある。
「ペプチド」には、基礎代謝を促進する作用がるため、ダイエットに効果が期待できるらしい。
「ペプチド」は、直接、腸管を刺激し、血流を上げるため、基礎代謝を促進するので、
体内の脂肪を効率よく燃焼させる効果があるとのこと。


サボニン

大豆には、脂肪消化酵素に影響する「サポニン」が含まれる。
ダイエット目的の場合は、吸収効率の高い「豆乳」が注目されている。





「ペプチド」ダイエット


「ペプチド」のダイエット効果を上げるための方法は、
・運動10分前に摂取する。
・食事の前に摂取する(ペプチドドリンク)。
・ヨーグルトなどのダイエット効果のある食品と一緒に摂取する。




生で大豆を食べるのはNG


大豆の食べ方は、
・引く
・煮る
・発酵
・豆腐

大豆を生で接種するのはNG。
生大豆には、血管や内臓などに血栓を作ってしまう有害物質が含まれているため、
生で大豆を食べるのは避けるようにする。