RenojiStock ITメモ 旅メモ Lifeメモ Diary AboutUs お問合せ
Life
Money
シワシワのお札を綺麗にする方法 新札を入手する方法
美容・健康
脳の仕組み 塩分摂取の仕組み 血液をサラサラにする方法 血液を作る食べ物 水太り・むくみの改善方法 脂肪をつけない生活習慣 脂肪の仕組みと種類 体脂肪が燃焼される?「褐色脂肪細胞」の機能 神経伝達物質 汗を抑えるツボ 花粉症「抗ヒスタミン薬について」 身体にやさしいお風呂の入り方
身体に良い食べ物
集中力に良い食べ物 体脂肪になりにくい「ココナッツオイル」 色々な効果がある「コーヒー」 疲労回復と脂肪を燃焼に役立つ「黒酢」 疲労回復して血液をサラサラにしてくれる「梅」 疲労回復と基礎代謝を上げてくれる「大豆」 血液サラサラ効果と脂肪の吸収を抑制してくれる「黒豆」 ダイエット・がん予防など良いことだらけの「緑茶」 ストレス解消に良い食べ物 老化・病気予防に役立つ抗酸化栄養素 脂肪燃焼に必要な栄養素
栄養素【ミネラル】
ミネラルって何? ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
栄養素【アミノ酸】
アミノ酸って何? ヒスチジン
栄養素【脂肪酸】
脂肪酸とは オメガ脂肪酸(不飽和脂肪酸) アラキドン酸(ARA)
食材
お米の保存には「唐辛子」 野菜を長持ちさせる保存方法
調理方法
「グリル」「ベイク」「ロースト」の違い 美味しいお米の炊き方 パラパラなチャーハンの作り方 ソーセージを美味しく食べる方法 食パンの美味しい焼き方
知恵
木製まな板の手入れ方法 ハサミの切れ味を取り戻す方法 汚れと洗剤 物質の性質 掃除にも役立つツール【ラップ編】 掃除にも役立つツール【歯ブラシ編】 鍋の黒ずみを落とす方法 水垢の落とし方 鏡についた水垢の簡単な落とし方【歯磨き粉編】 鏡についた水垢の簡単な落とし方【酸性洗剤編】 排水管の掃除方法【日常編】 排水管の掃除方法【詰まった編】
Shopping
家具・インテリア・洋服を買い替えるコツ
Fashion
お手軽にメガネが買える買い物情報 お手頃な価格のファストファッションブランド
Car
車を購入する流れと必要書類 車の購入・買い替えに役立つ車メーカー情報 SUVを取り扱うカーブランド 快適ドライブ【雪道の走り方編】
ペット
愛犬と暮らすのに必要なグッズ
愛犬が食べられる・食べられない食材リスト
野菜&フルーツ編 肉&シーフード編 ドリンク&その他編 犬にOK・NGな料理 犬の食べ物メモ 犬に注意が必要なアレルゲン性食材
愛犬のための健康知識
熱中症 / Heat Illness 脂肪腫 / Lipoma 海や川に行った時になる病気
Links
ペット用グッズ ペットの役立つ情報サイト
建材・住宅設備
建材・住宅設備【ショップ編】 建材・住宅設備【メーカー編】
CarLife
タイヤのサイズ
ガーデニング
新しい土を購入したときの対処方法 毛虫が出たときの対応策
ハーブ
ハーブについて カモミール





愛犬と暮らすのに必要なグッズ



見つけた情報をメモしています。
参考程度にご利用ください。



愛犬を新しい家族として迎えるとき、
何を用意したら良いかわからないのは当然。

飼い主も愛犬と一緒に成長して行くものです。
愛犬と一緒に生活を始めて、気づいたら一覧表のアイテムが自然と増えて、よく利用しています。

楽しく暮らすためには、それなりのアイテムが必要になっていきます。
愛犬を安全に、楽しく過ごしてもらうためのアイテムと思えば良いかもしれません。
愛犬との絆と一緒に、アイテムも少しずつ整えていくぐらいでOKだと思います。


ですが、最低限必要なものがあるので、それらは必ず用意しておきましょう。
・ケージ
・お水皿・ご飯皿
・ドッグフード
・トイレマット
・トイレシート
・首輪かハーネス
・リード
・ウェットティッシュ
・トイレットペーパー
などが、最低限必要になります。


生まれてすぐの子犬は、
受け取っても、すぐに外に散歩には行けないこともあります。
歩かせずに、懐に入れて散歩程度から始めます。
子犬は、かなり臆病なので、焦らず少しずつ始めましょう。


引き渡しの時に、色々教えてくれるので、色々確認しましょう。



愛犬と暮らすのに必要なグッズ一覧

グッズ名重要度説明
家編
ケージ★★★愛犬を迎えるなら必須のアイテム。しつけでも使用する。
クレート★★★狭いクレートの方が落ち着く様子。狭い穴の中が好きな犬は多い。
トイレ★★★愛犬を迎えるなら必須のアイテム。トイレのしつけはきちんとしておかないと後々困る。
トイレシート★★★大き目で消臭タイプのものがおススメ。意外と臭いがあるのと、身体が大きいとトイレシートのつもりでも、おしっこをはずしてしまうこともある。
ベッド★★★自分の落ち着ける場所を用意してあげて、覚えると一番落ち着くみたい。
給水皿・ボトル★★★お水は、自由に飲めるようにしておく。季節によっては脱水になってしまうこともある。
ご飯皿★★★ご飯用皿は清潔が一番。綺麗にしやすいお皿がおススメ。
 
ご飯(ペットフード)★★★年齢と犬種にあったものを。犬の好みによって食べるものと食べないものが見つかる。
おやつ(ささみ・軟骨・骨など)★★★好きなおやつを早めに見つけてあげると、しつけにも役立つ。お腹が空きすぎると、犬も低血糖になる。
おもちゃ★★★おもちゃで遊んで、ストレス発散させてあげる。遊び方は犬の性格によって異なるので、どういう遊びが良いか観察も大切。
 
ウェットティッシュ★★★排泄物を処理するときの必須アイテム。他にもあると便利。
トイレットペーパー★★★排泄物を処理するときの必須アイテム。
ぞうきん★★★粗相用。
フェイスタオル★★★色々な用途で使用。こぼしたり、汚したり、遊び道具にしたり、色々使える。
バスタオル★★★暗いと落ち着けるため、ケージやクレートにかけて暗くしてあげるのに使用。
 
狂犬病予防注射★★★狂犬病予防注射は義務です。毎年一度、予防注射を受けさせる。
混合ワクチン接種★★★愛犬のために、他の病気の予防接種も受けておこう。
鑑札★★届出はしっかりしておく。
 
 
散歩編
おやつ(ささみ・軟骨・骨など)★★★しつけにも使えるが、犬も低血糖になるので、お腹が空きすぎないように注意。
水筒・ペットボトル★★★お水の入れ物。お水は必須。ペットボトルなどを再利用してもOK。
★★★季節や行先によって持っていく量を考えて。
 
洋服(汚れ防止)★★★足の短い犬種の必須アイテム。胸やお腹が凄く汚れます。
首輪・ハーネス★★★愛犬の体格にあったものを選んであげよう。
リード・伸縮リード★★★リードは大切。飛び出したりするので注意。
マナーベルト★★お店や御宅にお邪魔するときは必須。気づいたらマーキングしていることもあるので、自宅以外の場所では必須のアイテム。
ステイマット長時間、外出先で待たせるときには用意しよう。
ブランケット寒い冬には用意。
 
ビニール袋★★★ビニールは基本的に臭いを遮断しない。臭いを遮断する専用のビニール袋が売っているので、臭いを遮断するビニールの方がベスト。
汚物入れ★★排泄物を持って移動するときに便利。臭いを遮断する防水ケースや、ワイドなステンレスボトルなどがおススメ。
小さめのシャベル・スコップ★★★排泄物を埋めるときや、取れきれなかった排泄物の上に土をかけるときなどに便利。
ウェットティッシュ★★★排泄物を処理するときの必須アイテム。他にもあると便利。
トイレットペーパー★★★排泄物を処理するときの必須アイテム。
ポケットティッシュ★★念のために入れておくと、助かることも。
散歩バック★★★
 
クレート旅行などで宿泊する際に必要な場合あり。愛犬の性格による。キャリーカート、キャリーバッグで代用も可能。
スリング★★出かけ先で抱っこしなければいけない時に役立つ。
キャリーバッグ★★★乗り物系は、頭まですっぽり入るキャリーバッグが必要。
キャリーカート★★長時間の散歩や、旅行で大活躍。
 
鑑札★★旅行の宿泊先、ドッグラン、飲食店などで提示を求められることあり。コピーを散歩バックに入れておくのもあり。
狂犬病予防注射済票★★旅行の宿泊先、ドッグラン、飲食店などで提示を求められることあり。コピーを散歩バックに入れておくのもあり。
混合ワクチン接種証明書★★旅行の宿泊先、ドッグラン、飲食店などで提示を求められることあり。コピーを散歩バックに入れておくのもあり。
 
虫よけスプレー★★★夏場や、アウトドアでは必須。飼い主と愛犬の両方に使える虫よけスプレーもある。
虫刺され薬★★★飼い主のためのアイテム。刺された後の薬も準備しておこう。
 
 
ケアセット
フェイスタオル★★★シャンプーなどでよく使う。
バスタオル★★★シャンプーなどでよく使う。
 
ウェットティッシュ★★★耳掃除などでも大活躍。
ティッシュ★★★汚れたものを包んだりと大活躍。
トイレットペーパー★★★何かと便利。
綿棒★★★薬を塗ったり、耳の汚れをとったりと、色々使える。
 
シャンプー肌の弱い愛犬には、犬用のシャンプーを。
ブラシ★★★散歩の後などによく使う。毛並みを整えたり、血行をよくする効果がある。
ドライヤー★★シャンプーの後に乾かすのに必須。
粘着ローラー★★犬は、良く毛が抜けるので、必ず使う。
散髪用バリカン自分で、夏のサマーカットにするときに使う。
散髪用ハサミ★★肉球の間に生える毛をカットするのに使う。月一ぐらいでカットしている。
爪切り★★★爪がのびたらカット。嫌がるけど細目に短時間でやると良い。
爪やすり★★★爪切りが嫌いな子は、ヤスリで削って上げる。1週間に一度ぐらいでやると、爪を切らなくても済む。