RenojiStock IT 旅メモ OutDoor Lifeメモ Diary AboutUs
Life
何かと役立つ生活情報【食べ物編】
Topics
身体に良い食べ物【集中力編】 身体に良い食べ物【血液サラサラ編】 身体に良い食べ物【ストレス解消編】 身体に良い食べ物【麹編】
病気・ケガ
身体に良い食べ物【化膿・炎症編】
その他
身体に良い食べ物【体脂肪になりにくいココナッツオイル編】 色々な効果がある「コーヒー」 疲労回復と脂肪を燃焼に役立つ「黒酢」 疲労回復して血液をサラサラにしてくれる「梅」 疲労回復と基礎代謝を上げてくれる「大豆」 血液サラサラ効果と脂肪の吸収を抑制してくれる「黒豆」 ダイエット・がん予防など良いことだらけの「緑茶」 イライラ解消? 鉄分の多い食べ物 老化・病気予防に役立つ抗酸化栄養素 脂肪燃焼に必要な栄養素
栄養素
栄養素【ミネラル】
ミネラルって何? ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン アミノ酸って何? ヒスチジン
栄養素【脂肪酸】
脂肪酸とは オメガ脂肪酸(不飽和脂肪酸) アラキドン酸(ARA)
食材
お米の保存には「唐辛子」 野菜を長持ちさせる保存方法 牛肉の部位名称 チーズの種類
調理方法
「グリル」「ベイク」「ロースト」の違い 美味しいお米の炊き方 パラパラなチャーハンの作り方 ソーセージを美味しく食べる方法 食パンの美味しい焼き方
レシピ
美味しそうなレシピ【イタリアン パスタ ボロネーゼ編】 美味しそうなレシピ【タイ料理 トムヤムクン編】






身体に良い食べ物【体脂肪になりにくいココナッツオイル編】



「ココナッツオイル」は、体に良い、と言われ、「アルツハイマー予防」等の色々な効能が研究されているとのこと。
とはいえ、脂肪のカロリー(1g=9kcal)は同じ。
取りすぎには、注意が必要。

オイルには、脂肪になりやすいオイルと、脂肪になりにくいオイルがあるらしい。
ココナッツオイルは、「脂肪になりにくいオイル」の一つ。
飽和脂肪酸のなかでは、「中鎖脂肪酸」と言われ、脂肪になりやすい「長鎖脂肪酸」とは異なる。

「中鎖脂肪酸」は、水に溶けやすく、すぐにエネルギーとして使用されるので、脂肪になりにくい性質があるとのこと。
「飽和脂肪酸」の中では、脂肪になりにくい性質なので、最近人気のオイルとして有名になったようです。



ココナッツオイルって?


ココナッツオイルは「飽和脂肪酸」を多く含む食品。
「飽和脂肪酸」を多く含むのは、バター・ラード等の動物性油脂で、摂りすぎると脂質異常症や心疾患のリスクを高くする。

体に良い食事の代名詞であるオリーブオイルや魚類に多く含まれるのは「不飽和脂肪酸」。



脂肪になりにくいのはなぜ?


「飽和脂肪酸」は、血管やリンパ管を通ってから、脂肪組織や筋肉・肝臓に運ばれエネルギーになり、更に余ったものは蓄積され、体脂肪となる。
しかし、「中鎖脂肪酸」は、炭素の鎖が短いため、水になじみやすく、直接肝臓に運ばれ、すぐにエネルギーになる。
「中鎖脂肪酸」は、「長鎖脂肪酸」の約5倍の速さでエネルギーとして使用される。


ココナッツオイルは、「中鎖脂肪酸」なので、「代謝の効率がよく体脂肪になりにくい脂」。
過剰に摂取すれば、他のオイルと同じで脂肪にはなるが、
適切な量の摂取であれば、すぐにエネルギーとして利用され、脂肪になりにくい。

最近、ココナッツオイルが注目を集めたのは、
「ココナッツオイル」が、脂肪になりにくい「中鎖脂肪酸」ということが理由のようです。



「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」との違い

「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」は、脂肪酸の化学構造の中にある炭素の鎖(結びつき)に、「二重構造」の有無があるかないかの違い。

「不飽和脂肪酸」は、低温で溶けて室温では液体状。
脂肪酸の化学構造の中にある炭素の鎖(結びつき)が、二重(二重構造)だと化学的に不安定になり、低温では解けて室温では液体状となる。
魚類に多く含まれる「EPA」には二重構造が5個、「DHA」には6個ある。
脂の乗ったトロが、口の中で美味しくとろけるのは、不飽和脂肪酸が多く、口に入れたとたんに広がり始めるから。

「飽和脂肪酸」は、二重結合が無く、安定して溶けにくいため室温では固形のものが多い。 同じ飽和脂肪酸の中でも、結合の鎖の長さによって特徴が異なる。
ココナッツオイルは、炭素の鎖が他の脂肪酸に比べて短い「中鎖脂肪酸」。
動物性油脂は、炭素の鎖が長い「長鎖脂肪酸」。