Life
FOOD Life





【FOOD】「化膿・炎症」を抑える「坑炎症作用」のある食べ物

【FOOD】
「化膿・炎症」を抑える「坑炎症作用」のある食べ物




「怪我」をすると、
傷口が化膿して、凄く痛むことがあります。

「炎症」を起こして、「化膿」すると、
痛みは最悪です。
一度味わうと、
「炎症」「化膿」を抑制する薬や食事に興味が湧いたので、
「化膿・炎症」を抑える「坑炎症作用」のある食べ物を調べてみました。



INDEX


「炎症」とは
「炎症」を起こしやすい食べ物
「炎症」を起こしやすい「酸性体質」


「弱アルカリ体質」で自然免疫力をUPする【梅ぼし】


「抗炎症効果」を持つ食べ物【葉もの野菜】
「抗炎症効果」を持つ食べ物【しょうが】
「抗炎症効果」を持つ食べ物【アボカド】
「抗炎症効果」を持つ食べ物【アスパラガス】
「抗炎症効果」を持つ食べ物【アブラナ科の野菜】

「抗炎症効果」を持つ食べ物【サーモン】

「抗炎症効果」を持つ食べ物【卵白】

「抗炎症効果」を持つ食べ物【ベリー類】
「抗炎症効果」を持つ食べ物【ざくろ】

「抗炎症効果」を持つ食べ物【ナッツ】
「抗炎症効果」を持つ食べ物【アーモンド】
「抗炎症効果」を持つ食べ物【ピスタチオ】
「抗炎症効果」を持つ食べ物【黒豆】
「抗炎症効果」を持つ食べ物【亜麻仁(フラックスシード)】
「抗炎症効果」を持つ食べ物【オリーブオイル】

「抗炎症効果」を持つ食べ物【緑茶】
「抗炎症効果」を持つ食べ物【水】
「抗炎症効果」を持つ食べ物【コーヒー】






「炎症」とは


「炎症」は、
身体の免疫システムが、身体に侵入した異物(ウイルスなど)を抑制するために引き起こす免疫反応。
「炎症」は、身体の中で起こる「免疫システム」とウィルスなどの「異物」との戦いのようなもの。

「炎症」が発生すると、
「抗炎症」と呼ばれる免疫反応も始まるそうです。
「栄養素」と「ミネラル」を燃料にして、「抗炎症」反応が行われる。
「抗炎症」は、身体を異物侵入前の元の状態に戻してくれる反応。


「炎症」と「抗炎症」の免疫反応は、
身体としての反応としては、「正常」とのこと。
「炎症」が良くないと言われるのは、 「抗炎症」によって、身体が元の状態に戻らなかった時。
軽度の「炎症」が持続的に発生していると、「抗炎症」で治らず「慢性疾患」になり、
「炎症」が悪者になるそう。
悪質な「慢性炎症」は、通常「異物」を攻撃しますが、
「抗炎症」によっても完全にもとに戻らなかった自分の身体の細胞を、
誤って攻撃することになってしまうそう。
「慢性炎症」は、長時間持続し、
・2型糖尿病
・心臓病
・慢性関節リウマチ
・炎症性便疾患
・がん
・認知症
などを引き起こす可能性がるとのこと。


「炎症」と「抗炎症」がしっかりと機能すれば、
「炎症」は、自然な反応で、重要な免疫反応。


「慢性炎症」を予防するには、
・食べ過ぎをしない
・抗炎症効果を持つ食べ物を摂取する
とのこと。


Back





「炎症」を起こしやすい食べ物


「炎症」を起こす食べ物は、

・肉
・肉製品
・バター
・マーガリン
・過剰な糖分

など。 日々よく食べていると、「炎症」を起こしやすい。
「乳がん」にもなりやすくなるという研究結果もある。



健康に良い食事は、
・「でんぷん質」を含まない野菜
・全粒
・フルーツ
・低脂肪タンパク質
・マメ類
・野菜
・フルーツ
・コーヒー
・お茶
・野菜ジュース
などが豊富な料理で、
「抗炎症」食品と言われている。
地中海スタイルの食生活などが、健康に良い食事と言われる。


Back





「炎症」を起こしやすい「酸性体質」


身体の「酸性化」は、あらゆる不調の原因になっていると言われています。
「炎症」「化膿」も、体質が「酸性」に傾くことで発生しやすくなることがわかっています。

人の血液は、
通常「pH7.4」ぐらいの「弱アルカリ性」に維持されるようになっていて、 健康な状態の身体で、自然治癒力が最大になるのが「弱アルカリ性」だと言われています。
「pH値」で言えば、血液が「pH 6.8~7.8」の範囲が正常値で、 「pH7.35~7.45」の範囲が、自然治癒力が最大になる「弱アルカリ性」体質。


酸性 / アルカリ性 pH値 状況
酸性pH7.0 以下昏睡状態が現れる
弱アルカリ性pH7.35~7.45自然治癒力が最大
弱アルカリ性pH7.4通常の血液
アルカリ性pH7.7 以上痙攣などの症状が発生



人の体内が、「酸性」に傾くと、
あらゆる病気の危険性が発生します。
生活習慣病の1つ「がん」も、「酸性」の環境が好みで、
「がん」の発病リスクが高くなるとのこと。



血液を「酸性」にしてしまう原因

体内の血液が、「酸性」になってしまうのは、
・「酸性」の食べ物を摂取しすぎ
・「炎症」「慢性炎症」の放置
・「ストレス」(活性酵素)
・「糖質」の過剰摂取
・「二酸化炭素」の体内蓄積(浅い呼吸)
・運動
・食事
などがあげられます。

「酸性」体質の身体は、乳酸がたまりやすく、分解されずに疲れが取れにくくなる。
慢性化すると、様々な病気の原因となる。



「弱アルカリ性」体質の作り方

身体を「弱アルカリ性」体質にするには、

・飲食用の「重曹(1日摂取量5g)」を「水(300cc)」に溶かして飲む
・アルカリ性の「野菜」を食べる
・水分をしっかり摂取して、余分な「酸」を排尿する
・少量(小さじ1杯)の「クエン酸」を水に溶かして飲む

などの方法がある。


酸化した身体を「弱アルカリ性」にできるのは唯一「クエン酸」だけらしい。
「クエン酸」自体は、「強酸性」ですが、体内で「アルカリ性」になるそうです。

「クエン酸」を摂取すると、
細胞内の「ミトコンドリア」が活性化し、疲れを解消してくれる。
「クエン酸」は、2時間ほどで、体内で完全燃焼するとのこと。


Back





「弱アルカリ体質」で自然免疫力をUPする【梅ぼし】


「梅干し」には、
「クエン酸」が豊富に含まれていて、
疲れを取ってくれることでも知られていますが、
体質を「弱アルカリ性」の体質にもしてくれる食べものです。

「弱アルカリ性」の体質になると、
人の身体に備わっている「自然治癒力」が最大限に機能すると言われているそうです。
通常は、「pH7.4」ぐらいの身体ですが、
「pH7.35~7.45」ぐらいになると「自然治癒力」が最大になるとのこと。


「梅干し」は、主成分「クエン酸」が「酸性」ですが、
体内で「アルカリ性」に変化するので、
身体を「弱アルカリ性」にしてくれます。

疲れもとってくれることでも知られているので、
身体に凄く優しい食べ物です。


「自然治癒力」が最大になるということで、
「炎症」「抗炎症」作用にも好影響。


Back





「抗炎症効果」を持つ食べ物【葉もの野菜】


抗炎症効果を持つ「葉もの野菜」には、
・ほうれん草
・ケール
・コラード
・チンゲン菜
・ブロッコリ
などがあり、
「ビタミンK」が豊富で、強力な「抗炎症効果」があるそうです。


Back





「抗炎症効果」を持つ食べ物【しょうが】


「生姜(しょうが)」には、
強い「抗炎症」作用があり、腸内ガスや吐き気の軽減にも効果があると言われている。


Back





「抗炎症効果」を持つ食べ物【アボカド】


「アボガド」は、
「一価不飽和脂肪」が多く含まれ、
「オメガ3脂肪酸」「ビタミンC」「ビタミンA」「ビタミンE」などの「抗炎症」「抗酸化」物質が含まれていて、
免疫システムの働きを強めてくれる。
「心臓病」や特定の「がん」などを軽減する効果もあると言われている。
「アボガド」には、「抗炎症」作用を持つ「オメガ3」が詰まっている。

「炎症」を起こしやすい食べ物を食べた時に、
「アボガド」を摂取すると、「アボガド」が相殺してくれる。


Back





「抗炎症効果」を持つ食べ物【アスパラガス】


「アスパラガス」は、「抗炎症」効果のある野菜。
体内の「善玉菌」に栄養を与える 胃で消化できない発酵性繊維「プレバイオティクス」が 豊富な野菜でもある。

「腸」を健康にすることは、
身体を健康にすることに近く、
「炎症」に対する反応も正常にしてくれる。

「プレバイオティクス」を豊富に摂取すると、
腸内環境もよくなり、 「炎症」「抗炎症」作用などの身体の免疫力も高まるとされている。

カラフルな野菜は、
最終的に、「炎症」反応と腸内環境を健康に保ってくれる効果があるとのこと。
積極的に摂取すると良いらしい。


「炎症」作用などの免疫力を高めるには、
調理済みの野菜と生野菜を両方摂取することが大切。
生のままだと摂取できない栄養素もあったり、
調理すると流れ出たり、消失してしまう栄養素もあるため、
生野菜と調理した野菜を摂取するのが望ましい。


Back





「抗炎症効果」を持つ食べ物【アブラナ科の野菜】


「アブラナ科の野菜」である
・ブロッコリー
・カリフラワー
・キャベツ
・ケール
・もやしの芽
などは、密度の高い繊維質で、 腸内の「善玉菌」は。豊富な食物繊維で繁殖するので、 多くの食物繊維を含む食材は、腸内環境を良くする食べ物。


Back





「抗炎症効果」を持つ食べ物【サーモン】


「サーモン」に多く含まれる「オメガ3脂肪酸」には、 「抗炎症」作用を持っているそう。
「心臓病」「関節痛」「うつ病」のリスクを減らすとも言われています。
「オメガ3」は、脂がのった魚に多く含まれ、「銀だら」にも多い。
「オメガ3脂肪酸」は、人間の体内では生産ができないが、 「抗炎症」作用には必須の脂肪酸。


「オメガ3脂肪酸」が多く含まれている魚
・脂肪の多い魚
・サーモン
・銀だら
・マグロ


Back





「抗炎症効果」を持つ食べ物【卵白】


「卵白」には、 「抗炎症」作用を即す「免疫保護特性」を持つ成分が豊富に含まれているとのこと。
消化中に、身体に負担・ダメージになることもなく、
中性的な食べ物とのこと。


Back





「抗炎症効果」を持つ食べ物【ベリー類】


フルーツの「ベリー」類は、
どれも健康に良く、
「炎症」反応を中和する効果を持つ抗酸化物質「ポリフェノール」が多く含まれている。
「ポリフェノール」は、身体に良いとされて、良く知られていますが、
天然の「抗酸化物質」として知られています。
果実には、「繊維」「抗酸化物質」がたくさん含まれていて、「抗炎症」効果がある。
「心血管疾患」の予防と治療に効果があることもわかっている。
「ブラックラズベリー」に関しては、特定の「がん」発生率を50%も軽減させる効果があるそう。


「ベリー」系は、そのまま食べても良いし、
ヨーグルトやチーズなどと混ぜても美味しい。
スムージーやオートミールに入れても、美味しくなります。
ハチミツをかけても良い。


Back





「抗炎症効果」を持つ食べ物【ざくろ】


「ざくろ」の甘みは、
血糖値に与える影響が少ない。
「飽和脂肪酸」の次に「慢性炎症」の主な原因「砂糖」を同量摂取した時に比べ、
はるかに血糖値への影響が少ない。

「慢性炎症」の主な原因「飽和脂肪」と「砂糖」を同時に摂取するのは、
「炎症」さらに悪化させる。

「ざくろ」の種は、
栄養価が高く、抗酸化物質を吸収しやすくしてくれる。


Back





「抗炎症効果」を持つ食べ物【ナッツ】


「ナッツ」には、
「オメガ3脂肪酸」が含まれていて、 どの種類のナッツでも、豊富に含まれている。
「オメガ3脂肪酸」は、「抗炎症」作用を持っている。


・アーモンド
・カシュー
・ピスタチオ
など。


Back





「抗炎症効果」を持つ食べ物【アーモンド】


「アーモンド」には、
「炎症」を予防するのに重要な「一価不飽和脂肪」が含まれている。
「ビタミンE」「マンガン」なども豊富。
「一価不飽和脂肪」には、体内の「炎症」を現象させる効果があると言われます。
アーモンドのようなナッツ系は、カロリーが高くなるので、「食べ過ぎ」に注意。
一度に摂取する量は、28g(1オンス)まで。


Back





「抗炎症効果」を持つ食べ物【ピスタチオ】


「ピスタチオ」は、 「慢性炎症」のサイン一つ「高血圧」を抑制する効果がある。
「血糖値」の上昇も穏やかにする効果もある。

「炎症」のために、「ピスタチオ」を購入するときは、
ローストした「ピスタチオ」ではなく、 ローストの2倍の濃度になる「抗酸化」物質を持つ天然の殻付き「ピスタチオ」が良い。


Back





「抗炎症効果」を持つ食べ物【黒豆】


「黒豆」には、
「ベリー」類のように、「抗炎症性ポリフェノール」が含まれている。
「食物繊維」も多く含まれる。
「食物繊維」には、
・コレステロールを下げる
・血糖値を安定させる
・消化を良くする
などの効果があると言われている。


Back





「抗炎症効果」を持つ食べ物【亜麻仁(フラックスシード)】


「亜麻仁(フラックスシード)」は、
摂取すると、「RP・心血管疾患」に関連する炎症マーカー「C反応性タンパク質」が 減少することが判明したとのこと。

最近では、「亜麻仁オイル」が流行っているので、 比較的入手が可能。


Back





「抗炎症効果」を持つ食べ物【オリーブオイル】


「オリーブオイル」には、
「抗炎症」作用を持つ「オレオカンタール」が含まれる。
「オレオカンタール」は、 鎮痛剤に使われる「イププロフェン」と同様の「抗炎症」作用を持つ物質ということがわかっている。
オリーブオイルをよく摂取すると、 「心疾患」「慢性炎症」のリスクが低下することもわかっている。


Back





「抗炎症効果」を持つ食べ物【緑茶】


「緑茶」には、
有効成分「カテキン」が含まれていて、 「炎症」を引き起こす、 老化や病気の原因となる分子の損傷「フリーラジカル」を抑制する働きを持つ 「抗酸化物質」としても知られる。


Back





「抗炎症効果」を持つ食べ物【水】


「水」は、
消化器系の働きを促進させる効果がある。
体内の水分が不足すると、 便が腸内に停滞し、「炎症」を引き起こすことがある。
水分不足による関節の「炎症」も発生することもあるので、 水分摂取は身体にとって凄く重要。

「水」の過剰な摂取は、 身体に良くなく、 あまりにも過剰に摂取すると、 体内のバランスが崩れ、生命活動にも影響するぐらい危険らしい。


Back





「抗炎症効果」を持つ食べ物【コーヒー】


「コーヒー」は、「緑茶」と同じく「ポリフェノール」を多く含む飲み物ですが、 摂取することで、腸内の「Treg細胞」を増やし、「炎症」を抑えることが確認されたらしい。
「Treg細胞」は、「乳酸菌」が腸内で活動し、腸内環境が良くなると増える、「制御性T細胞」とのこと。

「生活習慣病」である「動脈硬化」「糖尿病」「がん」は、 体内で「炎症」が発生しやすくなるとのこと。
毎日「コーヒー」を飲むことによって、生活習慣病に寄る「炎症」を抑える可能性があるらしいです。
「Treg細胞」が増殖することで、「慢性炎症」を抑制することできる。
そして、
「生活習慣病」である「動脈硬化」「糖尿病」「がん」の発症も抑制・発生時期を遅らせてくれるとのこと。
毎日の食べものを注意することに寄って、「慢性炎症」を防ぐことが可能。


「コーヒー」が増やす制御性T細胞「Treg細胞」は、
「乳酸菌」が増やすことで知られていましたが、
「コーヒー」でも「Treg細胞」が増えることがわかったとのこと。
「Treg細胞」は、免疫系の過剰な反応を抑えたり、免疫系のバランスを整えたりする細胞で、
重要な役割をになっていることが研究でわかっているそうです。
病気になる人は、健康な人に比べて「Treg細胞」が少ないという報告もあるそうです。

「コーヒー」と「乳酸菌」は、
相乗的な効果をし、「Treg細胞」の増殖をすることもわかったそう。


食事以外にも、
「筋肉」を動かすと「炎症」を抑える成分が放出されるそうなのです。
適度な運動は、健康に必須なのは間違いなさそうです。
「ストレス」や「睡眠不足」は、身体のバランスを崩し、「炎症」の原因となるので注意。


Back