RenojiStock IT 旅メモ OutDoor Lifeメモ Diary AboutUs
Life
何かと役立つ生活情報【食べ物編】
Topics
身体に良い食べ物【集中力編】 身体に良い食べ物【血液サラサラ編】 身体に良い食べ物【ストレス解消編】 身体に良い食べ物【麹編】
病気・ケガ
身体に良い食べ物【化膿・炎症編】
その他
身体に良い食べ物【体脂肪になりにくいココナッツオイル編】 色々な効果がある「コーヒー」 疲労回復と脂肪を燃焼に役立つ「黒酢」 疲労回復して血液をサラサラにしてくれる「梅」 疲労回復と基礎代謝を上げてくれる「大豆」 血液サラサラ効果と脂肪の吸収を抑制してくれる「黒豆」 ダイエット・がん予防など良いことだらけの「緑茶」 イライラ解消? 鉄分の多い食べ物 老化・病気予防に役立つ抗酸化栄養素 脂肪燃焼に必要な栄養素
栄養素
栄養素【ミネラル】
ミネラルって何? ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン アミノ酸って何? ヒスチジン
栄養素【脂肪酸】
脂肪酸とは オメガ脂肪酸(不飽和脂肪酸) アラキドン酸(ARA)
食材
お米の保存には「唐辛子」 野菜を長持ちさせる保存方法 牛肉の部位名称 チーズの種類
調理方法
「グリル」「ベイク」「ロースト」の違い 美味しいお米の炊き方 パラパラなチャーハンの作り方 ソーセージを美味しく食べる方法 食パンの美味しい焼き方
レシピ
美味しそうなレシピ【イタリアン パスタ ボロネーゼ編】 美味しそうなレシピ【タイ料理 トムヤムクン編】






色々な効果がある「コーヒー」



コーヒーについて調べた情報をまとめています。
ネットなどで検索して調べた内容となっています。
医学的な検証・考察ではなく、「巷のうわさ」程度の情報ですので、参考程度にご利用ください。


コーヒーとは

コーヒーは、アカネ科の常緑樹になる果実で、さくらんぼに似た果実の種の部分がコーヒー豆となる。
世界で初めてコーヒーを飲み始めてたのは、「アラビア地方」の人々と言われている。
明治のころまでは、薬として利用されていて、大衆化すると薬効成分は注目されなくなった。

コーヒーは、「肉体」「精神」のどちらにも効能がある飲み物で、スポーツマンやビジネスマンにも愛飲者が多いようです。
「集中力」や「持久力」を向上させるために、2時間ほど前にコーヒーを飲んで、競技や仕事に望む人も多いと言われている。



コーヒーの成分


成分効能
カフェイン 「アルカロイド」という化合物の仲間で、 ・眠気を覚ますなどの「興奮作用」
・「利尿作用」
などの効果がある。


カフェインの副作用
・むくみ解消
・集中力アップ
・計算能力の向上
・運動能力の向上
・自律神経の働きを高め、体脂肪の燃焼促進するダイエット効果。
・平滑筋を弛緩させ、気管支喘息や狭心症の改善に作用(効果は弱い)
・大脳皮質に作用して精神機能、知覚機能を刺激する結果、眠気や疲労感を取り除き、思考力や集中力が増加
・中枢神経に作用し、呼吸機能や運動機能を向上。
・心臓の収縮力を高めることによる強心作用。(低血圧を一時的に改善)
・腎臓に作用し、利尿効果を促進。
・胃液分泌を促進し、消化を補助。
・アセトアルデヒド(二日酔いの原因)の排泄を促進。
・脳内の血流を促進し、脳血管性の偏頭痛を鎮静。
・ボケやパーキンソン病の予防効果。
などにも役立つ。
ポリフェノール 活性酸素を除去し、過酸化脂質の発生を抑え、「肝臓ガン」「消化器官のガン」などを予防。
コーヒーには、クロロゲン酸などのポリフェノールが豊富に含まれている。
褐色色、苦み、香りのもととなっている。

ポリフェノールは、植物が作り出す抗酸化物質。
・赤ワインのアントシアニン
・お茶のカテキン
・ココアのカカオポリフェノール
などが「ポリフェノール」の仲間。
野菜・果物にも多く含まれ、総数は5000種類以上。
コーヒー1杯(約140cc)に、約280mgのポリフェノールが含まれる。
赤ワインと同程度の含有量で、お茶の2倍ほどになる。


ポリフェノールは、
・がん
・糖尿病
・動脈硬化
などの予防に有効とされている。
メラノイジン 余分な脂肪を吸収して、身体の外に排出してくれる働きをもつ。
コーヒーオリゴ糖 コーヒーオリゴ糖「コーヒー豆マンノオリゴ糖」。
整腸作用などの様々な健康機能を持つ成分であることが確認されたらしい。

体脂肪提言の効果があることも解明されているらしい。
ニコチン酸(ビタミンB群に属する必須栄養素) ニコチン酸(ビタミンB群に属する必須栄養素)には、血液中のコレステロール値を下げ、動脈硬化を予防する効果があるらしい。
フラン類 コーヒーに含まれるフラン類には、「ニンニク」「ニラ」等の臭いの元を消す「口臭予防」の効果があるらしい。
コーヒーの香り るコーヒーの香りの成分には、「DNAの酸化」「心臓の老化を妨げる抗酸化作用」のある物質が300種以上含まれるらしい。
効果は、1杯のコーヒーでオレンジ3個分と同等程度。
淹れたてのコーヒーの香りは、5分もするとその効果が無くなってしまうそう。



コーヒーによるデメリット


薬としても使われていた「コーヒー」は、
利益もあるが、不利益な部分もある。
基本的には、身体に良い飲み物だが、飲み過ぎたりすると逆効果になることもある。


消化性胃潰瘍 健胃効果のあるコーヒーだが、胃液分泌を促進するため「消化性胃潰瘍」を助長させてしまうことがある。
コーヒーを飲んで胃が痛くなる人は注意。
コーヒーの摂取は控える。
貧血 コーヒーに含まれるタンニンなどの成分は鉄イオンと結びついて難溶性の物質に変わるため、
鉄分の吸収を阻害してしまうことがある。
貧血気味の人は、食後30分以上あけてからコーヒーを摂取するようにする方が良い。
良質なコーヒーほど影響は少ないと言われる。
発ガン性 コーヒーの成分の中には、「発ガン性の疑いがある成分」が微量ではあるが含まれている。
微量であり、他の成分には、抗がん作用のある成分もある。
発がん性の疑いがある成分は、「アクリルアミド」という成分がその代表。

「アクリルアミド」はアミノ酸の一つである「アスパラギン」と「ブドウ糖」が高温で反応することで生成される。
加熱調理した食品の多くに含まれており、ごはんやパンにも含まれる。
最も濃度が高いのはポテトチップス。

加えて、「カフェー酸」と呼ばれ成分は、発がん性の疑いがある成分としても認識されているが、
抗酸化作用も持ち合わせていて、活性酸素を除去する働きもある。
メリットもデメリットもある成分。


発がん性の疑いがある物質は、摂取の仕方が問題となる。
過剰に摂取すると健康に害を及ぼすようになる。
少量・適量の摂取であれば、すぐにガンになるというものではない。
安全なご飯も、食べ過ぎれば健康に良くないのと同じ。

口臭 コーヒーは、摂取しすぎると、口臭の原因となることもある。
コーヒーの成分が、舌の表面に付着したたままになると、口腔内で特有の臭いが発生する可能性が高い。

飲み終わった後は、水で口をすすぐと予防できる。