RenojiStock IT 旅メモ Lifeメモ Diary AboutUs
Life
Life Memo【食べ物の知識編】
Topics
栄養素【うま味成分編】 身体に良い食べ物【集中力編】 身体に良い食べ物【血液サラサラ編】 身体に良い食べ物【ストレス解消編】 身体に良い食べ物【麹編】
病気・ケガ
身体に良い食べ物【化膿・炎症編】
その他
身体に良い食べ物【体脂肪になりにくいココナッツオイル編】 色々な効果がある「コーヒー」 疲労回復と脂肪を燃焼に役立つ「黒酢」 疲労回復して血液をサラサラにしてくれる「梅」 疲労回復と基礎代謝を上げてくれる「大豆」 血液サラサラ効果と脂肪の吸収を抑制してくれる「黒豆」 ダイエット・がん予防など良いことだらけの「緑茶」 イライラ解消? 鉄分の多い食べ物 老化・病気予防に役立つ抗酸化栄養素 脂肪燃焼に必要な栄養素
食材
調味料
食材メモ【調味料編】 食材メモ【調味料 ドレッシング編】
肉類
食材メモ【肉編】 食材メモ【牛肉編】 食材メモ【鶏肉編】
魚介類
食材メモ【魚介編】 食材メモ【魚介 エビ編】 食材メモ【魚介 いか編】 食材メモ【魚介 タコ編】 食材メモ【魚介 あさり編】 食材メモ【魚介 カキ編】 食材メモ【魚介 海苔編】
卵・乳製品
食材メモ【卵編】
野菜
食材メモ【野菜編】 食材メモ【野菜 ニンニク編】 食材メモ【野菜 ほうれん草編】 食材メモ【野菜 トマト編】 食材メモ【野菜 ピーマン編】 食材メモ【野菜 かぼちゃ編】 食材メモ【野菜 なす編】 食材メモ【野菜 白菜編】 食材メモ【野菜 キャベツ編】 食材メモ【野菜 きゅうり編】 食材メモ【野菜 アボガド編】 食材メモ【野菜 ネギ編】 食材メモ【野菜 玉ねぎ編】 食材メモ【野菜 だいこん編】 食材メモ【野菜 ごぼう編】 食材メモ【野菜 じゃがいも編】 食材メモ【野菜 さつまいも編】 食材メモ【野菜 里芋編】 食材メモ【野菜 山芋編】 食材メモ【野菜 豆腐編】 食材メモ【野菜 納豆編】 食材メモ【野菜 こんにゃく編】 食材メモ【果物 レモン編】 食材メモ【果物 バナナ編】
穀物
食材メモ【パスタ編】 食材メモ【パン編】 食材メモ【お米編】 食材メモ【お餅編】 食材メモ【蒸し麺編】
乳製品
食材メモ【チーズ編】
その他
食材メモ【乾き物編】
レシピ
調理方法
「グリル」「ベイク」「ロースト」の違い 料理に使える【簡単テクニック編】
和食
フードレシピ【和食 出汁編】 フードレシピ【和食 天ぷら編】 フードレシピ【和食 とんかつ編】 フードレシピ【和食 やきそば編】 フードレシピ【和食 煮物編】
洋食
フードレシピ【洋食 ハンバーグ編】 フードレシピ【洋食 ソーセージ編】 フードレシピ【洋食 グラタン編】
中華
フードレシピ【中華あ チャーハン編】 フードレシピ【中華 餃子編】
イタリアン
フードレシピ【イタリアン パスタ ボロネーゼ編】
タイ料理
フードレシピ【タイ料理 トムヤムクン編】
栄養素
ミネラル
ミネラルとは ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
アミノ酸
アミノ酸って何? ヒスチジン
脂肪酸
脂肪酸とは オメガ脂肪酸(不飽和脂肪酸) アラキドン酸(ARA)






食材メモ【魚介編】



食材「魚介類」に関する情報メモ。



INDEX


魚介類の下ごしらえ
干物を美味しく調理する方法




魚介類の下ごしらえ


魚のウロコは、大根の切れ端が使える

魚のウロコは、包丁でも取れますが、かなり飛び散ります。
大根などの根野菜の切れ端を使って、ウロコを削り取るようにすると、 ウロコが大根に刺さって、飛び散らずにウロコが取れる。
魚の尻尾から頭に向かって動かすことで魚のウロコが取れます。


魚の臭みを取ってくれる食材

・紅茶
・生姜
・茶葉

手についた魚の匂いは、「茶がら」を手でこすり合せると、魚の生臭さが消える。
にんにくの匂いが手についたときにも使える。


魚の皮は冷凍して綺麗に剥がす

切り身魚の皮は、そのままだと剥がしにくいが、冷凍することで綺麗に剥がすことができる。
冷凍庫から出して少し置くか、水をかけてから剥がす。




干物を美味しく調理する方法


魚焼きグリルではアルミホイルを被せて焼く

干物・冷凍干物をふっくら焼くには水分をなくさないために、魚焼きグリルに入れる時は、アルミホイルで覆うようにして、蒸し焼きの状態にする。
中に火が通るまで、水分を維持して、中まで火が通ったら、アルミホイルを外して焼き目をつけると更に美味しそうに焼ける。



冷凍した小魚を焼く時は、フライパンにクシャクシャのアルミホイルを敷く

冷凍した「ししゃも」などの小魚は、水気が多いので、フライパンで焼くと、水が溢れ出て焼き具合がよくなくなってしまう。
フライパンにくしゃくしゃにして伸ばしたアルミホイルを敷いて、弱火でじっくりと焼くと、水分がくぼみに落ちて、良い感じの焼き色で焼きあがる。